オズモール 女性・OLのための情報サイト



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


おもてなしの里 仙台・秋保温泉へ

2009.12

心あたたまる おもてなしが待っています

仙台市内から車で走ること30分。開湯千年の歴史を誇る名湯・秋保温泉の魅力は温泉地あげての心づくしのおもてなしにある。ぬくもりある湯宿のサービスと豊かな自然、そして街全体を包み込むあたたかな空気。この冬、そんなおもてなしの心を感じに出かけてみませんか?

vol12

  • その土地で感じた丁寧さ

  • 秋保ならではの、趣向を凝らしたおもてなし
  • 秋保温泉の魅力のひとつが、宿の個性が光るおもてなし。たとえば「岩沼屋」の自家菜園で栽培された無農薬野菜、「緑水亭」の若女将によるロビーコンサート、「佐勘」のティールームで楽しめる女将こだわりの紅茶・・・。地産地消にも積極的で、名取川の清流で栽培された秋保米や、宿の女将が仕込む秋保福おみそなど、土地ならではの美味もいろいろ。豊かな自然とゆるやかな時間の流れに育まれた秋保のおもてなしは、心までも癒してくれる。

仙台・秋保を巡りました

長年の経験と勘で宿のお湯を守り続ける、緑水亭のお湯の番人・東山三太さん 

緑水亭では3人の庭師が常駐し、広大な日本庭園を毎日欠かさず手入れしている

岩沼屋はエコにも積極的。食卓には使い捨ての割り箸の代わりに塗り箸を用意している

岩沼屋の畑の野菜はどれも元気いっぱい! ときどき虫が顔をのぞかせるのは無農薬の証

味噌の香りがチーズのコクを引き立てる、佐勘の「秋保福おみそのチーズケーキ」420円

佐勘のティールームで味わえる、温泉宿らしい和洋折衷のアレンジティー。抹茶with紅茶630円

地元農家と温泉宿が手を取り合い育む秋保米。1粒1粒が輝き、噛むほどにうまみが広がる

女将が仕込んだ秋保福おみそと小女子、豚ひき肉、ネギを甘辛く味付けした、佐勘の小女子味噌

霜降りの仙台牛の甘みを秋保福おみそが引き立てる、緑水亭の朴葉(ほおば)焼き

女将たちが仕込んだ秋保福おみそは、大豆のつぶつぶとした食感が残る、田舎風の味わい

秋保名物「さいち」の秋保おはぎ。昔おばあちゃんが作ってくれたような素朴な見た目が懐かしい!

カフェ ロシェのある天守閣自然公園では今、さざんかが見ごろ。可憐なピンク色に心惹かれる

ライターOの旅日記

  • おいしい秋保、いただきます♪
  • 岩沼屋に取材でお邪魔した際に、自家菜園でとれたばかりの冬大根をいただいたので、太田とうふ店で購入したがんもと一緒に煮物を作ってみました。新鮮な冬大根は驚くほどみずみずしく、野菜や海藻がたっぷり入ったがんもは大豆の味が濃厚で、とってもジューシー。やっぱり手間と愛情をかけて作られたものはひと味違うなあと、自宅にいながら秋保の美味を堪能しました(ライターO)

vol12

Vol.12  仙台・秋保で巡ったスポット

岩沼屋(いわぬまや)

  • 岩沼屋(いわぬまや)
  • 創業寛永2年、秋保温泉で江戸時代より暖簾を受け継ぐ老舗宿。「おいしいものをよりおいしく」をモットーに、京都で修業を積んだ精鋭が腕を振るう繊細な懐石料理、3種類の湯温が選べる大浴場など、細部にまで行き届いたもてなしが心に響く。
  • Tel.022-398-2011
  • 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師107
  • 客室数/152室 IN/15:00 OUT/10:00
  • http://www.iwanumaya.co.jp/

篝火の湯 緑水亭(りょくすいてい)

  • 篝火の湯 緑水亭(りょくすいてい)
  • 秋保温泉を見渡す高台に位置し、広大な日本庭園と東北随一の規模を誇る露天風呂「篝火の湯」が自慢。湧出量の豊富な自家源泉は秋保では珍しい有色の湯で、体を芯から温める。若女将によるロビーコンサートや早朝のあら汁サービスなど、アットホームなおもてなしも好評。
  • Tel.022-397-3333
  • 宮城県仙台市太白区秋保町湯元上原27
  • 客室数/100室 IN/15:00 OUT/10:00
  • http://www.ryokusuitei.co.jp/

伝承千年の宿 佐勘(さかん)

  • 伝承千年の宿 佐勘(さかん)
  • 伊達家の湯浴み御殿として栄えた歴史を物語る、風格ある佇まい。遠く飛鳥時代から湧き続ける「名取の御湯」はあまりにも有名。館内にはワインバーやリラクゼーションサロンもあり、伝統を守りつつ新しい感覚を取り入れたもてなしが評判を呼んでいる。
  • Tel.022-398-2233
  • 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師28
  • 客室数/173室 IN/14:30 OUT/12:00
  • http://www.sakan-net.co.jp/

太田とうふ店

  • 太田とうふ店
  • 江戸時代から六代続く老舗豆腐店。県内産の大豆と地元秋保の水で作る豆腐は、口の中に入れた瞬間、大豆の甘みがふわりと広がる風味豊かな味わいだ。看板商品の竹豆腐(小)315円(中)360円のほか、三角揚げと呼ばれる肉厚の油揚げ(小)126円も美味。
  • Tel.022-399-2707
  • 宮城県仙台市太白区秋保町長袋字向宿25-1
  • 営業時間/9:00~17:00 火定休

Cafe Rocher(カフェ ロシェ)

  • Cafe Rocher(カフェ ロシェ)
  • 天守閣自然公園の一角にあり、日本庭園を望むオープンテラスが人気。女性シェフの繊細な感性を生かした季節替わりのパスタやピザ、手作りスイーツも評判で、今の時期は鳴門金時の上品な甘さを活かした焼き芋パフェ680円がおすすめ。
  • Tel.022-397-2724
  • 宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原10 
  • 営業時間/11:00~16:00(L.O) 土・日・祝10:30~16:30(L.O) 火定休(冬季不定休)
  • http://www.akiu.net/sizen/

秋保大滝

  • 秋保大滝
  • 那智の滝、華厳の滝と並び日本三名瀑に数えられる秋保のシンボル。温泉街を流れる名取川が落差55m、幅6mの滝となって豪快に流れ落ちる様はまさに圧巻! 春は新緑、秋は紅葉と、周囲の美しい自然とのコントラストも見どころのひとつ。
仙台市に行きたくなったら、こちらもチェックして!

仙台市に行きたくなったら、こちらもチェックして!

・仙台観光情報サイト「せんだい旅日和」
http://www.sentabi.jp/
・新幹線&ホテル・温泉付き! お得な仙台ツアー
http://www.travel.eki-net.com

backnumber

  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

代々家族経営を行っている宿がほとんどだという、秋保温泉。リピーターが多いのは、親しみやすく、宿の個性が光るおもてなしに魅せられるからかもしれません。オズマガジンでは、そんな宿のおもてなしを紹介。そちらもチェックしてみて。(P116~121)

もっと詳しく

撮影/村上未知 取材・文/小川尚子