【ホテルクルーズ(朝食編)】クチコミ3年連続1位“アグネス”の朝食って?

憧れホテルで朝食を

更新日:2016/09/10

  • LINEで送る

【土曜日 21:00更新】
日々企画を出しあって、シティホテルの特集やニュース記事を作っているプレミアム予約のホテル編集部。私たちがいつも思うのは、ホテルには「敷居が高い」とか「宿泊者じゃないと利用できない」イメージがあるということ。でも実は気軽に利用できる方法があるんです。このコーナーでは、そんなホテルの楽しみ方を知ってもらうべく、編集Nが朝食レポート、編集Mがホテルでの夜遊びレポートをお届けします。

今回の舞台は、ホテルのクチコミ食事部門3年連続1位の「アグネスホテルアンドアパートメンツ東京」。もはや“殿堂入り”とも言える評判の朝食ブッフェが、平日のみ宿泊者以外にも開放しているって知っていましたか? 食べることが大好きな編集Nがさっそく体験してきました。

朝食

東京メトロ飯田橋駅のB3出口から出て神楽坂を歩くこと5分。え、こんなところに!? と思うような路地の奥に、こじんまりと瀟洒なホテルが現れます。

ホテル入口

到着すると、ちょうどホテルの方がグリーンに水を撒いていました

朝食会場の「ラ・コリンヌ」はホテル唯一の小さなレストランで、席数こそ少ないものの明るく開放的。淡いグリーンのテーブルクロスや、荷物置きの台もキュートです。混み合うこともなく、カップルや30代ぐらいの女子2人組、そして海外の方がゆったりと過ごしていました。

料理が並ぶ台の上には真っ白いテーブルクロスが敷かれ、シリアル、パン、サラダ、スープなどがキレイに整列。オムレツはその場で焼いてくれるスタイルのようでした。でもメニューはいたって普通だし、品数も20種類ほどとかなり小規模。いったいクチコミ3年連続1位たる理由は何なのでしょう。

卓台

お皿の上にキレイに並ぶ野菜やフルーツ。テーブルクロスも食器も上品

その秘密に迫るべく、パンも卵料理もサラダも全メニューお皿に乗せて着席。するとテーブルにオレンジジュースが運ばれてきました。さっそくひと口・・・むむむ、これは! いつもコンビニで買っている100%オレンジジュースとはまるで別の飲み物でした。生のオレンジを1個半~2個贅沢に使い、絞りたてを提供しているそうで、濃厚なのにフレッシュで口当たりがよく、酸味もあるけどまろやかで・・・表現するのって難しいですね、ぜひ味わってほしいです。

オレンジジュース

オレンジの価格が高騰する時期でも質の高いものを仕入れ、一年中おいしいジュースを提供しているそう

でも、それだけではありませんでした。次に、仰天したのがクロワッサンのおいしさ。カラメルを思わせるような香ばしさで、使っているバターもただならぬ感じ。家に持って帰りたい!
実はラ・コリンヌではパンを作るスペースがないそうで、このクロワッサンを含む4種類のデニッシュはすべてフランスから空輸で取り寄せているそうです。自家製ではないものにまでこだわり、本場の味を提供するなんて粋ですね。

パン

デニッシュは常時4種類。クロワッサンとチョコレートデニッシュは通年、アップルパイとレーズンカスタードは今の時期だけだそう。食パンは3種類

また、サラダのレベルもさすがでした。野菜はどれもシャキシャキと新鮮で、ローストビーフは柔らかく、いんげんのポテトサラダとも相性抜群。ホテルメイドのゆずしょうゆドレッシングは香り高く上品でした。そのほかグラタンやソーセージ、オムレツほか卵料理も満足度が高いです。

そして今回いちばん心躍ったのがコーンポタージュスープです。何を隠そう、私は無類のコンポタ好き。私の実家では年に一度“自分の誕生日”にだけ好きな夕飯メニューをリクエストできるシステムがあったのですが、私の誕生日に必ずコンポタが登場していたのは言うまでもありません。最近では自ら作ることも多く最高の味を求めて研究中!
脱線しましたが、アグネスのコンポタはというと・・・いやはやあっぱれ。甘くて、コクがあって幸せを感じる味でした。旬の甘いトウモロコシを使っていないとこの味は出せないんだろうな。こちらでは1~2カ月ごとに旬のポタージュを提供しているそうで、9月中旬ごろからはカボチャのポタージュに代わるそうです。これも食べてみたい!

サラダ

新鮮な野菜と、ロースハム、生ハム、ローストビーフ。この日のドレッシングはシーザー、ゆずしょうゆ、ごましょうゆの3種類

この時点でお腹がパンパンになりましたが、もちろんデザートは別腹です。旬のフルーツはどれも美味しくてパクパク食べられます。そして特筆すべきはフルーツポンチ。コンポートしたフルーツにココナッツミルクとベリーのソース合わせた珍しいタイプで、昔から変わらない人気メニューなのだとか。あっさりフルーティなので満腹でも何杯か食べられます。(笑)ヨーグルトと合わせるとまた格別でした。

フルーツポンチ

フルーツポンチ、ヨーグルトのほかに、3種類(コーン、玄米、フルーツ)のグラノーラも

紅茶をいただく頃には、なんとも言えない幸福感に満たされていました。派手さはないけど、実直でていねいな“プロの朝食”。料理のレベルもさることながら、明るくて清潔感のある空間やスタッフのさりげない気遣い、食器が全部ホテルのオリジナルだったり、テーブルにかわいい生花が飾られていたりするところにも、こだわりとおもてなしの気持ちがあふれていました。ここで感じる幸福感こそが、3年連続口コミNO.1の秘密なんじゃないかな。私を含め、これまでに多くの女子を満たしてきた至福の朝食、ぜひ食べに行ってみてください。

カップ

カップの底にホテルのロゴマークが。テーブルごとに少しずつ違うお花にも癒やされます

朝食データ

■朝食会場:アグネス ホテル アンド アパートメンツ 東京 フレンチレストラン「ラ・コリンヌ」
■時間:7:00~10:00(最終入店9:30)
■価格:2200円(税・サ込)
■平均的な混雑状況:席に余裕あり ※早い時間の入店がおすすめ
■品数:約20種類
■公式HP:
http://www.agneshotel.com/

アグネス ホテル アンド アパートメンツ 東京

石畳の路地や建物に「粋」を感じる神楽坂にある、わずか56室のアットホームな隠れ家ホテル。ヨーロッパの邸宅を訪れたかのようなロビーを抜けると、上質な調度品とシンプルな家具が迎えてくれる。地下ホールで定期的に開催される無料のコンサートも楽しみ。
TEL:03-3267-5505
住所: 東京都新宿区神楽坂2-20-1
アクセス/【電車】飯田橋駅(JR西口/東京メトロB3出口)より徒歩5分  ①東京メトロ飯田橋駅B3出口を出て道路を渡り、右斜め前に見える花屋の路地へ。最初の角を右折し、右手に銭湯があるところを左折。階段を上ると、右手にホテル。 ②JR西口を出て右へ。ラムラを右手に直進して信号を渡り、①と同じ道へ。【車】首都高速5号池袋線「西神田ランプ」より約5分

こちらもチェック!3年連続口コミ1位の朝食付き宿泊プラン

【OZ限定9800円★朝食付き】クチコミ絶賛朝食付き!ジャグジーバス&ハーブティーで優雅にステイ☆(朝食付&12時レイトアウト)ほか

WRITING/AYAKO NAMBA(OZmall)

あなたへのおすすめ記事

TOP