結婚準備の基礎知識・レストラン<オズウェディング>



ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



結婚準備の基礎知識 セレモニーへ パーティーへ 海外&リゾートへ
理想のウエディングスタイルに近づく近道は? 格式を大切に、でもいまどきの情報も盛り込みながら、代表的なパーティ&セレモニーの流れと素朴な疑問を解決!
ホテル&専門式場 ゲストハウスウエディング レストランウエディング
レストランウエディング入門
どんなスタイル? ゲストと近距離で料理と会話を楽しむ
レストランを借り切って行う、カジュアルなウエディングスタイル。90年代初め頃から流行し、現在ではすっかり定着した。その魅力は質の高い料理を熱々のうちに楽しんでいただきながら、ゲストと近距離で会話ができること。専任のブライダルコーディネーターがいる場合も多く、挙式や演出などの相談にものってもらえる。
レストランウエディングQ&A
Q なにを基準にお店を選ぶべき?
A シェフとの距離もお店選びの一要素
料理長との距離が遠くなりがちなホテルや式場に比べて、レストランはシェフとコミュニケートしやすいのが最大のメリット。1日1組限定など余裕のあるスケジュールか、オリジナルメニューを考えるなど親身になってくれるか、は店を選ぶ基準のひとつに。
Q どんな演出が可能?
A 店の魅力を最大限に活かす演出を
「一軒家レストランでアットホームに」「デザイナーズカフェでショー的要素を盛り込みたい」など、求める内容で選ぶべきレストランも変わってくる。集まるゲストの顔ぶれも考えて、ふたりの希望がどんなタイプの店なのか確認してみて。
Q 会場選びの注意点は?
A ゲストの立場で、施設を再チェック
おもてなしの気持ちで選んだはずの店が、場所がわかりずらかったり控室がなかったりと、ゲストに不便をかけてしまっては本末転倒。駅から会場までが遠かったら送迎をきちんとするなど、お店でカバーできないフォローは自分たちで責任をもって。
Q 挙式も行えるの?
A 挙式に対応した店も増えている
ホテルなどに比べるとややリーズナブルな値段でハイグレードな料理が楽しめる。オリジナル生ケーキや料理についての希望があれば、担当者を通じて相談して。ただ、欧米をテーマにした会場の場合、中華や日本食の対応はしていないこともあるので気をつけて。
会場別スタイルの違い
デザイナーズレストラン&カフェ
計算つくされたスタイリッシュな空間では、照明や音響を駆使した、ショーのような挙式や華やかなパーティも可能に。店内が区切られていることも多いので、会場に一体感を出す工夫を。
一軒家レストラン
サロンでのウエルカムドリンク、パティオでのデザートブッフェ…。事前にしっかりと施設をチェックすることで店の隅々まで使った自由な形式でのパーティも。なによりもゲスト一人ひとりとゆっくり会話できるのが魅力。
有名シェフのレストラン
誰もが知る憧れのシェフが手がけたコース料理は、ゲストにおもてなしの心を伝える最高のアイテムに。実際に料理を作ってくれたシェフがメニューの解説などで登場すれば、ふたりのこだわりが伝わると同時に演出効果も抜群。
Q 衣裳やヘアメイク、写真などの手配は?
A 必要アイテムはほとんど手配OK
ウエディングに対応しているレストランの場合、専属のウエディングコーディネーターを通すなどして、衣裳やヘアメイクから写真や演出まで、必要アイテムはほとんど揃うはず。こだわりたい場合でも、面倒な手配だけはプロに一任してしまうなど、負担を軽減して。
 
レストランウエディングのチェックポイント
ロケーションは?
最寄り駅からの距離は必ずチェック。挙式会場から移動してくる場合、車での移動はしやすいか、一方通行の道はないかなども忘れずに確認しておいて。もちろん、外観やエントランス、窓からの景観などもポイントに。
広さや収容人数は?
招待客数と、着席か立食かなど、条件のあった店のチョイスを。招待客の人数が増えたときの対応考慮に入れておきたい。大幅に増えた場合は、着席を立食に変える、テーブルの配置を変更してもらうなどの対応も。
付帯施設
新郎新婦の支度室や、親族の控え室、駐車場の有無は必ず確認を。部屋が用意できない場合は近くの美容室やホテルなどを1室を借りて支度を行うことも。最近は支度室、控え室はもちろん、ラウンジやチャペルを備えた店も登場。
ホテル&専門式場 ゲストハウスウエディング レストランウエディング


 

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 結婚準備マニュアル >
  4. 結婚準備の基礎知識・レストラン<オズウェディング>
シェアする twitter|facebook|mixi