結婚の常識・非常識&結納&顔合わせ<オズウェディング>

OZmall 東京女子の恋とキレイを応援

こんにちは、ゲストさん♪


ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



今さら聞けない結婚の常識・非常識
結婚にまつわるマナーや常識は、独特のしきたりや形式があってとまどうことも。ゲストや両親に「非常識!」といわれないように、今から予習して好感度の高い花嫁をめざそう!
結納・顔合わせへ 結婚式準備へ 結婚式当日へ 結婚式後へ
結納・顔合わせ
結婚準備の始めの一歩は婚約から。相手の両親にあいさつしたり、両家揃って顔合わせや結納をしたりと、マナーや常識が問われる場面も多数。しっかり予習して臨もう。
Q 結納と顔合わせ、両方するべき?
OK 両家で相談し、どちらかだけにしても問題なし
婚約の形式は年々簡略化されている傾向。両家の顔合わせを「婚約」と考え、結納は省略するスタイルが主流になっている。ただし、どこまで省略するかは両家で相談すること。
NG ふたりだけのペースで進めないこと
例えば、あなたと彼が「結納は省略したい」と考えていても、儀式を重視するタイプの親からは「非常識」とみえる場合も。双方の親の意見に耳を傾けながら進めるのが基本。
今どきPOINT
顔合わせも結納も略式で行う傾向
顔合わせも結納も、両家の両親とふたりの計6名で行うケースが最も多い。結納は、形式よりも両家の親睦を深めることを重視する傾向が強く、仲人を立てないスタイルが一般的。
Q 結納・顔合わせの時期と場所はどう決める?
OK 基本的に双方の家へあいさつに行ってから
顔合わせは、彼とあなたがそれぞれ相手の親へのあいさつを終えてからが基本。結納をするなら、顔合わせの席で打ち合わせを。場所は、個室のあるレストランや料亭などが人気。
NG どちらか一方の都合で決めてはダメ
日時は両家の都合を考慮して。たとえ相手に「お任せします」といわれても、任された側の都合だけで決めるのはNG。両家の中間地点で、アクセス便利な場所を選ぼう。
今どきPOINT
顔合わせは早め、結納はゆっくり準備
顔合わせは、両親に結婚の報告してから1カ月後くらい、結納は6カ月以内にするのが今どきの傾向。結納品や会食がセットになった「結納プラン」がある店を利用する方法も。
Q 当日は、どんなことをするの?
OK 会食をメインにセレモニー要素を入れる
顔合わせも結納も会食が中心。結納を省略するなら、顔合わせの席で婚約記念品や結納金の交換をしても。仲人を立てない結納の場合、進行役は新郎の父か会場の進行係が一般的。
NG 地域によるしきたりの違いに要注意
顔合わせや結納は、地域や家庭によって、しきたりや考え方に違いがあるもの。迷ったら、形式にこだわる側に合わせるのが無難。服装は両家でドレスコードを揃えるのが基本。
今どきPOINT
会場の下見や、記念撮影なども人気
結婚式をする会場が決まっているなら、両家揃って下見をする絶好の機会。会場内のレストランで食事をしたり、事前に担当者に伝えて会場内を案内してもらう方法もある。
Q 費用は、どちらが支払うの?
OK 分担方法はケースバイケース
費用は両家で折半するのが基本だけれど、状況に合わせて両家で決めればOK。どちらかが遠方に出向いた場合は、交通費がかかる分、招いた側が食事代を持つ方法もある。
NG その場の成り行きで…は、避けるべき
費用の分担方法とお金を支払う係は、必ず事前に決めて。当日の成り行き任せにすると、お互いに気まずい思いをしかねない。事前に費用を会計係に渡しておくと当日もスムーズ。
今どきPOINT
ふたりが双方の両親を招待するケースも
ふたりが費用を負担し、両親を招待するケースも珍しくない。また、顔合わせは男性側、結納は女性側が負担することも。その場合、招かれる側は、手みやげを持参すると好印象。
結納・顔合わせへ 結婚式準備へ 結婚式当日へ 結婚式後へ
 

PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZ限定ワンプライス プレミアム予約商品一覧
©1996-2014 Starts Publishing Corporation. ALL Rights Reserved.