オズモール 女性・OLのための情報サイト



    オズモールTOP> 震災後に、ダンナ様の見方は変わった 花嫁のホンネ【51】
You need to upgrade your Flash Player

OZ子のホンネ調査 みんなの投票結果は?

Q:震災後に、ダンナ様の見方は変わった

3月11日に起こった東日本大震災をきっかけに、未婚女子の結婚願望が上がったなんてニュースもあるけど、先輩花嫁たちはどう思ってるの? 震災後に、ダンナ様の見方が変わったのか聞いてみました!

【変わった】


  • 多少のことが起きても動じないことに気付き、見直した(ayaaya54さん)

  • 震災後、私の宮城の実家へすぐ物資を運んでくれたり、今後の震災対策を率先して考えて備えてくれたりと、今まで以上に頼もしくなった(チルケイさん)

  • お互いにいちばん最初に安否確認をしようとする相手=人生パートナーであることを再認識した(cucciさん)

  • 今までは頼りなかったのに、余震が続いて常にビクビクしていたとき「大丈夫!」と言ったり、揺れるとすぐに私と子供を守ってくれた(kajikaji21さん)

  • 直前までケンカばかりだったけれど、地震の日に連絡が取れなくなってしまい、不安でたまらなくなった。無事に帰宅したときに「生きてくれてるだけでいい」と思えるようになった(ヨナグニまやさん)

  • 自分がネガティブ思考なので、ポジティブ思考の夫が羨ましく思うようになった。2人を足してちょうどバランスがとれていると思うようになった(さこたんさん)

  • 震災の翌日、朝から開店前のホームセンターに並んで防災グッズを揃えたり、車のガソリンを満タンに入れてきてた姿を見て、心強く思うようになった(ちぼりさん)

  • 以前から大切な存在でしたが、その想いが更に強くなりました。一緒に生活できる事のありがたさを日々実感してます(のりぼう454さん)

  • 自分にとっていちばん必要な人だと改めて確認できた(チェリンさん)

  • お互いの両親が被災地だが、夫は自分の親の方ばかり心配しているような気がする。不満・・・(SSさん)

  • もし死別したらと思うと、今一緒に居ることのありがたさを感じた。一方で1人でも生きていけるように今の自分を変えていかなければとも思った(みおさん)


【変わらない】


  • 夫の職業が消防関係なので、災害時はもともと覚悟していました。帰宅する時間が遅かったり、帰れない日が増えた程度で、特に変わりはありません(ゆえ☆さん)

  • 地震後も、夫は普段と変わらない精神状態なので落ち着けた(がずーむさん)

  • 震災時、夫は海外出張中だったので、いまいち日本との温度差が・・・(むーにさん)

  • この人じゃないもっとよい人がいたんじゃないかと思いました(のんたんさん)

  • 結婚していてもしていなくても同じ感じだったと思う(yuki98さん)

  • 夫よりも、子供たちや近所の方々がとても助けてくれて頼もしく思うようになった(にんにんさん)

【震災時、結婚していてよかったと思ったことは?】


  • 停電・断水を1人で乗り越えるのはあまりにもさみしかったと思う。物質的にはお互いの職場に近いお店でメールで連絡を取りながら、必要物資を調達できたのでそれほど困らずに済んだ(まめ457さん)

  • 片付けや、買い物が1人ではとうてい大変だったこと(たけさん)

  • 家の建て直しなど、なにかと頼りになる(ちくわぶさん)

  • 1人では難しいことも2人ならなんとかなるなと思いました。不自由なことがあっても2人で冗談を言いながらガマンもできる。すぐ隣に見慣れた笑顔があるのはやっぱり心強かったし、落ち着いて行動できた(ぱんちくりんさん)

  • もともと、豪胆でデンと構えてる人ですが、彼がそばにいて「大丈夫だよ」と言ってくれることで安心できたこと。お互いの両親を「僕の両親」と心配をしてくれること(のんさん)

  • なにかの災害のとき1人では心細いから、いてくれるだけでよかった(うつ子さん)

  • 自分のことをいちばんに心配してくれる人が身近にいてくれるという安心を感じられたこと(ゆんさん)

  • いつもはあまり連絡のない姑から水が大変だろうとお水を送ってもらったのが助かったこと。子供がいたおかげで怖さも感じなかったこと(U-GONさん)

  • 親に必要以上に心配されなくて済む(みかみかさん)

約半数の先輩花嫁が、ダンナ様の見方に変化! やっぱり頼れる家族の存在は大!

ダンナ様の見方が変わったという意見は約半数という結果に。「変わった」派では、震災という非常事態の中で、お互いをいちばんに心配し合える存在がいることの安心感や、物資の調達・親戚への連絡など率先して動いてくれた姿が頼もしく思えたという意見が目立ちました。一方で、「変わらなかった」派としては、逆にいつもと変わらないダンナ様の姿に安心感を覚えたという意見が多数。結婚していてよかったこととしては、子供も含め、身近に家族がいてくれることに対する安心感があったことという意見が大半でした。なかには、普段は付き合いの薄い姑さんから物資を送ってもらって助かったなんて意見も。先輩花嫁たちにとって家族は大きな支えとなっているようですね。誰もが経験したことがない未曾有の事態の中で、頼りになるのはやっぱりダンナ様や家族。お互いに、守り支えあう存在として大切にしたいですね。

恋&Hのホンネ    自分から告白したこと、ある?

旅・おでかけのホンネ    GW、旅行の予定ある?

オフィス・未来へのホンネ    自分の骨盤が歪んでいると思う?

スポーツのホンネ    スポーツや運動で“痩せた”経験ある?

花嫁のホンネ    ゲストへ“サプライズ”な演出はした?

OL生活向上委員会で当てよう10のプレゼント


オズモール ショッピングコート

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 震災後に、ダンナ様の見方は変わった 花嫁のホンネ【51】
シェアする twitter|facebook|mixi