フラワーバレンタインって!?気持ちが伝わる特別ディナーを

オズモールのレストラン予約営業担当として、東京の名店を牽引するシェフたちと日々接する田村が、間近に迫ったバレンタインデートにぴったりなディナーをご紹介します!
恋人たちの一大イベントであるバレンタインも、付き合いが長くなると同じものになりがち・・・。そんな私たち悩める女性のために、5人のシェフに特別プランを作ってもらったのがこの企画。「マンネリ化を打破したい」などの悩みを抱いてる方は必見ですよ

更新日:2018/02/02

フラワーバレンタインとは?

2月14日のバレンタインデーといえば、日本では女性から男性にチョコレートを贈ることが一般的。しかし、欧米では男性から女性に花を贈る日とされています。そんな世界的に定着しているこの習慣を根付かせようと、日本でも全国各地でいろんな取り組みがなされています。オズモールでは、「フラワーバレンタイン(※)」にちなんで、フレンチの先駆者から創作料理の名手まで、東京を代表する5人のシェフに“花”をテーマとした、特別なディナーコースを用意してもらいました。2人で楽しさを共有できるバレンタインディナーはこちら。

※「フラワーバレンタイン」とは、一般社団法人 花の国日本協議会が提唱しているプロジェクト

OZmallで予約ができるフラワーバレンタインディナー

この世でひとつだけの花束を添えて、最高の思い出に

1986年から続くイタリアンのお店であり、数々の名シェフを輩出してきたリストランテ山崎。オーナーである山崎さんを筆頭に“本物のイタリア料理と大人がくつろげる空間”をコンセプトに多くのファンを魅了しています。

高級レストランが初めての方でも、気軽に楽しめるように実現されたのが、今回のバレンタイン特別ディナー。コースは前菜からリゾット、メインなど全5皿の構成となっていて、6代目となる矢島シェフが花の香りや形、その風景などもイメージが浮かぶお料理を創りだしてくれます。

最大のポイントは、ドルチェのモンテビアンコ。モンテビアンコとはイタリアで「白いモンブラン」を意味するデザート。周りにメレンゲを添えて、まるで白いユリの花を連想させる1品ですが、実は完成したのは撮影当日! 悩みに悩んで導き出された美しいデザートを、五感で楽しんでください。
さらに、コースの最後には花束のプレゼントも。手掛けるのはファッションブランドや数々のメディアで活躍するフラワーアーティスト松島理恵子さん。相手のイメージに合わせて創りあげる世界に1つだけの贈物は、男性から女性へのバレンタインとしてもおすすめですよ!

Ristorante YAMAZAKI(乃木坂/イタリアン)

▼プラン内容
アミューズ、前菜2皿、リゾット、メイン、ドルチェ
1組につき1束の花束をプレゼント

▼価格
1名15000円(税込・サ別)
+7000円で1人4杯ずつのペアリング付き

▼レストラン情報
住所:東京都港区南青山1-22-10 WEST青山ガーデン2F
アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」5番出口より徒歩3分
営業時間:[昼]11:30~14:00(LO) [夜]18:00~21:00(LO)

その日のベストな食材で創り上げるフラワーコース

乃木坂の住宅街に潜むレストランLyLa(ライラ)。国内外の名店で技術を磨いてきた成清シェフが、その日仕入れた食材を使ってコースを組み立てていくレストランです。ゆったり過ごせるようにとシックにまとめられ、まさに大人のカップルにぴったり!

今回、注目するのは前菜とデザートの2品。まず1品目の前菜には、カルパッチョを。大分県「くにさきOYSTER」の牡蠣と仔牛の上に飾られた花々はまるで花のブーケのよう。何種類もの香草で作られたソースと絡めれば、ミルキーさと香草の香り、苦味を一緒に味わうことができます。
デザートには、味も香りも絶妙なバラとチョコレートで織りなすクレームショコラ。散りばめたバラには、EDIBLE GARDENの食用花ブランド「さ姫」と「アップルロゼ」の2種類を使用しているのだそう。普段あまり味わうことのない高級食用花に注目です。

毎日のようにお料理内容が変わっていくのがライラのスタイル。成清シェフの経験とアイディアによって日々変化する料理はその日しか味わえないので、特別なバレンタインを過ごすのにおすすめです。当日は、コースの中にちょっとした仕掛けを考えているそうなので、シェフの遊び心満載の料理から目が離せません。

LyLa(ライラ)
乃木坂/フレンチ

▼プラン内容
アミューズ、前菜、魚料理、肉料理、デザートなど全10皿前後
※皿数は当日の仕入れ状況によって異なります

▼価格
1名15206円(税・サ込)

▼レストラン情報
住所:東京都港区赤坂7-5-34 インペリアル赤坂フォーラム1F
アクセス:東京メトロ千代田線「乃木坂駅」1番出口より徒歩7分、東京メトロ銀座線、半蔵門線、都営大江戸線「青山一丁目駅」4番南出口より徒歩8分、千代田線「赤坂駅」7番出口より徒歩9分
営業時間:[昼]12:00~14:00(LO) [夜]18:30~21:00(LO)

ロゼの泡で始まり、バラのデセールで晩餐の幕を引く

麻布十番にお店を構えるレストラングリグリ。フランスの星付きレストランで修業を積んだのち、名古屋でオープンしたのが始まり。本場フランスで培った発想や技術を駆使し、ゲストに感動と喜びを与えてくれるお店です。こちらで味わえるのは、アミューズ、前菜、魚・肉のWメインにデザートがついたコース。お店の人気コースにロゼのシャンパンと特別なデザートをプラスしていただきました。

「大人のデザートを楽しんでもらえたら」と話す伊藤シェフが創るのは、ガーナ産のチョコレートの上にアイス、糸飴、バラの花びらをあしらったスイーツ。ほんのり香るローズがエッセンスとなり、酸味のあるチョコレートの味を引き立てます。蓋をしているカカオニブのチュイルは、崩して食べるのがポイント。口の中でパイ生地風味のアイスとひとつになり、苦みと調和された甘さが絶妙です。

コースの最後には伊藤シェフからかわいらしい箱のプレゼントも! なんと、中に入っているチョコレートは自家製だそう。ベトナム産のカカオを取り寄せ、皮を剥くところから始めるというから驚きですよね。
レストランに入るとお城のようなキュートな空間が待っているので、甘くてちょっぴり苦い大人の時間を過ごしたい方におすすめです。

Restaurant gri-gri(グリグリ)(麻布十番/フレンチ)

▼プラン内容
乾杯シャンパン(ロゼ1人1杯)+アミューズ2皿、前菜3皿、魚・肉Wメイン、デザート2皿、プチフール

▼価格
1名12500円(税・サ込)

▼レストラン情報
住所:東京都港区元麻布3-10-2 VENT VERT2F
アクセス:東京メトロ南北線、都営大江戸線「麻布十番駅」より徒歩6分
営業時間:[昼]12:00~15:00(13:30LO) [夜]18:30~23:30(21:00LO)

バラとチョコレートで織りなす大人のデザート

数々の名店で腕を磨いた下野昌平さんがオーナーシェフを務めるア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー。日本を代表する広尾の名フレンチです。非日常の空間の中に「ありのまま」の自分を見つけて欲しいと、日々挑戦し続ける下野シェフ。そんなシェフが、こだわりの食材を取り入れつつ組み立てる「ムニュ ソロ」のコースに、パティシエを務める小野さんが特別デザートを考案してくれました。

この、「バラ×チョコレート」をテーマに作り上げたスイーツはとにかく絶品! まずは、本場フランスのスイーツを目指したいと食感にこだわった、2種類のチョコレートを。酸味のある大人の味わいですが、カシスマスタードのアイスを絡めれば甘味のあるデザートに早変わり。一度に様々な味が楽しめるので、甘いものが苦手な男性でも飽きずに楽しめるはず。

コースの最後には、かわいいピンクのマカロンが登場! バラの酸味と甘みの絶妙なバランスを追及したというシェフこだわりの1品です。意外にもワインとのマリアージュも抜群なのだそう。その日の気分の気分に合わせて飲み物を選んでみるのも楽しいですよ。

ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー(広尾/フレンチ)

▼プラン内容
アミューズ、前菜3皿、魚・肉Wメイン、デザート、プチフール

▼価格
1名14850円(税・サ込)

▼レストラン情報
住所:東京都渋谷区広尾5-19-4 SR広尾ビル1F
アクセス:東京メトロ日比谷線「広尾駅」2番出口より徒歩5分
営業時間:[昼]11:30~15:00(13:30LO) [夜]18:00~23:00(21:00LO)

バレンタインの特別メニューはバラを添えた絶品の鴨肉

最後にご紹介するのは、話題のGINZA SIXの13階に構えるロムデュタン シニエ ア・ニュ。先ほど紹介した「ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー」の姉妹店であり、スーシェフとして下野シェフを支えてきた簑原祐一さんがシェフを務めています。普段はプリフィックスのコースですが、バレンタインディナーにはシェフおまかせの全8皿コースが登場。昨年、ついに解禁された名門ビュルゴー家のシャラン鴨を贅沢にもコースのメインとしていただけるのです。

バラは沖縄県石垣島の庚申薔薇をチョイス。庚申薔薇の優しい香りと風味はシャラン鴨のもつ強い風味と相性ぴったり! 「バラと鴨だけで味わってもらいたい」と、あえてソースは脇に添えているのだそう。そんな想いを汲みとりながら、最初のひと口はしっかり素材の味を堪能してください。ふた口目は、お待ちかねシャラン鴨の肝と赤ワインで作られたルーアン風のソースと絡めていただきましょう。美しい花で彩られた逸品に心奪われること間違いなしです。

GINZA SIXといえば、今まさにホットなスポット。人気商業施設で落ち着いた大人のバレンタインを過ごしてみては?

ロムデュタン シニエ ア・ニュ(銀座/フレンチ)

▼プラン内容
エクレア、アミューズ、前菜、メイン、デザートなど全8皿前後
※皿数は当日の仕入れ状況によって異なります

▼価格
1名15444円(税・サ込)

▼レストラン情報
住所:東京都中央区銀座6-10 GINZA SIX
アクセス:東京メトロ銀座線、日比谷線、丸ノ内線「銀座駅」A3出口より徒歩2分
営業時間:[昼]11:00~15:00(13:00LO) [夜]17:30~23:30(20:30LO)

5つの個性あふれるレストランをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。独自のアイディアで創られたバレンタインディナーは特別な日を過ごすのにはぴったりです。ちょっと予算オーバーかも・・・なんて方は彼氏や旦那さんにおねだりしてみるのもアリ。男性の方も、気になる女性がいるのであればこの機会にレストランでの食事を誘ってみてはいかがでしょうか。皆さんのバレンタインが素敵な思い出となりますように!

  • LINEで送る

TOP