meet NIIGATA vol.3 岩室の古民家レストランが照らし出す土地の魅力

  1. オズモールTOP >
  2. 女子旅TOP >
  3. 食、伝統、人。岩室の古民家レストランが照らし出す土地の魅力

女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅

このページの記事は、2016/03/03に掲載した時点のものです。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。

食、伝統、人。岩室の古民家レストランが照らし出す土地の魅力

食、伝統、人。岩室の古民家レストランが照らし出す土地の魅力

食を彩る空間すべてで
地域の宝を伝えたい

岩室温泉の一角で、ずっと愛されてきた築120年の古民家。住む人がいなくなり、建物が持つ“温度”までも失いかけていたが、そこにもう一度灯りをともしたいと考えた人たちがいた。ケータリング&フードユニット「DAIDOCO」として活動する、熊倉誠之助さん、佐藤千裕さん、山倉あゆみさんの3人だ。2013年にここにレストラン「KOKAJIYA」をオープン。店名も、この家の愛称だった「小鍛冶屋」を継承した。「地元の野菜を中心に、今ではあまり食べられなくなった食材や食文化を掘り起こし、私たちなりに表現したい」と、二十四節気をもとに内容を変えるランチコースでは、新潟の旬を凝縮。さらに、テーブルを彩るカトラリーや食器も地元のものを使用。「この地に元々あったものに価値を見出して伝えたい」との思いをその空間すべてで伝えている。

DATA

灯りの食邸 KOKAJIYA
TEL.0256-78-8781
新潟県新潟市西蒲区岩室温泉666
営業/11:30〜15:00(14:30LO)
18:00〜21:00(20:00LO)
火・第1水定休 予約可 カード可
アクセス/JR弥彦駅よりタクシーで約15分

食を彩る空間すべてで 地域の宝を伝えたい

岩室・燕三条に行くならチェックしたい!魅力的なスポット

「KOKAJIYA」の2Fは ギャラリーに

「KOKAJIYA」の2Fは
ギャラリーに

2Fはギャラリーやイベントスペースとなる「室礼」。カフェスペースとしても利用できる

「にしかんファーマーズ」 の野菜に注目

「にしかんファーマーズ」
の野菜に注目

観光施設「いわむろや」には地元若手農家集団「にしかんファーマーズ」の野菜も

見た目にも美しい 地元の伝統工芸品

見た目にも美しい
地元の伝統工芸品

「燕三条Wing」には地元の伝統工芸品が揃う

見ておきたい珍景 JR弥彦線に続くミニ鳥居

見ておきたい珍景
JR弥彦線に続くミニ鳥居

燕三条駅のコンコース内に設置されている弥彦神社のミニ鳥居もフォトスポットのひとつ

心地よい時間が流れる 「ツバメコーヒー」

心地よい時間が流れる
「ツバメコーヒー」

心地よい時間が流れる燕市の「ツバメコーヒー」

工場見学もできる 包丁工房

工場見学もできる
包丁工房

「庖丁工房タダフサ」は工場見学も可(要予約)

かわいらしいボトルも 魅力的な地酒

かわいらしいボトルも
魅力的な地酒

岩室の「宝山酒造」の「ひとのみ酒」520円〜

開湯300年の歴史がある 岩室温泉

開湯300年の歴史がある
岩室温泉

岩室温泉「ゆもとや」にはKOKAJIYAの夕食付きプランが登場

パワースポット にも足を運ぼう

パワースポット
にも足を運ぼう

「おやひこさん」の名で親しまれるパワースポット、彌彦神社

静かな温泉街・岩室温泉で
のんびりと豊かな時間を過ごそう

新潟市の奥座敷に位置する岩室温泉は、旧北国街道の面影を残す通りに、十数軒の老舗旅館が立ち並ぶ静かな温泉街。彌彦神社への参拝の拠点としても、古くから知られてきた。エリアの玄関口である燕三条は、洋食器や金属加工で有名で、ファクトリーショップや工場見学が可能な施設も増えている。

<東京からのアクセス>
JR東京駅より上越新幹線で約1時間50分、燕三条駅下車。弥彦へは、JR弥彦線に乗り換え、弥彦駅まで約30分。岩室へはタクシーで約15分

静かな温泉街・岩室温泉で のんびりと豊かな時間を過ごそう

meet NIIGATA vol.1
フランス人醸造家が魅せられた、
佐渡の自然と文化

自然派ワインの造り手として世界的に知られたジャン マルク・ブリニョさん。フランスの畑を手放し、新たなワイン造りの場所として選んだのはなんと佐渡。そんなジャンさんの視点から見た、佐渡の魅力とは? また、そんなジャンさんがオーガニックにこだわって栽培した野菜やハーブをいただけるバーレストラン「La Barque de Dionysos」にも注目。

meet NIIGATA vol.1 フランス人醸造家が魅せられた、 佐渡の自然と文化

meet NIIGATA vol.2
十日町で見つけた
美しい自然とていねいな暮らし

古民家再生建築家のドイツ人、カール・ベンクスさんによって再生された明治期からの古い旅館。東京から移住してきた現店主・渡辺紗綾子さんとカールさんが出会い、旅館はフレンチレストラン「澁い」へと生まれ変わった。十日町の自然と受け継がれてきた暮らしの知恵が息づく、古民家フレンチの魅力をチェック。

meet NIIGATA vol.2  十日町で見つけた 美しい自然とていねいな暮らし
  • 撮影/七崎友梨 取材・文/野水綾乃

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

きみ 2017/05/26 07:31:00
古民家ならではの、畳でくつろぎながらご飯をたべるっていいですね。
mitsuba 2017/05/15 00:07:07
古民家レストランは数ありますが、ふるいだけのところはNGですよね。
レイチェル 2016/03/04 21:47:47
先月十日町に行きましたが、地元のおばあさんからカール・ベンクスさんの話を聞きました。ここで紹介されている渋いの他にも、たくさんの古民家を再生してシェアハウスなどをつくっているとか。そのおかげで外部から来る若い人も増えつつあり、またとても親切な方で町の中心的存在にもなっているそうです。とても素敵なことだなぁと感じました。
スジャータ 2016/03/04 18:59:22
ツバメコーヒー以前行きました。かわいい番犬がいて寛げましたよ!
kanako 2016/03/04 22:10:26
日本は食料自給率が低くて、外国に何かあったら必ず飢えます。 地元若手農家の方を応援したいです。
さき 2016/03/04 21:46:54
オズの記事、新潟結構でてきますね!行くとき、参考にします
mamoneko 2016/03/04 20:19:46
おいしそう。こういう野菜ってほんとに体によさそう。旬の野菜をその季節に食べることこそ最高の贅沢だと、母がよく言ってたのを思い出します。古民家だから、こういうお料理合いますね。
yon 2016/03/05 07:01:52
どれも素敵な雰囲気ですね。春になりますし、少しずつ出かけたい気持ちがでてきます。新潟には友人の結婚式に一度行ったきりなので、、旅行でいきたいな。
しおん 2016/03/04 20:55:21
古民家カフェに偶に行くのですが、接客もお店の雰囲気も食事もホッとして落ち着きます。旅先でも見つけるときになっちゃうんですよね。
めぐこ 2016/03/03 16:54:14
素敵な古民家です♪こうやって地元の人が土地の魅力を伝えてくれると、行きたくなります!温泉に入ってのんびり出来そうですね!
mime♪ 2016/03/06 09:05:52
新潟ってあんまり行ったこと無いけど、温泉とかお店とかほっこりできそうでいいですね〜今度の温泉旅行の候補にしようかな〜
ショコラ♪ 2016/03/05 13:28:54
のんびり出来て、良さそうですね。 新潟、知り合いは多いのに、行った事はありませんが、ちょっと気になってきました。
くまたろう 2017/02/13 15:37:05
あんまり知られていない感じするけど、新潟には色んないいところがあるんだね。古民家レストランも行ってみたい。
mika 2016/03/15 12:46:15
新潟、行ったこと無いのです。でも素敵な出会いがたくさんありそう!ぜひ暖かくなったら一度旅してみたいです!
りんりん 2016/03/04 21:10:30
おばぁちゃん家が古民家なので、余りお洒落に感じないのですが、、、普通にごはんは美味しそうですね
アパッチ 2016/03/05 14:33:31
地酒のボトル素敵ですね。日本酒好きな人にお土産いいかもしれないけど、一瞬で終わっちゃうかな?
かのん 2016/03/05 07:52:44
こうゆうお食事屋さん大好きっ♡ 今日から地方出張なので参考にしよーっと♡
莉子 2016/03/09 16:13:18
大半雪山でしか新潟には行ってないので、今度はこれを参考に他の季節も楽しみたいと思いました。
たーたま 2016/03/05 06:30:38
新潟県は学生時代のスキー教室しか行ったことないな。素敵なお店が沢山あるみたいでいいですね
chocolat 2016/03/06 22:55:19
新潟はお米のイメージが強いですが、パワースポットとかお洒落な喫茶店とかもあるんですね。

このページにコメントする

>>体験コメントとは

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP