カジュアル過ぎず、堅過ぎず、がちょうどいい。1.5次会ウェディング

更新日:2018/01/30

「1.5次会」とは、リゾート婚など、家族や親せき中心の挙式を済ませた後、お披露目をかねて開催するパーティを指すことが多いが、実は明確な定義はない。ポイントは、
(1)通常の披露宴よりもカジュアル。でも、二次会ほど砕け過ぎない
(2)ゲストは友人中心
(3)ご祝儀制ではなく会費制がほとんど
という3つ。リゾート婚の人気が増えつつある昨今、カジュアル過ぎず堅過ぎない「1.5次会」形式のウェディングもじわじわと浸透してきているみたい。

1.5次会ができる東京都内のウェディング会場

なかには、1.5次会向けのパッケージプランを用意していたり、相談会を実施している会場も。気になる会場を見つけたら、まずはブライダルフェアへ行ってプランナーに相談してみよう

THE LANDMARK SQUARE/品川

品川駅から徒歩1分で、遠方からのゲストも安心なウエディングステージ。自然光が降り注ぐチャペルの横には広大な緑のガーデンが広がり、開放感あふれるセレモニーがかなう。パーティは、高層階にある雰囲気の異なる5つのバンケットからセレクトできる。都会の絶景を見渡しながら、ゲストと特別な1日を過ごして。

オーベルジュ・ド・リル トーキョー/六本木

西麻布の閑静な住宅街に佇む、優雅な一軒家「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」。1日1組の貸し切りだから、ゆったり落ち着いて過ごせるのが魅力。また、三ツ星に輝く極上の料理は大切なゲストへの最高のおもてなし。大人な2人にぴったりの上質なウェディングがかなう。

リビエラ青山/外苑前

外苑前駅から徒歩3分、憧れの表参道エリアにありながら、緑に包まれた洗練空間が広がる「リビエラ青山」。厳選素材を使用した美食でのおもてなしは、料理にこだわる大人カップルからも好評。「どんな要望にもNOとは言わない」をポリシーにしたスタッフと共に、世界でひとつのウェディングを創りあげて。

【プチコラム】 1.5次会の“およばれ”マナー

お呼ばれされる側にとって、おそらくいちばんの悩みのタネは「服装」では? 1.5次会の場合、服装マナーは通常の披露宴と同様で大丈夫。逆に、二次会のようにカジュアルすぎる装いでは浮いてしまうこともあるので気を付けよう。さらに、パーティが立食形式の場合、立ちっぱなしでも疲れないよう足元は履きなれた靴が無難。バッグはチェーン付きのものだと料理を取るとき邪魔にならないのでおすすめ。

>>「結婚式のおよばれマナー」をもっと読む

  • LINEで送る

TOP