結婚準備の基礎知識・ホテル&専門式場<オズウェディング>



ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



結婚準備の基礎知識 セレモニーへ パーティーへ 海外&リゾートへ
理想のウエディングスタイルに近づく近道は? 格式を大切に、でもいまどきの情報も盛り込みながら、代表的なパーティ&セレモニーの流れと素朴な疑問を解決!
ホテル&専門式場 ゲストハウスウエディング レストランウエディング
ホテル&専門式場ウエディング入門
どんなスタイル? プラン内容も充実。披露宴の王道スタイル
アクセスがよくゲストへの対応も安心、ラウンジや控室も充実。先輩花嫁への調査でも、挙式・披露宴会場としていちばん人気のホテル&専門式場。挙式&披露宴がセットになったおなじみのパッケージプランも、座卓を使った純和風式、夜景のバンケット、スイートルームなど、流行をおさえたものもある。最新情報をチェックしてみて。
ホテル&専門式場ウエディングQ&A
Q 会場選びのポイントは?
A ゲストの交通手段も重要な要素に
まず、希望の挙式&パーティスタイルが可能かどうかチェックを。遠方からの招待客の宿泊を手配する必要があるかも、会場選びのポイントに。挙式の8〜6カ月前から会場探しを始め、6カ月前に会場を決めるカップルが多い。人気の会場には早めに申し込みを。
Q ブライダルフェアには行くべき?
A 当日の雰囲気を体験するチャンス
ブライダルフェアでは、婚礼料理の試食など以外は、予約、料金とも不要のことが多い。下見ではチェックできない、会場の音響や照明の確認ができる貴重な機会でもある。ドレスを試着するならカメラを用意するなど準備を整えて、デート気分で出かけてみては。
Q 招待客の目安は何人から?
A 70名前後だが、超少人数にも対応
披露宴の招待客数は、両家合わせて70名前後が一般的。最近は親族中心の40名以下の少人数ウエディングも人気があり、少人数向けプランに力を入れるホテル&式場も増えている。スイートルームなどを利用した10名以下のプライベートウエディングができる会場も。
Q パッケージプランはやっぱりお得なの?
A 内容を把握すればお得なチョイス可能
結果的には、やはりお得になるよう。基本料金以外の費用がいくらかかるかを詰めていくと選びやすい。平日・時間限定や創業記念などのキャンペーンもチェック。ちなみに、含まれるものをキャンセルしても、必ずしもその分値段が安くなるわけではないので注意。
パッケージプランの基本タイプ
基本+オプション型
必要最低限のものだけがパックになっており、追加やグレードアップでオリジナル色を出すことも
フルパック型
挙式から披露宴まで必要なものがほとんど含まれており、その会場のよさが凝縮
オーダーメイド型
衣装、料理、装花など必要なアイテムひとつずつ選ぶ、オリジナル型
Q 今、人気のスタイル&バンケットを教えて
A モダンテイストが漂うパーティが人気
最近はホテル&式場でも、ガーデンやテラスを使った邸宅風のパーティが定着。バンケットも、オリエンタルモダン、NYスタイリッシュ、和風モダンなどスタイリッシュな雰囲気が好まれている。演出も、生演奏やゴスペルなど本格的なものが人気。
Q 衣裳や引き出物の持ち込みはできる?
持ち込み料の目安
ウエディングドレス
2万円
和装
3万円
新郎衣装
1万円
引き出物
300〜500円/1個
手作りのペーパーアイテム
無料
A 手数料を払えば持ち込みOKに
最近では花嫁の3割強が、自分でドレスを手配して持ち込んでいるというデータも。このような場合、会場側には保管手数料「持ち込み料」を支払う。料金の目安は、ウエディングドレス2万円、引き出物300〜500円/個など。会場と外注業者との間に入って、搬入方法や日時などを確認して。
ホテル&専門式場 ゲストハウスウエディング レストランウエディング


 

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 結婚準備マニュアル >
  4. 結婚準備の基礎知識・ホテル&専門式場<オズウェディング>
シェアする twitter|facebook|mixi