海外旅行・オーストラリア:アボリジニの聖地とアートをめぐる旅へ Australia

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


海外旅行

記事一覧



Australia オーストラリア


オーストラリアの先住民族が描くアボリジナルアートが、現代アートシーンで脚光を浴びている。
5万年も前から続く彼ら独自のライフスタイルと密接に結びついた、プリミティブで斬新な表現。
いま世界を夢中にさせるアボリジナルアートの魅力とは?

いまもっとも注目を集める大地のアートのルーツ

昨今、日本でも注目を集めるアボリジナルアート。そのはじまりは、30年以上前にさかのぼる。
オーストラリア大陸で5万年以上にわたり、自然と寄り添いながら暮らしてきたアボリジニの人々。文字を持たない彼らが、情報の記録や伝達の手段として使っていたのが絵画だ。古くは砂の上や儀式の際に体に描かれていたが、1970年代初頭にオーストラリア中央部のパパニア地域に赴任した英国人美術教師が、キャンバスに描くことを提言。それが現代アボリジナルアートの起源とされている。
現在では、アクリル絵の具で点描のように描く“ドットペインティング”と呼ばれる手法が主流。一見なんの変哲もない点や線に見えるが、実は描かれているモチーフのひとつひとつが“ドリーミング”と呼ばれる、部族間で伝承される神話や掟を意味しているのが、一般的な絵画と異なるところだ。
大地と深いかかわりを持つアボリジナルアート。その真髄にふれるため、ウルル・アリススプリングス・メルボルンを巡る旅に出かけよう。

いまもっとも注目を集める大地のアートのルーツ

Next Uluru


Information

アクセス/成田国際空港よりケアンズ国際空港まで約7時間。ケアンズ国際空港よりアリススプリングス空港まで約2時間15分、エアーズロック空港まで約2時間30分。メルボルン空港までは成田国際空港より約11時間15分

時差/アリススプリングス、ウルル+30分、メルボルン4月〜9月+1時間
10月〜3月+2時間

通貨/オーストラリアドル(AU$) 1AU$=約90.43円(2008年5月現在) 

日本からの電話のかけ方/国際電話識別番号010など+国番号 61+ 市外局番の0を 除いた相手先の電話番号


Page top

※この特集は「オズマガジン」2008/5/12発売号「私だけの楽園へ」に掲載したものを再構成しています。現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。 撮影/木村三春 取材・文/小川尚子 協力/オーストラリア政府観光局ノーザン・テリトリー政府観光局ビクトリア州政府観光局

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社