オズモール 女性・OLのための情報サイト



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


「わたしの旅時間」Vol.8川とともに生きる美しい水都・大阪へ

2009.08

知らなかった、水辺がこんなに気持ちいいなんて

豊かな水運に恵まれ、商都として栄えた大阪は今なお市域面積の1割を川が占める水の都。
川と堀にぐるりと囲まれたこの街で、水がもたらした歴史と文化を見直し、
もう一度水辺ににぎわいを取り戻そう――。そんな試みが今、少しずつ始まっている

vol8

  • その土地で感じた丁寧さ

  • “水の都”大阪の新たな魅力を発見
  • 8月22日から開催される「水都大阪2009」をはじめ、大阪ではいま、川や水辺のにぎわいを取り戻そうとするさまざまなプロジェクトが進行中。船でのクルージングや大阪初の川床など、川や水辺を楽しむための新感覚のツアーやスポットも続々と登場している。こうした企画を通じて見えてきたのは、“水の都”としての大阪の魅力。いつもと少し目線を変えて、川から街を眺めてみる――。そうすればきっと、今まで気づかなかった新しく美しい大阪に出会えるはず!

水都・大阪を巡る

対岸に見えるのは中央公会堂と中之島公園。北浜は、大阪でもっとも景観のいい土地のひとつ

中之島の水辺にて。色とりどりの草花で彩られた土佐堀川沿いの遊歩道は市民の憩いの場

船の上では船長さんがガイド役。随所に大阪的な笑いをちりばめた案内が楽しい

クルーズ&ウォーク「大阪城コース」ではたこ焼き作りにも挑戦。見て! こんなに上手にできた♪

アートな街として注目を集める天満橋には、小さいけれど高感度なギャラリーがいっぱい

クルーズ&ウォーク「天満橋コース」の〆は、EXPO CAFEの名物パフェ「EXPO天国」

大阪の歴史を1世紀以上見守ってきた中之島図書館。外観はまるでギリシャ神殿のよう

北浜にはおしゃれなカフェもたくさん。こちらは英国式洋館を利用した紅茶専門店「北浜レトロ」

日が暮れると橋がライトアップされ、とってもロマンティック。写真は土佐堀川にかかる錦橋

ライターOの旅だより

  • 水辺から見えてくる、もうひとつの大阪
  • 今回、大阪を“水の都”という切り口から眺めてみると、従来のイメージ ―お笑いとか道頓堀とか阪神タイガースとか― だけじゃない、この街の洗練された一面が見えてきました。でもやっぱりここは人情の街なんだなぁと感じたのは、クルーズ船に向かって手を振ってくれる人がとても多いこと。橋を渡っている最中に、ちょっと立ち止まって川面を走る船に手を振る。そんな心の余裕を、私も見習いたいものです(ライターO)

vol8

Vol.8水都・大阪で巡ったスポット

水都大阪2009

  • 水都大阪2009
  • “水の都”大阪の復興を広く伝えるためのシンボルイベントとして、8月22日~10月12日に開催。親水性の高い中之島公園などを中心に、体験型アートプログラムや橋梁ライトアップ、近代建築を巡る「水都アート回廊」など水辺の楽しさを再発見できる多彩なプログラムを予定している。

クルーズ&ウォークOSAKA旅∞(おおさかたびめがね)

  • クルーズ&ウォークOSAKA旅∞(おおさかたびめがね)
  • 街歩きと船による川めぐりを組み合わせ、地域の暮らしに根ざしたリアルな大阪を体感できる新感覚のツアー。コースはテーマ別に17種類。エリアクルーと呼ばれる現地ガイドに案内してもらいながらの街歩きは、川から眺める景色とともに、新鮮な驚きの連続!

大阪川床 北浜テラス

  • 大阪川床 北浜テラス
  • 魚料理と和食の「十六夜」、そば切の「てる坊」、カジュアルレストランの「OUI」の3店舗が、土佐堀川沿いに川床を設置。「水都大阪2009」の期間中はもちろん、終了後も継続して営業を行う。水都の象徴である中之島を眺めながらの食事は、大阪の新たな風物詩となるはず。

水都・大阪MAP

地図はカーソルを乗せると自由に動きます。

MAPの使い方

Access

  • ●電車・・・JR東京駅からJR新大阪駅まで東海道新幹線のぞみで約2時間30分。JR新大阪駅から中之島までは大阪市営地下鉄京阪線で約30分

昼も夜も! 水の都・大阪を体感できる52日間のイベントを開催!

会期中は中之島公園が夢と灯りのアイランドへと変貌。ワークショップやアート船の巡航、船着場での朝市やマーケット、さらにはクルーズや街歩きなど、水辺に親しむさまざまなプログラムが用意されている。昼と夜で異なる表情を見せる川辺を楽しみながら、水都大阪の魅力を再発見してみよう!

中之島公園会場
メイン会場には「水辺の文化座」が登場。全国から集まった100を超えるアーティストたちが「水辺を楽しむ100の方法」と銘打ち、子どもから大人までが楽しめる参加型アートプログラムを実施する。週末の夜にはキャンドルや灯明などで、公園全体がロマンチックな浮き島に!
八軒家浜会場
月曜日をのぞき毎晩繰り広げられるナイトプログラム「水の回廊・時空の架け橋」は、光と水、映像、音響を駆使し、水都大阪の魅力を表現する幻想的なショー。また季節の食材が並ぶ「水都朝市リバーカフェ」では、川を舞台に、大阪の魅力である「食」が存分に堪能できる
中之島水辺会場
目玉は大阪川床「北浜テラス」。船が行き交う川と美しい中之島を望む絶好のロケーションで楽しむ食事は、忘れられない思い出に。また「橋梁ライトアップ」では錦橋、難波橋、天神橋の3つの橋を光のアートで美しく彩り、水辺の散策やクルージングの魅力を広げていく
水の回廊
水都大阪の魅力を再発見できるのが、街歩きと船による川めぐりを組み合わせた「クルーズ&ウォーク(OSAKA旅∞)」。プログラムは16エリア17コースと多彩だから、気になるコースがきっと見つかるはず。船着場ではカフェやライブが楽しめる「船着場プログラム」も開催される
まちなか会場
大阪を象徴する歴史的な建造物や空間にアート作品を設置する「水都アート回廊」のほか、水都の未来を話し合う「水都大阪2009記念シンポジウム」、大阪の魅力を再発見する写真と言葉のコンテスト「大阪ステキ発見」の作品展示など、街中にも楽しいイベントがいっぱい

会場へのアクセス:
<中之島公園会場>京阪電車中之島線なにわ橋駅下車すぐ、または地下鉄堺筋線・京阪電車北浜駅下車徒歩3分 
<八軒家浜会場>地下鉄谷町線・京阪電車天満橋駅下車すぐ

公式サイトをチェック

backnumber

  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

東京から新幹線ですぐ行ける、西の都・大阪が、今こんなにも盛り上がっているなんて、知っていましたか?「水都大阪2009」を巡った様子は、オズマガジンで紹介しているので、チェックしてみてね。(P141~145)

もっと詳しく

撮影/キムラ ミハル 取材・文/小川尚子