オズモール 女性・OLのための情報サイト



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


想いがきらめく光のページェント

2010.11

温かい想いが今年も街を照らします

今から24年前に市民ボランティアたちの手で始まったイルミネーションイベント「SENDAI光のページェント」。冬の仙台をもっと美しく、華やかに・・・。当時の人々の想いは時を経てもなお、ケヤキ並木を彩る光の中に輝いている

vol23

  • その土地で感じた丁寧さ

  • 冬のケヤキ並木にきらめく光に込められた想い
  • 仙台の冬の風物詩として知られる「SENDAI光のページェント」は、地元ボランティアによる市民主導のイベント。近年では広島市との交流事業など新しい取り組みも始まる一方で、24年前から続く伝統も大切に守られている。そのひとつが、光の色。ロウソクの灯りを思わせる温かな色は“仙台カラー”と呼ばれ、「これだけは必ず守り継いでいく」と実行委員のメンバー。小さな光がつながり、光輝く川となって冬の街並みを温かく照らす・・・。まるで天の川のようにきらめくページェントは、仙台を愛する人々の思いの結晶なのだろう。

仙台を巡りました

高さ約30mのヒマラヤ杉を使った国内最大級のシンボルツリー。約8万球の電球が使われ幻想的!

期間中は華やかなページェントカーが定禅寺通一帯を走る。サンタクロースに出会えることも?

たくさんの市民がサンタクロースやトナカイに変身して定禅寺通をパレードする「サンタの森の物語」

実行委員の石垣光一朗さん。「お客さんの歓声や子供たちの笑顔がいちばんの喜びですね」

今年から電球をLEDに変更。白熱電球と同じ色を出すため、業者と4年間にわたり折衝を続けたそう

実行委員会のメンバーは、毎年夏前からページェント開催のための会議を繰り返している

「鉄板ダイニング 誉」の特等席は定禅寺通を望む窓際。クリスマスシーズンはなるべく早めの予約を

ワイン、地酒、焼酎など、お酒も豊富。定禅寺通の中でも静かな立地なので、大人の時間が楽しめる

看板メニューのひとつ、日高見牛フィレステーキフォアグラのせトリュフソース(単品)4800円

ガネッシュの缶入り紅茶はおみやげにぴったり。アッサム(小)1365円、ダージリン(小)1522円

レトロな車両デザインがかわいいるーぷる。茶色の車両は、旧仙台市電をイメージしたものだとか

「バスを降りずにぐるっと1周するのも楽しいですよ」と、るーぷる仙台の女性乗務員・菅井さん

政宗公の騎馬像が立つ仙台城跡の本丸跡から市内を一望。空が広くて気持ちいい!

縁結びにご利益のある野中神社。良縁成就を願って、手作りの縁結びストラップをおみやげに購入

杉木立の参道が美しい大崎八幡宮。お正月には多くの初詣客が訪れ、多くの市民に親しまれている

ライターOの旅だより

  • 光のページェント実行委員会では、市民の人たちによりイベントを身近に感じてほしいと今年から「ひかっぺ応援団」を発足。募金でもらえるメンバー専用のIDを使ってホームページにアクセスすると、バーチャルページェントマップに自分のイルミネーションが灯る仕組みになっているのです。募金活動はまだ始まったばかりですが、順調なすべり出しとのこと。全国随一の美しさを誇るイルミネーションイベントを支えているのは、こうした地元の人たちのあったかい気持ちなんですね(ライターO)

vol23

Vol.23  仙台で巡ったスポット

2010 SENDAI光のページェント

  • 2010 SENDAI光のページェント
  • 仙台市中心部を走る定禅寺通をメイン会場として開催される、日本最大級の屋外イルミネーションイベント。約55万球のLEDライトが作りだす幻想的な光の回廊は、仙台の冬の風物詩として親しまれている。実施期間中は大学生によるイベントや出店ブースもあり、ひと味違った仙台の魅力を味わうことができそう。
  • TEL.022-261-6515(SENDAI光のページェント実行委員会)
  • 開催期間/12月3~31日 点灯時間/17:30~23:00(12月31日のみ~24:00)
  • スターライトウインク(再点灯)は18:00、19:00、20:00
  • 開催場所/定禅寺通(東二番丁通~市民会館前) http://www.sendaihikape.jp/

光のページェントのもうひとつの楽しみ方。ようこそ光があふれる特等席へ

ガネッシュ・ティールーム 定禅寺通店
がねっしゅてぃーるーむ

ガネッシュ・ティールーム 定禅寺通店

仙台を代表する紅茶の名店で、ページェント開催期間中は、光の葉をイメージし、自慢のダージリンティーに金箔を浮かべた特製紅茶を味わうことができる。期間中はゆっくりイルミネーションを楽しんでほしいという想いから、営業時間を2時間延長。香り高い紅茶を片手に、幻想的な光の回廊に酔いしれよう。

  • TEL.022-263-2467 
  • 宮城県仙台市青葉区国分町3-3-3第3菊水ビル2F 
  • 営業時間/11:00~20:00(ページェント開催期間中は22:00まで) 無休
  • アクセス/地下鉄勾当台公園駅より徒歩2分
  • http://www.ganesh.co.jp/

鉄板ダイニング 誉 定禅寺通店
てっぱんダイニング たか

鉄板ダイニング 誉 定禅寺通店

仙台牛や三陸沖で上がった魚介類など、地元の食材を使った鉄板焼コースが味わえるお店。看板メニューは、宮城県特産の日高見牛フィレステーキにフォアグラのソテーをのせ、黒トリュフソースで仕上げた1品。柔らかな肉質の日高見牛に、フォアグラと香り豊かなソースがからみ、特別な夜にふさわしい贅沢な味わいが楽しめる。

  • TEL.022-214-4777
  • 宮城県仙台市青葉区春日町1-5SKビル4F
  • 営業時間11:30~14:00(13:30LO) 17:30~翌2:00(翌1:00LO) 無休
  • アクセス/地下鉄勾当台公園駅より徒歩5分
  • ※12月はコースメニューのみ。4500円
  • http://t-taka.com/

るーぷる仙台
るーぷるせんだい

るーぷる仙台

瑞鳳殿、仙台市博物館、仙台城跡、定禅寺通と市内の定番観光地をめぐるレトロなループバス。1日乗車券があればどこからでも乗り降り自由なので、気の向くままに観光できるのが楽しい。ページェント開催期間中は、夜間の臨時バスを運行。光のシャワーの中をバスで走るという、ひと味違う楽しみ方もできる。

  • TEL.022-222-2256(仙台市交通局案内センター)
  • 運行時間/9:00~16:00(平日は20分間隔、土・日・祝と8月は15分間隔で運行)
  • 運賃/1回250円、1日乗車券600円

るーぷるに乗るとこんなところにも行けるよ

野中神社

野中神社
のなかじんじゃ

サンモール一番町の南側、ビルに囲まれた路地の奥にたたずむ古社。伊達政宗公が仙台開府の際、町割りに使った縄を埋めて祀った場所と伝えられ、縁結びと商売繁盛の神様として親しまれている。

  • TEL.022-227-4851(サンモール一番町商店街振興組合) 
  • 宮城県仙台市青葉区一番町2-7-18
  • アクセス/バス停 青葉通一番町より徒歩5分
仙台城跡

仙台城跡
せんだいじょうあと

緑豊かな青葉山に、仙台藩主・伊達政宗公が築いた居城跡。建物の多くは戦火で失われたが、大手門の脇櫓や本丸跡の石垣が再建されている。仙台の街を見守るように建つ政宗公の騎馬像も有名。

  • TEL.022-227-7077(青葉城資料展示館) 宮城県仙台市青葉区川内
  • アクセス/バス停 仙台城跡よりすぐ
大崎八幡宮

大崎八幡宮
おおさきはちまんぐう

伊達家第一の守護神社、仙台の総鎮守として1607年に政宗公が造営。杉木立に囲まれた境内にたたずむ華麗な社殿は、桃山建築の様式を今に伝える貴重な遺構として国宝に指定されている。

  • TEL.022-234-3606 宮城県仙台市青葉区八幡4-6-1
  • アクセス/バス停 大崎八幡宮前よりすぐ
三瀧山不動院

三瀧山不動院
みたきさんふどういん

買い物客でにぎわうクリスロード商店街の中にあり、商売繁盛や開運の神様として知られる仙台四郎が祀られていることで有名。仲見世では、仙台四郎グッズも販売している。

  • TEL.022-221-3056 宮城県仙台市青葉区中央2-5-7
  • アクセス/バス停 地下鉄広瀬通駅より徒歩5分
  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

今から24年前に市民ボランティアたちの手で始まった日本最大級の屋外イルミネーションイベント「SENDAI光のページェント」。冬の仙台をもっと美しく、華やかに・・・。当時の人々の想いは時を経てもなお、ケヤキ並木を彩る光の中に輝いている。光に包まれた街の幻想的な夜をぜひ!(P131~135)

もっと詳しく

backnumber

撮影/瀬尾直道  取材・文/小川尚子