OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



開港の歴史を感じる横浜おでかけプラン

2009年に開港150周年を迎える横浜には、昔ながらの風情ある街並みが残っている。
レトロな建物、港町を感じるショップ、どこか懐かしいお菓子を買えるケーキ屋さんなど・・・。
異国の風を感じる横浜デートにでかけてみない?

  • デートプラン
  • 開国博Y150

待ち合わせ

神奈川県庁本庁舎[日本大通り]

3塔が見渡せる場所を巡りふたりの永遠の愛を願おう

神奈川県庁本庁舎[日本大通り]
(キング、ジャック、クイーンの3塔巡り)

歴史的建造物が建つ日本大通エリアは、まるでヨーロッパのような風情溢れる町並み。ここでは横浜のシンボル的な3塔、神奈川県庁本庁舎(通称キング)、横浜市開港記念会館(通称ジャック)、横浜税関本関庁舎(通称クイーン)を見学し、レトロモダンな世界に心ときめかせて。実は、横浜にはこの3塔を同時に見渡せる場所が3カ所あるそう。そのすべてを巡ると願いが叶うというウワサが! 恋人同士で発見すればさらに愛が深まるかも!?

  • 神奈川県庁本庁舎(通称キング)
    神奈川県横浜市中区日本大通1 TEL.045-210-2620
  • 横浜市開港記念会館(通称ジャック)
    神奈川県横浜市中区本町1-6 TEL.045-201-0708
  • 横浜税関本関庁舎(通称クイーン)
    神奈川県横浜市中区海岸通1-1 TEL.045-212-6053

【1】
屋上展望台の眺めが素晴らしいキング
【2】
毎月15日に一般公開を行っているジャックは、夜のライトアップも美しい
【3】
イスラム寺院を彷彿させるクイーンは1F資料展示室を見学できる

▲ページのトップへ

ランチ・カフェ

生演奏を優雅に聞きつつフレンチベースの欧州料理を堪能

アルテリーベ[日本大通り]

日本大通の銀杏並木沿いを歩いていると現れる石造りの瀟洒な建物。扉を開けると、中にはウィーンの芸術様式で統一されたエレガントな雰囲気のレストランが。いただけるのは、現代風にアレンジされたフレンチベースの欧州料理。野菜、フルーツ、旬の魚を大胆に組み合わせた色とりどりの豪華なランチコースは恋人たちのアニバーサリーにぴったり。木漏れ日がふりそそぐ明るい店内で、ピアノの生演奏に耳を傾け、美食に酔いしれて。

  • 神奈川県横浜市中区日本大通り11情報文化センター1F
  • TEL.045-222-3346
  • 営業時間/11:30〜14:00(LO) 17:30〜22:00(LO)
    月定休(祝の場合は営業)

【1】
素材の良さを追求した4皿のランチコースは
OZのプレミアム予約で3800円
【2】
旬のフルーツを使ったデザートも
【3】
お店は旧商工奨励館の中に
【4】
ソファ席もある店内で音楽を聞きながら食事を
アルテリーベ[日本大通り]

▲ページのトップへ

見る

RISING SUN[海岸通り]

英国のユーズドアイテムを宝物探し気分でお買物

RISING SUN[海岸通り]

ユニオン・ジャックをモチーフにした看板がお店の目印。細い階段を下りると、映画のワンシーンのような味わいのあるアンティークショップが現れる。店内に並んでいるのは1950〜1970年代の英国の古着やアクセサリーの数々。ユーズドならではの生地の風合いを残しつつもどれも状態がいいのが魅力的。洋服や服飾小物はポップなものからビンテージものまで幅広いラインアップ。異国情緒溢れる横浜で昔の薫りに触れられる1軒。

  • 神奈川県横浜市中区海岸通1-1海洋会館B1F
  • TEL.045-681-1433
  • 営業時間/12:00〜20:00 火・日〜19:00
    月定休(祝の場合は営業)

【1】
場所は、レンガ造りの海洋会館の地下
【2】
ウールやフェルトのハット各12600円も人気
【3】
美しいコスチュームアクセサリーも。20000円〜
【4】
女性向け、男性向けそれぞれのアイテムが豊富に揃う

復元された船内13カ所を船旅気分で見学しよう

日本郵船氷川丸[山下町]

1930〜1960年、日米を結ぶ貨客船として活躍した氷川丸。横浜港に堂々と停泊するその姿を山下公園から眺めるだけでも圧巻だが、当時の姿に改修された船内を見学するのもオススメ。卓上の食事や周囲の喧騒も再現された一等食堂や、遊具が置かれた一等児童室などを見て周れば、当時の船旅を疑似体験できるはず。復元された客室の窓やデッキから青く広がる海を眺めれば、時空を超え、当時の人々とともに航海をしている気分に!

  • 神奈川県横浜市中区山下町山下公園地先
  • TEL.045-641-4362
  • 月定休(祝の場合翌休、ほか臨時休館あり)
  • 入場料(一般)200円

【1】
横浜港のシンボル・氷川丸は2008年に船内を航海当時の姿に復元
【2】
一等児童室でかわいい絵を発見!
【3】
米国製のベッドが設けられた豪華な一等客室
【4】
アールデコ様式の一等食堂
日本郵船 氷川丸[山下町]

▲ページのトップへ

ランチ、カフェ

HOTEL NEW GRAND[山下町]

80年の時を刻むホテルで格式ある空間に酔いしれて

HOTEL NEW GRAND[山下町]

1927年に誕生して以来、マッカーサー元師をはじめ数々の世界のVIPを魅了してきたクラシックホテル。重厚感ある家具や柱、彫刻など開港当時と変わらない姿で静かに時を刻んでいるロビーに一歩足を踏み込むと、今にも昔の賑わいが聞こえてきそう。フランスの料理会の父と呼ばれた初代総料理町が誕生させたドリアや将校婦人が愛したデザートなどをいただける「The CAFÉ」で足を休めれば、80年の歴史をちょっぴり肌で感じられるはす。

  • 神奈川県横浜市中区山下町10 TEL.045-681-1841

【1】
重厚感ある柱と横浜家具が印象的な本館2階のロビー
【2】
噴水を中央に配した格調高いパティオ
【3】
The CAFÉでいただけるプリン ア ラ モード997円
【4】
幾人もの賓客を招いてきた本館の玄関

【8800円のプレミアムステイ】

▲ページのトップへ

買う

開港当時の味を守り続ける懐かしいケーキでホッとひと息

喜久家洋菓子舗[元町]

レトロで見た目もかわいい洋菓子は、1924年の創業当時から定番人気のものばかり。初代が作り出したヨーロッパ仕込みの味を守り続けているから、3世代にわたり愛し続けているファンもいるほど。中でもラム酒をスポンジになじませ、チョコレートをかけて作る濃厚なラムボールは一番人気。どれも素朴でシンプルだからこそ、病みつきになる味わい。かわいいバラ柄の箱に入れてもらい、元町みやげに買って帰っては?

  • 神奈川県横浜市中区元町2-86
  • TEL.045-641-0545
  • 営業/10:00〜19:45 月・不定休

【1】
素朴な味わいのレモンケーキ270円
【2】
ケーキは店内奥の席でもいただける
【3】
ラム酒がたっぷり染み込んだラムボール1個230円は
元町みやげの定番
【4】
ラムボールには芳醇なマイヤーズラムを使用
喜久家洋菓子舗[元町]

フクゾー洋品店[元町]

横浜三大ブランドのひとつ。アトリエ併設の本店を訪ねて

フクゾー洋品店[元町]

1970年代後半に、キタムラ、ミハマと並ぶ横浜三大ブランドとして「ハマトラブーム」を巻き起こしたカジュアルブランドが「フクゾー」。染色、裁断、縫製まで一貫したオリジナルというこだわりから、その着心地の良さにファンが絶えない。元町にある本店では、2階のアトリエで裁断、縫製を行っている。トレードマークのタツノオトシゴが入ったソックスやワンピース、タオルなどの洗練された風合いを手にとって実感して。

  • 神奈川県横浜市中区元町3-127
  • TEL.045-651-2801
  • 営業/10:30〜19:00 月定休(祝の場合営業)

【1】
創業は1946年
【2】
人気のキャンパス地のトートバック(小)3150円
【3】
2Fのアトリエで、裁断から仕上げまですべてを行っている
【4】
トリコロールカラーなどのベルトは全5種類。ロングは2940円

▲ページのトップへ

横浜エリアで食・泊・美を磨く

  • 食:ランチ
  • 食:ディナー
  • 食:飲み会
  • 美:リラクゼーションサロン
  • 美:ホテルスパ
  • 泊:ホテル

▲ページのトップへ

デートプラン | 開国博Y150

構成・文/高橋瑞穂


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社