オズモール 女性・OLのための情報サイト



女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


三重県伊勢市・志摩市と体を癒す冬の伊勢志摩へ

2011.01

ここは神様も愛した美しい国

いにしえの時代から人々に慕われる日本人の心のふるさと・伊勢神宮。夕陽に染まるリアス式海岸と良質な天然温泉、温暖な気候がもたらす豊かな食文化・・・。かつて天照大御神も愛した「美し国」は心と体を癒すパワーに満ちている

vol25

  • その土地で感じた丁寧さ

  • 伊勢神宮では年間1500以上もの祭事が執り行われているが、その中で最も大きな祭事といえば「式年遷宮」。これは20年に一度、神宮の社殿を新しく整えて御神体を遷し、殿内の御装束や宝物を新調することで、およそ1300年前に始まって以来、古式のままに続いているのだそう。昔も今も変わらない日本人の憧れの聖地を歩いていると、心が穏やかなパワーで満ちてくるから不思議。お伊勢参りの後は、足を延ばして志摩へ。夕陽に染まる美しい英虞湾を眺めながら、良質な天然温泉でゆっくり心身を癒して。

三重県伊勢市を巡りました

拡大する

伊勢神宮の外宮にて。やわらかな朝陽が射し込む参道を歩いていると、次第に心が穏やかに

拡大する

「式年遷宮」に向けて、架け替えられたばかりの風日祈宮橋から眺める五十鈴川

拡大する

かつて天照大御神が天の岩戸からお出ましになるよう手助けをしたとされる神鶏。内宮にて

拡大する

豊受大御神の荒御魂を祀る外宮の第一別宮・多賀宮へと続く石段。周囲には自然のままの森が残る

拡大する

おかげ横丁では、おかげ参りをテーマにした紙芝居も毎日のように上演されている

拡大する

散策中に見つけた「団五郎茶屋」では、握りたての温かいおにぎりが何よりのごちそう

拡大する

風味豊かな大納言小豆に、焼きたてのお餅を浮かべた赤福ぜんざい500円もおかげ横丁の名物

拡大する

お香専門店「くつろぎや」で、「五十鈴川 みず」など伊勢らしいネーミングのオリジナルお香を発見

拡大する

「おみやげや」で見つけたおかげ犬みくじ300円。陶器製で、中にはおみくじが入っている

拡大する

賢島宝生苑の庭園露天風呂「夕なぎの湯」。冬場は正面に夕陽が落ち英虞湾が一望できる

拡大する

露天風呂同様、開放感あふれる内風呂。天井まで届く窓の向こうに英虞湾の穏やかな風景が広がる

拡大する

「華陽棟」でいただける夕食の一例。旬の伊勢エビの姿造り、カンパチ、天然鯛、平目などのお造り

拡大する

ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩には、こんな木の香りに包まれたコテージタイプの客室も

拡大する

夕陽の名所として知られる伊雑ノ浦を見下ろす、ホテル志摩スペイン村「ひまわりの湯」の露天風呂

拡大する

ピンクを基調とした調度品で彩られた「セビリア」は、女性にいちばん人気の客室だそう

ライターOの旅だより

  • 伊勢神宮の取材で驚いたのが、神様にお供えするお米や野菜、塩などを職員の方々が手作りしているということ。実は神宮の森では檜の植林もしていて、次回の式年遷宮にはその一部が使われるそう。ちなみに一度解体された木材はほかの神社の建て替えや災害の復旧時のために使われ、切れ端のひとつまで大事に再利用されるのだとか。神を敬い、自然との関わりを大切にする。伊勢神宮には、古きよき日本人の心がそのまま残されているのですね(ライターO)

Vol25

Vol.25  三重県伊勢市で巡ったスポット

伊勢神宮(いせじんぐう)

  • spot01
  • 伊勢神宮(いせじんぐう)
  • 古くから「お伊勢さん」と親しみを込めて呼ばれる伊勢神宮は、単に「神宮」というのが正式名称。天照大御神を祀る皇大神宮(内宮)と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮(外宮)をはじめとする125の宮社の総称で、日本各地にあるすべての神社の本宗とされている。平成25年(2013年)に行われる第62回目の式年遷宮の準備はすでに始まっており、今後ますます注目が集まりそう。
  • 問い合わせ/TEL.0596-24-1111(神宮司庁)
  • 内宮/三重県伊勢市宇治館町1 外宮/三重県伊勢市豊川町279 参拝時間/1・2月5:00~17:30 3・4・9・10月~18:00 5~8月4:00~19:00 11・12月5:00~17:00 無休 拝観料/なし アクセス/内宮:近鉄宇治山田駅より三重交通バスで約20分、内宮前下車すぐ 外宮:近鉄伊勢市駅より徒歩5分
  • http://www.isejingu.or.jp/

おかげ横丁(おかげよこちょう)

  • spot02
  • おかげ横丁(おかげよこちょう)
  • 伊勢神宮内宮門前町の中ほどに、江戸末期から明治初期の代表的な建築物を移築・再現。およそ2700坪の敷地内に伊勢志摩ならではの味処やおみやげ屋が50軒以上並ぶほか、おかげ参りの様子を再現した歴史館「おかげ座」や紙芝居の上演、神恩太鼓の演奏などもあり、古くから多くの参拝者でにぎわった伊勢の歴史や人情を丸ごと体感できる。
  • 問い合わせ/TEL.0596-23-8838(おかげ横丁総合案内)
  • 三重県伊勢市宇治中之切町52 営業時間/11~2月9:30~17:00 3~6・10月~17:30 7~9月~18:00 ※一部飲食店延長あり・繁盛期は特別設定 無休
  • アクセス/近鉄宇治山田駅より三重交通バスで約15分、神宮会館前下車すぐ
  • http://www.okageyokocho.co.jp/

賢島宝生苑(かしこじまほうじょうえん)

  • spot03
  • 賢島宝生苑(かしこじまほうじょうえん)
  • リアス式海岸が美しい英虞湾に面した和風旅館。庭園露天風呂はもちろん、すべての客室からも心洗われる英虞湾の海景が一望でき、大自然と一体になったような気分に浸れる。館内で最も高い建物の「華陽棟」なら、すぐ近くの港であがった新鮮な海の幸を客室にいながら味わうことも。折しも冬場は、特産の伊勢エビが1年でいちばんおいしい時期。とろけるような濃厚な甘みとプリプリとした食感・・・本場だからこその贅沢を楽しんで。
  • 問い合わせ/TEL.0599-43-3111
  • 三重県志摩市阿児町賢島 通常料金/2名1室1人15000円(1泊2食付)~ チェック/IN15:00、OUT10:00 アクセス/近鉄賢島駅より無料マイクロバスで約3分
  • http://www.hojoen.com/

ホテル近鉄 アクアヴィラ伊勢志摩(アクアヴィラいせしま)

  • spot04
  • ホテル近鉄
    アクアヴィラ伊勢志摩(アクアヴィラいせしま)
  • 12万m2の広大な敷地に、宿泊棟や天然温泉、温水プールを完備。客室は英虞湾を望むスイートルームから森に囲まれたコテージまでと多彩で、ステイプランに合わせて選ぶことができる。和・洋・中それぞれのジャンルを極めた料理人が腕を振るう本格バイキングの夕食後は、天然温泉があふれる「ともやまの湯」での湯あみを。真珠を育む美しい海を眺めながら、とろりとやさしい肌触りのお湯に身を委ね、自然の恵みを全身で感じよう。
  • 問い合わせ/TEL.0599-73-0001
  • 三重県志摩市大王町船越3238-1 通常料金/2名1室1人17000円~(1泊2食付)~ チェック/IN14:00、OUT11:00 アクセス/近鉄賢島駅より無料送迎バスで約25分
  • http://www.miyakohotels.ne.jp/aquavilla/

ホテル志摩スペイン村(ホテルしまスペインむら)

  • spot05
  • ホテル志摩スペイン村(ホテルしまスペインむら)
  • 「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」に隣接した白亜のホテルは、アンダルシア地方の街並みがテーマ。3タイプある客室はいずれもスペインの都市をイメージしたもので、現地で買い付けた華やかな調度品で彩られている。隣接する「ひまわりの湯」は、伊勢志摩随一のアルカリ性単純泉。露天風呂はもちろん、ガラス張りの内湯からも夕陽の美しさで知られる伊雑ノ浦が一望できる。心身ともにリフレッシュしたあとは、中庭に面したレストランで本格スペイン料理をどうぞ。
  • 問い合わせ/TEL.0599-57-3511
  • 三重県志摩市磯部町坂崎 通常料金/2名1室1人16275円~(1泊朝食付)~ チェック/IN15:00、OUT11:00 アクセス/近鉄鵜方駅より直通バスで約13分
  • http://www.parque-net.com/hotel/

三重県伊勢市エリアMAP

地図はカーソルを乗せると自由に動きます。

MAPの使い方

Access

  • ●電車…JR東京駅よりJR名古屋駅まで新幹線のぞみで約1時間40分、近鉄名古屋駅より伊勢市駅もしくは宇治山田駅まで特急で約1時間25分、鵜方駅もしくは賢島駅まで特急で約2時間10分
  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

日本人を惹きつけてやまない「伊勢神宮」。神杉の間から射す木漏れ日に目を細め、玉砂利の参道を歩くとき、誰もが心が穏やかになっていくのを感じるからかも。Webには載っていない情報も楽しめ、美しい写真と文章で綴る、雑誌『オズマガジン』の旅時間もぜひ!(P113~117)

もっと詳しく

backnumber

撮影/瀬尾直道 取材・文/小川尚子