フィリピンスイーツ先取り☆海外旅行プレゼント<トレンド通信>

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



フィリピンスイーツ:No 01

フィリピンスイーツ:注目スイーツ先取り! フィリピン・スイーツ

フィリピンスイーツ:世界一のビーチが生んだ魅惑スイーツ♪

フィリピンスイーツ:Trend Recommend

フィリピンスイーツ:世界一のビーチから生まれた南国デザートをひと足お先に!

旅好きサイトで「世界で最も人気のあるビーチベスト2007」の1位に選ばれたボラカイ島は、美しいホワイト・ビーチで有名なフィリピンのリゾートアイランド。そんな極上リゾートでの楽しみのひとつが、若い女性から注目を集めているフィリピン・スイーツ。美容・健康によいと現地で大人気の「タホ」や「ハロハロ」などは、早くも日本でブームの兆し! そこで、現地で見つけた人気スイーツを、ひと足お先に大公開。さらに今なら、銀座「マロニエゲート」で、期間限定“アジアンスイーツフェア”が開催中。本場フィリピンの味を、銀座で楽しんで。

フィリピンスイーツ:

フィリピンスイーツ:Trend Report

編集部が現地で取材!! フィリピン・ボラカイで見つけた、注目の現地スイーツ!

フィリピンスイーツ:
フィリピンスイーツ:HALOHALO

ウベ芋のアイスクリームがポイント!由緒正しき「ハロハロ」

タガログ語で「ごちゃ混ぜ」という意味を持つハロハロは、ナタデココやフルーツ、ゼリーに氷とアイスクリームをのせた、夏になると日本でも登場する冷たいデザート。フィリピンでは店によって様々なスタイルがあり、特に五つ星ホテルのハロハロともなると、さらにウベ芋のアイスクリーム、甘煮豆、レチェフラン(プリン)、ココナツスライス、コーンフレークなどがプラスされて内容もリッチ。混ぜ合わせる具の和洋折衷さに、アジアンオリエンタルな文化を持つフィリピンならではのテイストが感じられる。今年はさらに本格的なレシピのハロハロが食べてみたい!?

ハロハロ(196ペソ)/Edsa Shangri-La, Manila
フィリピンスイーツ:TAHO

フィリピンスイーツ:トーフとタピオカのハーモニー!ヘルシーな、朝スイーツ「タホ」

日本でもすっかりおなじみの豆腐系スイーツが、なんとフィリピンにも存在! その名も「タホ」。できたての寄せ豆腐に大粒のタピオカをのせ、上からたっぷりとパームシロップをかけた、ヘルシーな豆腐のデザート。温かい豆腐を使うため、現地では朝限定の食べ物とされ、朝食代わりに通勤途中に買って、食べながらオフィスに向かうのだとか。この日は、ビーチで行商のおじさんから購入。タピオカのプチプチ感と濃厚なシロップの甘さが、滑らかな豆腐の食感や風味を引き立てるデザート。ヘルシーでお腹にも優しいスイーツは、日本でも流行の兆し。

タホ(20ペソ)/ビーチの行商のおじさん
フィリピンスイーツ:
フィリピンスイーツ:
フィリピンスイーツ:Fruits World

フィリピンスイーツ:濃厚な甘さが南国を思わせる、フルーツ120%ドリンク&スイーツ

暑いところでは、フルーツを使ったデザートやドリンクが欲しくなる。フィリピンでは、濃厚な甘さのマンゴーやバナナ、スイカといった南国フルーツや、ビタミン・ミネラルの豊富な森のバターと呼ばれるアボガドを使ったシェイク、デザートが人気。当然ビーチやカフェでは、ほとんどの人がフルーツドリンクを飲んでいるし、カフェにはマンゴー系のケーキがどこのカフェにも必ず1つはラインアップ。特に南国のフルーツは免疫力がアップするため体にもよいそう。通常のケーキにも、たっぷり添えられているのもポイント。日本でも色々な種類のフルーツが豊富に揃っているので、南国気分でフルーツデザートを楽しんでみるのもいいかも?

(左)アボガドシェイク・マンゴーシェイク(各85ペソ)/Jony’s Beach Resort、(右上)マンゴーチーズケーキ(120ペソ) カプチーノ(80ペソ)/Cafe del sol Boracay、(右下)チーズケーキ(250ペソ)/Edsa Shangri-La, Manila

フィリピンスイーツ:1周年の銀座マロニエゲートでアジアンスイーツフェア開催!

今、銀座の「マロニエゲート」では、1周年キャンペーンとして、「マロニエダイニング アジアンスイーツフェア」を開催! 冷・温のハーモニーがたまらない「揚げバナナのアイスクリーム添え」や、3種のマンゴー・デザートがパフェにぎっしり詰まった「マンゴタンゴ」など、6店舗で6種類のオリジナルアジアン・スイーツが味わえる。9月18〜28日までの限定フェアで、本場の味を楽しんで!

トロピカルフルーツのジャスミンゼリーレモングラス風味 880円/ジムトンプソンズテーブルタイランド、揚げバナナ・ココナッツアイスクリーム添え 600円/ヴェトナム・アリス、ココナッツとメロンのマリアージュ 650円/チャイナホワイト
フィリピンスイーツ:

フィリピンスイーツ:Let's try the trend

フィリピンスイーツ:

マロニエゲート
■東京都中央区銀座2-2-14
■営業時間:B1〜9F/10:30〜20:30、10F〜12F/11:00〜23:00

【マロニエダイニング アジアンスイーツフェア 9月18日〜28日】

●ジムトンプソンズテーブルタイランド(10階)
「トロピカルフルーツのジャスミンゼリーレモングラス風味 880円」
ジャスミン茶をベースにしたゼリーに、キャラメリゼをしたスターフルーツやワインコンポートしたライチ、ドラゴンフルーツ等をふんだんにとり合わせた、南国らしい華やかさで爽やかな一皿。

●ヴェトナム・アリス(11階)
「揚げバナナ・ココナッツアイスクリーム添え 600円」
特製の衣でバナナを包み揚げにした、カリッ&モチッとした不思議な食感が魅力のデザート。アツアツの揚げたてバナナには冷たいココナッツアイスを添えて食べるのがアジア風!

●チャイナホワイト(11階)
「ココナッツとメロンのマリアージュ 650円」
ココナッツのアイスクリームにメロンのジュレを重ねた爽やかなデザート。グラニテとアイス、メロンジュレとの異なる食感に、フルーツの酸味とココナッツの甘みとのマリアージュが絶妙。

そのほか、『シンガプーラ テラス(11階)』では、人気のアジアンスイーツ3種が一度に楽しめる「アジアンデザートプレート(800円)」、『韓式料理 いふう(11階)』では、ひんやりスッキリとした後味が癖になる「グレープフルーツとカンパリのグラニテ 〜ミルフィーユ仕立て〜(580円)」、『琉球料理・島野菜 土の実(12階)』では、マンゴのアイス・ムース・ゼリーの3点がパフェになった「マンゴタンゴ(850円)」がいただける。数量限定メニューもあるので、急いで!

撮影/佐野学  テキスト/坂口あや    ※1ペソ=2.65円(2008年6月末現在)

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社