オズモール 女性・OLのための情報サイト



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


「わたしの旅時間」Vol.5暮らしに息づく文化を訪ねて 五島列島・祈りの旅

2009.05

耳をすませば、祈りの声が聞こえてくる

かつて隠れキリシタンが潜伏し、信仰を守り抜いた土地として知られる五島列島。島には現在も多くのカトリック信者が住み、大小あわせて50もの教会が点在している。山と海に囲まれた漁師町に息づく、祈りの文化。その歴史と今なお守り継がれる信仰の灯を訪ねる旅へ

vol5

  • その土地で感じた丁寧さ

  • 時を経ても変わらず受け継がれる信仰の灯
  • 子どもたちは放課後に聖書の勉強をし、大人たちは時を告げる鐘の音に仕事の手を休めて祈る。日曜の朝にミサに通ったり、交替で教会の掃除をするのも、物心ついたときからの習慣だとか。五島列島の中でも敬けんなカトリック信者が多く住む地域では、このように教会が生活の中心となっているところも多く、教会を介した地域の結びつきも密棲。過疎化が進む離島にあってなお、守り継がれる祈りの文化は、私たちに人と人とのつながりの大切さを教えてくれるよう。

五島列島を巡る

旧五輪教会の扉のステンドグラス。柄も配色も素朴で、なんだか親しみが湧いてくる感じ

教会の中にはこんな記念スタンプも。旅の思い出にさっそく押してみました!

旧五輪教会の周囲は、小さな漁港があるだけののどかな場所。波の音と鳥の声が耳に心地いい

毎週日曜日の早朝に行われる仲知教会のミサでは、小さな子どもたちも大活躍!

中ノ浦教会で。窓からふと外を見ると、色とりどりのお花が咲くガーデンを発見!

五島のシンボルでもある、赤い椿をいくつもあしらった華やかな装飾が印象的

頭ヶ島教会にも椿のモチーフが。こちらは白椿で、やわらかな雰囲気

木枠の窓にはめられたステンドグラスにも、十字架をイメージした椿が描かれて

床にこぼれる七色の光がロマンティックな貝津教会。訪れるなら、西日の射し込む夕方頃に

貝津教会の取材後、近くの高浜ビーチへ。まぶしいほどのホワイトサンドビーチに感動♪

坂井さんのご先祖は実は隠れキリシタン。取材では250年前の貴重なロザリオを見せていただいた

五島といえばやっぱり五島うどん。名物の地獄炊きをアゴのダシでいただきます。美味!

ライターOの旅だより

  • ライターOの旅だより
  • 人が祈るとき。それは心から大切に想う誰かの存在があるときではないでしょうか。祈りの場がたくさん点在する五島には、そんな強くてやさしい気持ちがあふれていました。みんなで大切に守っている教会はいつもピカピカだし、島のどこに行っても「遠いとこ、よう来なさった」と笑顔で歓迎してくれる。映画館もデパートもないけど、そのぶん自分以外の誰かを慈しむ心が、この島にはあるような気がします(ライターO)

vol5

Vol.5五島列島で巡ったスポット

仲知教会(ちゅうちきょうかい)

  • spot01
  • 仲知教会(ちゅうちきょうかい)
  • 現在の聖堂は3代目で、昭和53年に信徒たちの多額の拠出と労働奉仕により完成。キリストの一生を綴った鮮やかなステンドグラスには、当時建設のために尽力した地元漁師5人の顔が描かれている。海を見下ろす高台に建つ教会は、この地域の住人の心の拠り所だ。
    • Tel.0959-55-8037 長崎県南松浦郡新上五島町津和崎郷991 見学自由
    • アクセス/奈良尾港より車で約60分

旧五輪教会(きゅうごりんきょうかい)

  • spot02
  • 旧五輪教会(きゅうごりんきょうかい)
  • 久賀島東部の漁港にたたずむ、五島に現存する最古の木造教会建築。もともと同じ島にある浜脇教会の聖堂として建てられ、後にこの地に移築された建物は、外観は瓦葺きの和風建築でありながら内部はゴシック様式という珍しいもの。現在は世界遺産の暫定リストにも登録されている。
    • Tel.0959-72-3957(福江教会) 長崎県五島市蕨町993-11 外観見学自由
    • アクセス/福江港より上り木口汽船のフェリーで約20分、田の浦波止場より車で約30分、福見より徒歩約20分

中ノ浦教会(なかのうらきょうかい)

  • spot03
  • 中ノ浦教会(なかのうらきょうかい)
  • 波静かな入り江に尖塔を映すことから、「水鏡の教会」の別名を持つ。堂内で真っ先に目を引くのは、十字架に見立てた真っ赤な椿。五島の花でもある椿を散りばめた華やかな堂内は、「五島で最も美しい教会を」という信徒たちの切な願いが反映されたものだ。
    • Tel.0959-45-3936 長崎県南松浦郡新上五島町宿ノ浦郷985-16(中ノ浦) 見学自由 
    • アクセス/奈良尾港より車で約20分

頭ヶ島教会(かしらがしまきょうかい)

  • spot04
  • 頭ヶ島教会(かしらがしまきょうかい)
  • 西日本で唯一、全国的にも珍しい石造りの教会。島内で切り出した石を積み上げた聖堂は、完成までに10年もの歳月がかかったそう。重厚な外観に反し堂内はやわらかなパステルカラーでまとめられ、また随所に花のモチーフがあることから、「花の御堂」とも呼ばれている。
    • Tel.0959-42-0221(鯛ノ浦教会) 長崎県南松浦郡新上五島町友住郷638(頭ヶ島)
    • 見学自由
    • アクセス/奈良尾港より車で約60分

貝津教会(かいつきょうかい)

  • spot05
  • 貝津教会(かいつきょうかい)
  • 福江島の貝津集落にある素朴な木造瓦葺きの教会で、ステンドグラスの色鮮やかさで知られている。特に夕方、西日がステンドグラスを透して七色の光となり、長椅子や柱を色とりどりに染める様子は言葉に尽くせないほど。近くには白浜の美しい高浜ビーチもある。
    • Tel.0959-84-2585 長崎県五島市三井楽町貝津458 見学自由
    • アクセス/福江港より車で約45分

キリシタン洞窟(キリシタンどうくつ)

  • spot06
  • キリシタン洞窟(キリシタンどうくつ)
  • 禁教の時代に、弾圧を逃れたカトリック信者が身を潜めて住んでいたといわれる洞窟。現在も船でしか行けない荒波の断崖にあることから、当時の弾圧の過酷さがうかがえる。洞窟の入口には十字架とキリスト像が建てられ、毎年11月にはミサも開催。
    • Tel.0959-44-1762(瀬渡し船・祥福丸)
      長崎県南松浦郡新上五島町若松郷782-1(土井ノ浦)
    • 見学自由(瀬渡し船代は別途。2人以上の場合、1人3000円) 
    • アクセス/奈良尾港より車で約30分、土井ノ浦港より瀬渡し船で約10分

五島列島エリアMAP

地図はカーソルを乗せると自由に動きます。

MAPの使い方

Access

  • ●飛行機・・・東京国際空港(羽田空港)より福岡空港まで約1時間50分。福岡空港より五島福江空港まで約40分。新上五島町へは、福江港より奈良尾港までジェットフォイルで約30分、フェリーで約1時間10~40分

backnumber

  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

「五島列島」、知っていましたか? 小さな島に50もの教会が存在するなんて、想像しがたいですよね。オズマガジンでは、教会で行われるミサの様子も掲載しているので、そちらもぜひチェックしてみて。(P155~159)

もっと詳しく

撮影/村上未知 取材・文/小川尚子