女子旅

癒しの宿にご当地グルメ、ときめきの女子旅


栃木県日光市 日本の原風景に出会う旅

2012.02

雪と灯りの、温かいハーモニー

見渡す限りの銀世界の中、かまくらで仲間と肩を寄せ合い、囲炉裏を囲んで食事を楽しむ。雪と灯りが演出する幻想的な冬祭りと心なごむ温泉宿が待つ冬の日光へ、懐かしい日本の原風景を探しにいこう

vol38

  • その土地で感じた丁寧さ

  • 寒さの中にも心温もる日本の情景を訪ねて
  • 日光市北部に位置する湯西川温泉は、深山と渓谷に囲まれた山間の秘湯。近年では近代的なホテルも増えたが、茅葺き屋根の民家や風情ある湯宿も多く、今なお隠れ里の雰囲気を色濃く残している。そんな雪深い温泉地の冬の醍醐味といえば、今年で19回目を数える恒例の「かまくら祭」。週末の夜には地元ボランティアが作り上げた無数のミニかまくらにろうそくが灯され、幻想的な雰囲気に。また街道沿いに雪だるまが並んだり、乗り降り自由のシャトルバスが運行されるなど、地域をあげてのおもてなしがうれしい。

栃木県日光市を巡りました

拡大する

「湯西川は星もきれい。かまくら祭のお客様には夜空も見てほしいです」と実行委員長の伴弘美さん

拡大する

昔ながらの茅葺き民家が残る平家集落。ここでも木・金の夜にミニかまくらの明かりが点灯する

拡大する

街道沿いに並ぶかわいい雪だるまは、商店主たちが趣向を凝らして作り上げたもの

拡大する

「本家伴久」の客室。随所に銘木や土壁が配されるなど、懐かしい雰囲気が漂う

拡大する

平家落人の生活様式を再現した「平家の里」には、素朴な茅葺き屋根の家々が立ち並ぶ

拡大する

山川の素材を使った名物囲炉裏焼き。パチパチと燃える炎の温かさや炭の香りもごちそう

拡大する

日光名水仕込みの湯波、とちぎ和牛など地の食材をふんだんに取り入れた美しい創作会席

拡大する

お客様の到着に合わせ、太鼓を鳴らしてお出迎え。これも古くから続く大切なおもてなし

拡大する

「若竹の庄」の客室。窓の外には日本の原風景を思わせる美しい田畑や山並みが広がる

拡大する

焼サバをトッピングした焼きサバピザ1200円には、八戸に伝わる辛味調味料・三升漬けをのせて

拡大する

ギャラリーカフェ「パントエ」の店頭には、毎日約30種類の焼きたてパンが並ぶ

拡大する

「宿屋伝七」で到着時にふるまわれるわらじもち。焼きたて熱々がうれしい!

拡大する

美肌の湯として知られる川治温泉。その効能の高さを聞きつけ、遠方から訪れる人も多いそう

拡大する

自然美あふれる川治温泉では、男鹿川沿いを散策するトレッキングも人気だとか

拡大する

「坂文精肉店」のコロッケは知る人ぞ知る川治名物。ご主人の穏やかな笑顔にも癒される

ライターOの旅だより

  • 今回訪れた鬼怒川・川治エリアでは、温泉地をあげてのおもてなしにも積極的。「観光業に携わる人々が中心となり、〝おもてなし向上委員会〟という組織を作って活動をしています。最近では散策中のお客様のために温泉地の40軒ほどでお茶のサービスを行う〝お茶いっぱい運動〟が好評です」と鬼怒川・川治温泉観光協会の川添莉代さん。寒さの厳しいこの時期は、1杯の温かいお茶が何よりうれしいもの。こうした思いやりこそが、ふたつの温泉地のおもてなしの原点なのかもしれません(ライターO)

vol38

Vol.38  栃木県日光市で巡ったスポット

湯西川温泉かまくら祭 ゆにしがわおんせんかまくらまつり

  • spot01
  • 湯西川温泉かまくら祭
    ゆにしがわおんせんかまくらまつり
  • 湯西川温泉の冬の風物詩として知られる雪と灯りの祭典。メイン会場には大きなかまくらが設置され、中でバーベキューが楽しめるほか、週末には河川敷に約1200個のミニかまくらが並び、幻想的な冬の夜を演出する。さらに今年はオーロラファンタジーを同時開催。かまくらの優しい灯りと、雪原に映し出される美しいオーロラの競演に期待しよう。
  • 問い合わせ/TEL.0288-98-0885(湯西川温泉旅館組合)
    開催期間/2012/1/21~3/20 会場/メイン会場沢口、湯平温泉街、平家集落

本家 伴久 ほんけ ばんきゅう

  • spot02
  • 本家 伴久
    ほんけ ばんきゅう
  • 平忠実を祖とする平家直系二十五代の老舗宿。木造の本館は全国から吟味した銘木古木で造られた風情漂う佇まいで、館内には350年の歴史を物語る調度品も数多く残されている。渓流沿いの露天風呂には、美肌の湯としても名高い源泉を贅沢にかけ流し。山鳥を骨ごと叩き、味噌や山椒と合わせて焼き上げる名物の「一升べら」をはじめ、囲炉裏端で味わう夕食も楽しみのひとつ。
  • TEL.0288-98-0011  栃木県日光市湯西川温泉749
    宿泊料金/一泊二食付き1名15000円~(2名1室の場合)
    アクセス/バス停「本家伴久前」よりすぐ
  • http://www.bankyu.co.jp/

若竹の庄 わかたけのしょう

  • spot03
  • 若竹の庄 わかたけのしょう
  • 鬼怒川温泉の中心部からやや離れた閑静な場所に佇むこちらの宿のテーマは、庄屋の温かなおもてなし。長屋門をくぐり、竹林の中庭を通って玄関に入る造りや土間を思わせる瓦敷きのロビーは、庄屋の造りにならったもの。料亭で一品一品丁寧に仕立てた夕食、中庭を望むライブラリーなど、くつろぎのための工夫も随所にちりばめられている。
  • TEL.0288-76-3000 栃木県日光市鬼怒川温泉藤原136
    宿泊料金/一泊二食付き1名15000円~(2名1室の場合)
    アクセス/東武鬼怒川公園駅より徒歩5分 ※送迎あり(要予約)
  • http://wakatakenosyou.co.jp/

ギャラリーカフェ paintoE ギャラリーカフェ パントエ

  • spot04
  • ギャラリーカフェ paintoE
    ギャラリーカフェ パントエ
  • 鬼怒川温泉駅近くに昨年オープンしたギャラリーカフェ。陽射しがさんさんと降り注ぐ明るい店内では、併設の工房で焼き上げるパンを味わいながら地元アーティストの日本画や油絵を気軽に鑑賞できる。人気は焼きたてパンを使ったボリュームたっぷりのサンドイッチ。鬼怒川サイダーや温泉ビールなどのご当地ドリンクと合わせて味わって。
  • TEL.0288-25-7445 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1407-8
    営業時間/9:00~18:00 水定休
    アクセス/東武鬼怒川温泉駅より徒歩2分

川治温泉 薬師の湯 かわじおんせん やくしのゆ

  • spot05
  • 川治温泉 薬師の湯
    かわじおんせん やくしのゆ
  • 昔から川治の人々に愛されている男鹿川沿いの日帰り温泉施設。清流のせせらぎが聞こえる半露天風呂は源泉かけ流し。無色透明のなめらかなお湯は肌に優しく、古くから「傷には川治」といわれるほど効能が高い。館内には低温サウナや貸切風呂も完備しており、思う存分湯遊びが楽しめるのもうれしい。
  • TEL.0288-78-0229 栃木県日光市川治温泉川治227
    営業時間/10:00~21:00 水定休 料金/大人500円
    アクセス/野岩鉄道川治元湯駅より徒歩15分

宿屋伝七 やどやでんしち

  • spot06
  • 宿屋伝七
    やどやでんしち
  • 男鹿川上流の平方山を望む、自然に囲まれた閑静な立地が魅力の温泉宿。大浴場は風情漂う総檜造りで、川辺にしつらえられた露天風呂からは季節ごとに移り変わる景色が美しい。到着時にふるまわれる焼きたてのわらじもち、昔懐かしい掘りごたつを配した客室など、古きよき宿屋の情緒を味わいながら、ゆったりとくつろぎたい。
  • TEL.0288-78-1126 栃木県日光市川治温泉22
    宿泊料金/一泊二食付き1名17850円~(2名1室の場合)
    アクセス/野岩鉄道川治元湯駅より送迎車で約3分
  • http://www.yadoden.co.jp/

湯西川温泉、鬼怒川・川治温泉・・・日光市への旅は、東武特急スペーシアで!

浅草・新宿・池袋から日光市まで約2時間。コンパートメント(個室)は、グループ旅行におすすめ! 東京スカイツリー®の開業に合わせて、リニューアルを実施中。車体カラーが「粋」・「雅」・「サニーコーラルオレンジ」になるほか、内装・シート・個室も一新され、より快適に。東武鉄道ホームページの特設サイト「ぷちとりっぷ」では、日光・浅草・東京スカイツリー周辺のおすすめの旅情報を掲載中!

特設サイト「ぷちとりっぷ」はこちら

東武特急スペーシア

東武トラベルでは、宿泊と東武鉄道のフリーパスがセットになったお得なプランを発売中!
お得なプランをチェック!

日光のおすすめ旅情報はこちら
日光の観光情報はこちら

栃木県日光市エリアMAP

地図はカーソルを乗せると自由に動きます。

MAPの使い方

Access

  • ●電車で・・・
  • ●車で・・・
  • OZマガジン
  • 「わたしの旅時間」はオズマガジンで好評連載中!

今年で19回目となる湯西川の「かまくら祭」。ミニかまくらにろうそくが灯されるその風景からは、地元の人々の温かさを感じることができるはず。発売中のオズマガジンでは、かまくら祭の見どころをより詳しくご紹介。ぜひチェックしてみて!(P113~117)

もっと詳しく

backnumber

取材・文/小川尚子 撮影/瀬尾直道
 

  1. オズモールTOP >
  2. 女子旅TOP >
  3. わたしの旅時間 >
  4. 【栃木県日光】日本の原風景に出会う旅
シェアする twitter|facebook|mixi