オズモール 女性・OLのための情報サイト



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


花と海のおもてなし春爛漫の千葉・千倉へ

2010.02

あったかい春が今年もやってきました

東京がまだ厳しい寒さに震える頃、ひと足早い春がやってくる南房総・千倉。潮風が心地いい丘で咲き誇る露地栽培の花々、春の陽射しを受けてきらきらと輝く青い海。色とりどりに染まった海辺の小さな町を訪ねると、そこには花と海をめぐる人々の物語がありました

vol14

  • その土地で感じた丁寧さ

  • 春しか出合えない、千倉ならではのおもてなし
  • 明るい陽射しのもとで、いっせいにほころび始めた花を手入れする農家の人々。夕暮れ時のカウンターに並ぶ旬の海の幸――。春爛漫の千倉は、この季節ならではのきらきらとした魅力にあふれている。そこで、町を訪れる人にもっと千倉の春を楽しんほしいと企画されたのが“花の宿 おもてなし宣言”。宿でくつろぎながら、色とりどりの花を見て、ふれて、味わう。そんな春だけのおもてなしの背景には、〝この町をもっとよくしたい〟と願う人々の想いがあった。

千葉・千倉を巡りました

“花の宿”として知られる民宿「政右ヱ門」に到着! 客室にはこんな可憐な一輪差しが

魚介類のお造りに添えられるのは、ワサビ風味のナスタチュームやほのかに甘い金魚草

千倉の食用花は苦みやえぐみがなく、料理とも相性抜群。ビタミンやミネラルも豊富だそう

「質のいい花をどこよりも手頃な値段で提供したい」と話す、磯花会会長の坂本文蔵さん

花畑の間を縫うように建つフラワースタンドも、千倉の春の風物詩のひとつ

海を望む白間津地区は、千倉の花栽培の発祥地。潮風を感じながらの花つみは気分爽快!

花つみは7本で300円! 露地栽培の花は、毎日水を替えてやれば1カ月はもつそう

釣り物や定置網でその日に獲れた新鮮な魚だけを使うのが「大徳家」のこだわり

房総名物のなめろうは「粘りが出るまでしっかり叩くのがコツ」と「大徳家」のご主人

レモンを絞って食べる“アワビの稚貝のおどり刺し”も、「大徳家」の看板メニュー

町中で、お買いもの風景に遭遇。潮風に当てて旨みを引き出した干物、かなりおいしそう

いろんなお魚の絵が並んだかわいい防波堤。よく見ると、南房総名物のマンボウも!

ライターOの旅だより

  • 穏やかで優しい、人情に触れてほっこり
  • 「千倉は交通の便も悪いし、テーマパークもないけど、人があったかいのが魅力」。そう教えてくれたのは、「政右ヱ門」のご主人・堀江洋一さん。それは私も取材を重ねるうちに感じていたこと。「こんなおばちゃんでいいの?」と照れながらも、快く撮影を引き受けてくれた花農家のお母さん。花畑だけでなく、野菜畑まで丁寧に案内してくれた「磯花会」の坂本さん。春のポカポカとした陽射しが気持ちいい千倉は、穏やかで温かい人情の町でした。(ライターO)

vol14

Vol.14  千葉・千倉で巡ったスポット

グルメ派の宿 政右ヱ門(まさえもん)

  • グルメ派の宿 政右ヱ門(まさえもん)
  • 家族経営のアットホームな宿で、先代が網元だったことから海の幸を使った料理に特に定評がある。ご主人の堀江洋一さんは、「花の宿」企画の発案者。1~3月の期間中は、館内のいたるところに花を飾り、地元の農家が丹精込めて育てた食用花をあしらった花料理であたたかくもてなしてくれる。
  • TEL.0470-44-4071
  • 千葉県南房総市千倉町忽戸497 
  • 料金(2名1室)/1泊2食付き1名9500円~
  • http://www.masaemon.net/
  • ※「花の宿」の実施期間は3/20までとなります

磯花会(いそはなかい)

  • 磯花会(いそはなかい)
  • “花を育てることで地域を元気にしたい”という願いから、5年前に誕生した花の生産者グループ。10名の生産者が共同で営む農園は、花つみや花の購入もできる。会長の坂本文蔵さんは、花畑のオーナー制度をいち早く導入するなど新しい試みにも積極的。3月末までは、夜間の花畑のライトアップも実施中。
  • 千葉県南房総市千倉町平磯字蠣崎2115
  • 花つみ営業時間/9:00~16:00頃
  • ライトアップ/18:00~20:00(3月末頃まで)
  • シーズン中

大徳家(だいとくや)

  • 大徳家(だいとくや)
  • 創業明治2年の老舗寿司店。カウンターには千倉の港で獲れたばかりの旬の魚介類のほか、この地域で古くから食されてきたマンボウなども並び、古きよき食文化を今に伝えている。シャリを「射込み炊き」と呼ばれる、伝統的な手法で炊くのもこだわりのひとつ。種類豊富な地酒とともに、南房総の海の幸を存分に味わいたい。
  • TEL.0470-44-1229
  • 千葉県南房総市千倉町南朝夷1079
  • 営業時間/12:00~15:00、17:00~21:00(ネタがなくなりしだい、閉店の場合あり)
  • 火定休(祝の場合は翌休)
  • http://www.awa.or.jp/home/kkk/
千葉へ行きたくなったら、こちらもチェックして!

千葉へ行きたくなったら、こちらもチェックして!

・千葉県観光協会ホームページ
http://www.omoshiro-chiba.or.jp/
・早春の観光キャンペーン実施中(~3/31)
 ちばのまるごとデジタルパンフレット
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/pub/?skin=digipanf

backnumber

  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

ごはんもおいしくて、景色はキレイで、東京から近くって。千葉は、春のお出かけにぴったりですよね。オズマガジンでは、「花の宿」のおもてなしについても掲載中。知らなかった千葉が、きっと見えてくるはずです♪(P117~121)

もっと詳しく

撮影/村上未知 取材・文/小川尚子