つながる旅のキーワード vol.019 都会で楽しめる女子向けグランピング

【毎週月曜日 6:00更新】
人気のスポットやグルメ、体験など、気になる旅のキーワードをピックアップ。そのキーワードを紐解いていくと、その土地のなにかと、誰かと縁をつなぐきっかけになるかも。

更新日:2016/11/14

冬でもアクティブに!都会でお手軽グランピング

ここ一年の間に女子の間でグッと知名度があがった“グランピング”。グラマラスとキャンピングを掛け合わせた言葉で、贅沢で快適に過ごせるキャンプのこと。自分たちでテントを立てる手間もなく、設備も充実していて初心者も気軽にアウトドアを楽しめるのが魅力的。それでもちょっと遠出をするのは・・・なんて尻込みしている人もいるのでは? そこで今回は、アクセスのよい立地で“グランピング×バーベキュー”を日帰りで楽しめちゃう施設をご紹介。冬でも快適にアウトドアを満喫しよう!

下北沢駅から徒歩3分でグランピング&バーベキュー

まずひとつ目は、下北沢駅から徒歩3分の好アクセスが嬉しい「シモキタテラス」をご紹介。こちらは屋上のテラスで貸し切りバーベキューを楽しめる施設で、今年リニューアルした際はテントを設置。ガーランドの飾られた入口から中に入ると、女子好みのおしゃれな空間が広がる。テーブルやクッションが置かれているので、お茶をしたり、休憩をしたり、ゆったりとくつろぎたい。

またメインのバーベキューは、機材や食材、ドリンクはもちろん、火の用意をすることも、後片付けをする必要もなし! コースプランも豊富で、例えば「カジュアルBBQプラン」は、フード6品と2時間の飲み放題付きで3980円とリーズナブル。コース料金にすべて必要なものが含まれているので、手ぶらでOK。アヒージョや肉汁たっぷりハンバーグなど、特製バルフードとおいしいお酒を存分に味わって。

駅近くにあるから、会社帰りでもらくらく“グランピング飲み会”がかなえられる!

大人の秘密基地で自由に楽しむグランピング

続いては、川崎にある「ロックヒルズガーデン」でグランピング体験。築30年の商業ビルの7階と屋上をリノベーションしてつくられた施設で“大人の秘密基地”がコンセプト。それにふさわしく、ラウンジやデザイナーズ和室など、こだわりのスペースが広がる。グランピングを楽しめるのは、屋上テラス(GRAMPINGエリア)。芝生の上にはかわいらしいテントが立てられ、ウッドデッキではバーベキューを楽しむことも。

気軽に!という人たちには、食材も込みになった「URBAN BBQコース」(3時間のスペース貸切、8名未満1人5000円、8名以上1人4500円)がおすすめ。自由に満喫したい本格派は、スペースのみをレンタル(3時間のスペース貸切、30名未満1人3500円、30名以上1人3000円)してみては? BBQグリルや炭、クーラーボックスは貸し出し無料なので、自分たち好みの食材を持ち寄って。

冬季には暖房器具を無料で貸してくれるのも嬉しいポイント。ちなみに、ジャグジー付きのバスタブがあるので、足湯替わりに利用可能。ほかの施設とはひと味違った贅沢なひとときをかなえたい!

ラグジュアリーにキャビンでグランピング

ラストは2012年に誕生して以来、都市型アウトドアができると人気の「WILDMAGIC(ワイルドマジック)」でグランピング。敷地内にある「THE THIRD PARK」は、約1.6ヘクタールもの広大さで、アメリカンな雰囲気が特長。ビンテージデザインのコンテナ建築をはじめ、看板などのアイテム一つひとつにまで、こだわりを感じさせる!

グランピングというとテントを思い浮かべるけれど、「グランピング・キャビン」(1名あたり7200円※中学生未満まで無料<食材なし>)で堪能してみるのも素敵。こちらはここだけのオリジナルとなっていて、キャビンの中にはシャンデリアや、ソファ、テーブルがあり、ラグジュアリーに過ごせるのがポイント。アメリカンビンテージのおしゃれさもプラスされて、ほかでは味わえないグランピングに。

そんな贅沢空間で、アメリカ製のグリルでつくるビアカンチキンをはじめ、アメリカンスモークステーキやシュラスコポーク、マシュマロなど、アメリカンプレミアムBBQを召し上がれ。

WRITING/EMI YAMASHITA

あなたへのおすすめ記事

TOP