【ホテルクルーズ(朝食編)】朝限定。噂の絶品エッグズベネディクト

憧れホテルで朝食を

更新日:2016/11/05

【土曜日 21:00更新】
日々企画を出しあって、シティホテルの特集やニュース記事を作っているプレミアム予約のホテル編集部。私たちがいつも思うのは、ホテルには「敷居が高い」とか「宿泊者じゃないと利用できない」イメージがあるということ。でも実は気軽に利用できる方法があるんです。このコーナーでは、そんなホテルの楽しみ方を知ってもらうべく、編集Nが朝食レポート、編集Mがホテルでの夜遊びレポートをお届けします。

今回は食べるのが大好きなNが、絶品と噂の“エッグズベネディクト”を求めて「ホテル椿山荘東京」へ行ってきました。

エッグズベネディクト

江戸川橋から坂道をのぼってたどり着く高台は、その昔椿が美しく咲く景勝地だったそう。江戸時代には大名のお屋敷があり、その後も歴史を重ねながら大切に手入れされてきた敷地には今も椿、紅葉、桜などの樹木や文化財級の史跡が残っています。

「ホテル椿山荘東京」は、そんな美しい庭園がある高級ホテル。結婚式場としての歴史が古いので“憧れの会場”という人も多いはず。もしも私が「ホテル椿山荘東京で結婚式を挙げる」なんて言ったら、両親はもちろん祖父母まで泣いて喜ぶことでしょう。(実際はなかなか結婚しない娘にやきもきしているようですが・・・)

イル・テアトロ

メインダイニング「イル・テアトロ」。ベネツィアングラスのシャンデリアと青を基調としたインテリアがなんともエレガント

メインダイニング「イル・テアトロ」の大きな窓からも庭園を一望でき、席に着いた時点でものすごく優雅な気分になります。こちらの朝食はブッフェではなくオーダースタイル。本日はのお目当ては、食通の先輩が「あちこちで食べたけどホテル椿山荘東京のは日本一、いや世界一かもしれない」と言っていたエッグズベネディクトです。が、せっかくなのでほかのメニューもあわせてレポートするべく、一緒に行った編集メンバーと4品をシェア。完全解説致します。

アメリカン・ブレックファスト

最初にご紹介するのはオーソドックスなメニューが食べられるこちら。ごまかしが効かない分、味がすべてなのですが・・・そこはさすがのホテル椿山荘東京! クオリティの高さに驚きます。フレッシュジュースはグラスを傾けただけで果実の香りがふわっと漂い、サラサラと上品な飲み口でとってもおいしかったです。籠に入ったパンは、クロワッサン、バナナマフィン、パイと小ぶりながらも役者ぞろい。厚切りのハニーハム、しっかりとした味わいの野菜、大きくて味わい深いオムレツと大満足のひと皿でした。

アメリカン・ブレックファスト

3100円(税込・サ別)。パン、卵料理、コーヒーor紅茶に、フレッシュジュースが付いてくるお得な定番セット

オレンジとヘーゼルナッツ入りのフレンチトースト 焼きリンゴとペカンナッツ添え

リンゴ×シナモンというゴールデンコンビに彩られた心躍るフレンチトースト。オレンジが香るパンにはナッツも入っていて、シロップ漬けのリンゴで作った焼きリンゴとほろ苦いオレンジピール、香ばしいペカンナッツがトッピングされています。いろんな食感と香り、そして甘さとほろ苦さが絶妙。甘すぎず香り高く、これまで食べたことのない大人の味でしたよ!

フレンチトースト

1800円(税込・サ別)。メープルシロップと一緒に付いてくるホイップバターとシナモンバターもさすがのおいしさ。

リコッタチーズのふんわりパンケーキ ハニーバターとカナディアンメープルシロップ

シンプルながらもふくよかで魅力的なフォルムと、甘く香ばしい香りに気持ちが昂るひと皿。リコッタチーズのパンケーキと言えば“ふわふわしっとり”のイメージがありますが、これはその常識を覆すほど“ふっかふか”。まるでケーキとパンの間のような食感で、たっぷりとのせたハニーバター&メープルシロップとの相性もバツグンでした。

実はこのパンケーキ、特殊な形をしたフライパンを使い、なんと「オーブン」で焼き上げているそう。庫内の温度を均一にしたり、オーダーを受けてから生地と卵白を混ぜ合わせることでこの“ふっかふか”が実現していたのでした。また、ハニーバターは上質のバターにコムハニー(巣みつ)とはちみつをブレンドしているそうです。これはおいしいわけですね。

パンケーキ

1700円(税込・サ別)。同時に何個も作ることが出来ないという、手の込んだパンケーキ

エッグズベネディクト オランデーズソース グリーンアスパラガス添え

お待たせしました、最後はエッグズベネディクト! イングリッシュマフィンの上にハニーハム、グリーンアスパラガス、ポーチドエッグが乗り、上からオランデーズソースがかかっています。ナイフを入れると中から黄身があふれ出したので、皿に広がってしまう前に!と急いで口へ・・・。とろけます。身も心もとろけます。本当においしい。

これまでにいくつかエッグズベネディクトは食べたことがありますが、オランデーズソースの味がくどくなりがちだったり、逆にポーチドエッグのこってりさにソースが負けてしまったりと、心から満足なひと皿に出会ったことはありませんでした。

ところが、素材と温度と時間を追求したというポーチドエッグはしつこすぎずまろやかで、濃厚な中にも酸味があるオランデーズソースはさわやか。そこへハニーハムの塩気やアスパラガスの歯ごたえ、ソフトな舌触りのイングリッシュマフィンが加わり、すべてがみごとに調和しています。探し求めていた「心から満足なエッグズベネディクト」は、ホテル椿山荘東京のイル・テアトロにありました。

エッグズベネディクト

2000円(税込・サ別)。ホテルのオープン時からある人気のひと皿。味わえるのは朝食のみ

おいしい料理と美しい庭園。ブッフェ形式の朝食も楽しいけれど、ホテルが誇るひと皿を極上の空間で味わうというのはこの上ない贅沢でした。気になる方はぜひ足を運んでみてくださいね。エッグズベネディクトとパンケーキを頼んで友達とシェアするのが私的イチオシです。フレッシュジュースを頼むのも忘れずに。

あまりにも優雅な時間すぎて、そのあと会社へ行くのが億劫になるほどでした。もう少しあの空間にいたかったな~。次回は絶対泊まりがけで朝食を食べに行こうと思います。

ジュース

毎日絞っているという、フレッシュグレープフルーツジュース、フレッシュオレンジジュース、本日のジュースは各1350円(税込・サ別)

朝食DATA

■朝食会場:ホテル椿山荘東京 メインダイニング「イル・テアトロ」
■時間:6:30~10:30(ラストオーダー)
■価格:アメリカン・ブレックファースト3100円(税込)、エッグズベネディクト2000円(税込)、リコッタチーズのふんわりパンケーキ1700円(税込)ほか
※別途サービス料10%
■平均的な混雑状況:席に余裕あり
■TEL:03-3943-5489
■公式HP
https://hotel-chinzanso-tokyo.jp/stay/breakfast.html

ホテル椿山荘東京

日本のホテルランキングでは常に上位をキープしている、ラグジュアリーホテル。さながら森のような庭園を眺めつつ、ヨーロピアンエレガンスの上品なゲストルームでくつろぐ。都会のオアシスでのリッチなステイを心ゆくまで満喫して。
住所:東京都文京区関口2-10-8
アクセス/【電車】東京メトロ有楽町線 「江戸川橋駅」1a出口より徒歩約10分、JR 「目白駅」より都バス白61系「新宿駅西口行き」にご乗車いただき「ホテル椿山荘東京前」下車(約15分)
【車】首都高速5号池袋線「早稲田ランプ」より約10分

こちらもチェック!ホテル椿山荘東京の朝食付き宿泊プラン

イル・テアトロで使える3100円分の朝食券ほか、和食やルームサービスも選べる。朝食付き宿泊プランが1名あたり1万円台~! 

WRITING/AYAKO NAMBA(OZmall)

あなたへのおすすめ記事

TOP