OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



No 06

センスで魅せる贈り方!今贈るなら和モダン花束

花も人も、出会いは一期一会

Trend Recommend

“和モダン”をかなえるフラワーショップが青山に登場

人との出会い同様、1年に1度、この季節に咲く花との出合いも一期一会。会社の歓送迎会など、なにかと花を贈ることの多い春、せっかくなら旬の花を使ったアレンジを。特に、大人の女性にオススメなのは、グリーンを多く使った“和モダン”アレンジ。スタイリッシュでセンスよく見えるのが人気の理由! 昨年12月、青山に誕生した「風花東京」は、 そんな“和モダン”をかなえてくれるフラワーショップ。壁面を緑に包まれた店内では、色とりどりな季節の花やキュートな盆栽などが揃う。
「風花東京」の岸本さんが教えてくれた、贈る相手に合わせた“和モダン”アレンジの贈り方を参考に、大人の女のセンスを魅せて!

Trend Report

ちょっとした心遣いができるのが大人の女!贈る相手別“和モダン”アレンジ

スパ&ウェルネス「ジュール」 エナジーワーク
大人の心遣い1

そのままお部屋に飾れちゃう女友達にはオシャレ“和モダン”

花をもらって喜ばない女性はいないはず。だから女友達には「センスがいいね」と褒められるような、オシャレでスタイリッシュなものを贈りたい。でも、ただ贈るだけなら誰でもできる。贈る相手のライフスタイルに合わせてをセレクトするのが、大人の女の“センス”と“心遣い”! たとえば、フラワーベースの上に、色とりどりの花が彩られたこのアレンジ。桜や紅すもも、紫色のチューリップが作り出す柔らかな流れに、グリーンの葉で作られたアーチがモダンさをプラス。華やかな中にも、どこか大人の女の落ち着きを感じる“和モダン”アレンジだから、オシャレな女友達にぴったり。そのままお部屋の飾れるっていうちょっとした心遣いが、あなたの印象をアップさせるはず!

“和モダン”ポイント
フラワーベースの上に敷き詰められたコケや桜の枝で、和の雰囲気を。スチールグラスやミスカンサスなど、グリーンで作り出されたアーチのゆるやかなラインが、モダンさを出している。
大人の心遣い2

気恥ずかしくないように男性にはグリーン系“和モダン

気持ちはうれしいんだけど、花束を持って電車に乗るのはチョット恥ずかしい・・・そんな男性も多いのでは。だから、気恥ずかしさを感じさせないようにシックな雰囲気のアレンジを贈るのが、男性に対する大人の女の“センス”と“心遣い”。たとえば、グリーンとホワイトでまとめられたこの花束。アオモジという枝もので高さを、バンクシャという丸い花で力強さを出して、男らしさを表現。持って帰るのに恥ずかしくないよう、ラッピングもブルー系に。こんなステキで気が利く花束なら、きっと、男性も素直に喜んでくれること間違いなし。


“和モダン”ポイント
ツバキや菊の花と合わせて、バンクシャというオーストラリアの花を使用。 日本の花と外国の花を合わせてアレンジすることで、モダンな雰囲気に。ラッピングでは、ネイビーの和紙の上に、和柄のリボンを。
GINZA ABUNDANCE 渋谷店 腸セラピー
Essence Vale VenusFort Day Spa シロダーラ
大人の心遣い3

季節の花で旬を感じさせる上司や年配の方には四季“和モダン”

上司や年配の方に花を贈るなら、それなりのボリュームと高級感を出し、季節の花で旬を感じさせるのが大人の女の“センス”と“心遣い”。たとえば、ユリとグリーン&枝もので大人っぽくまとめられたこのアレンジ。春の花、チューリップのオレンジを差し色とし、この季節の花であるツバキの葉が鮮やかなグリーンを強調している。丸めた葉と、結んだ赤い水引きの丸みが合わさって、モダンな印象に。落ち着いた印象の中にも、遊び心とキュートさを盛り込んだこんな花束なら、上司や年配の方から「センスいいね」って褒められちゃうかも!

“和モダン”ポイント
和紙を組み合わせてラッピングした上から、リボン代わりで帯ひもを。そして、帯ひもの赤と合わせて、グリーンに水引きを結んだのが今回の和ポイント。グリーンのニューサイランを丸めたり、ネコヤナギの枝を遊ばせてモダン感も。

こんな贈り方も大人の心遣い!1本の花に込めるメッセージ

ヤマノ デイスパ&ビューティ 台場店 キャビアパック

人と差をつけるならインパクトで感動させる贈り方

最近注目を集めているのが、花びらを傷めることなく生花にメッセージをプリントして贈れる「Purika」。バラ、カラー、プリザーブドフラワーから花を選んで、30文字程度の好きな言葉を入れることができる。自分へのメッセージが花びらに書いてあるなんて、誰もが忘れられない贈りものになるはず! 人と違ったセンスを見せたい人にはオススメ。口で言うのは恥ずかしいけど、日頃言えない想いを花に託してみては。

フローリスト八重洲花壇
■03-3277-1187
■東京都中央区八重洲1-6-3
■営業時間 9:00〜19:00 日・祝定休
■アクセス JR東京駅八重洲中央口より徒歩5分
Puika1050円(花代別)

Let's try the trend

風花東京
世界最高峰のフラワー&ガーデンニングフェスティバル「チェルシーフラワーショー」で2年連続金メダルを獲得した石原和幸氏がプロデュース。店内にはオリジナルカクテルをいただけるバースペースも。

■ 03-6659-4093 
■ 東京都港区南青山3-9-1アブリム1F
■ 営業時間 ショップ10:00〜19:30 無休
   バー20:00〜翌2:00(翌1:00LO) 日・祝定休
■アクセス 東京メトロ銀座線ほか表参道駅A4出口より徒歩5分 

撮影/三佐和隆士、米山典子

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社