結婚準備の基礎知識・チャペル式<オズウェディング>



ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



結婚準備の基礎知識 セレモニーへ パーティーへ 海外&リゾートへ
理想のウエディングスタイルに近づく近道は? 格式を大切に、でもいまどきの情報も盛り込みながら、代表的なパーティ&セレモニーの流れと素朴な疑問を解決!
チャペル式スタイル 神前式スタイル
憧れの教会で荘厳なセレモニー チャペル式スタイル入門
どんなスタイル? 挙式場所次第では準備委に大きな差も
ホテル・式場のチャペルや街の教会で挙げる結婚式。代表的な宗派のカトリックは信者以外の結婚式に消極的で、ホテルや式場に併設されている多くはプロテスタントのチャペル。信者でない人が街の教会で挙式したい場合は、「結婚講座」や礼拝への参加など一定の条件が付く。そんな両者の中間として、比較的条件が緩いブライダルチャーチという施設も。
憧れの教会式Q&A
◆・・・ブライダルチャーチ&式場内チャペルの場合
◇・・・街の教会の場合
Q キリスト教信者でなくても大丈夫?
A 街の教会の場合は結婚講座への参加も
信者以外でも、特別な条件が付くことはない。挙式当日か直前に、一度牧師との面談を受けて臨むケースがほとんど。
新郎新婦のどちらかが信者であることが前提の場合が多いので、信者以外の場合、挙式可能かをまず聞いて。受け入れてもらえる場合も、結婚講座の受講や牧師との面談、礼拝への出席など、その教会の考え方で条件の内容は異なる。
Q どうやって申し込むの?
A 併設施設の場合、仮予約という選択も
ブライダルデスクなどの窓口に連絡のうえ、まず下見を。気に入ったら、申し込みの前に仮予約できる場合ある。ただし、仮予約には有効期限があるので注意を。
ウエディングプロデュース会社や、レストランなどの会場から話を通してもらう方法も。教会は善意で引き受けてくれるのだから、あくまでもお願いのスタンスを忘れないで。
Q 挙式にかかる費用の目安は?
A パッケージプランでは総額で提示
パッケージプランの場合、披露宴の料理や会場費なども含めた基本アイテムの総額が提示される。目安はホテル・式場で80名200万〜300万円。挙式費用は8〜10万円だが、そこに、衣裳代やヘアメイク、演出などのオプション料金などが加わる。
挙式費用は教会への献金として納める。目安は10〜20万円程度だが、お花代などの実費も含まれる場合と、別途必要な場合がある。詳しくは教会に確認しておいて。
Q 披露パーティはどこで行うの?
A 街の教会の場合はレストランなどで
式場などのパッケージプランの場合、披露宴とのセットなので、収容人数に応じた指定のバンケットで。ブライダルチャーチの場合、併設のパーティ会場を予め予約すればOK。
教会内のホールでケータリングパーティというケースもあるが、近隣のレストランなどに移動する場合が多い。ゲストの移動時間や交通手段に無理のないプランニングを。
Q メイクルームや控室はある?
A 出張メイクなどへの対応を確認して
控室やメイクルームも完備され、専属スタッフも揃っている。でも提携外の業者がヘアメイクを行ったり、衣裳を持ち込む場合、メイクルームが使えなかったり持ち込み料が発生する場合も。こだわりがある場合は確認しておいて。
街の教会はあくまでも信者の「祈りの場」。挙式を想定した設備が十分でないことは心しておいて。控室は教会の施設内を上手に使う、ヘアメイクは美容室で済ませてから会場入りするなど、工夫を。
Q オリジナル演出はできる?
A 会場の特長次第で内外での演出が可能
パイプオルガンや聖歌隊などの演出のほか、それぞれのチャペルの特長に対応した人気の演出を提案してもらえることも。挙式後はフラワーシャワーのほか、風船を空に放つバルーンリリースなど、華やかな祝福も。
フラワーシャワーやライスシャワーの後片付けは、身内のスタッフが責任をもって行う。マナーを守ることを大前提に、希望の演出ができるかどうか教会側に確認して。
式次第 プロテスタントの場合
新郎新婦入場→賛美歌斉唱→聖書朗読→式辞→賛美歌斉唱→誓いの言葉→ 指輪交換→誓いのキス→祝福の祈り→結婚宣言→結婚証明書にサイン→ 賛美歌斉唱→新郎新婦退場
チャペル式スタイル 神前式スタイル


 

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 結婚準備マニュアル >
  4. 結婚準備の基礎知識・チャペル式<オズウェディング>
シェアする twitter|facebook|mixi