ウェディング用語・婚約&結納<オズウェディング>



ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



ウエディング用語大辞典A to Z
準備&下見編 婚約&結納編 挙式&ウェディングスタイル編
披露宴&パーティー演出編 ファッション&ビューティー編
ウエディングまわりには、聞きなれない言葉がいっぱい。準備からお金まわり、ファッションまで困ったときにさっと確認できる、用語集をご用意
婚約&結納編 A to Z
Q 祝い膳
結納の後に囲むお祝いの宴席。内容は鯛の御頭付き、はまぐりの潮汁などのおめでたい料理で、一般的には結納を贈られた女性側が用意することが多い。ちなみに割り箸は「割れる」という言葉から使うのを避け、慶事用の丸箸を使う。
Q 受書
結納品を受け取る側が、受領のあかしとして用意して渡す。品目は目録のとおりに書き写すか、「目録のとおり」と略す場合も。その場で受け取りが確認できる場合は、省略してもよい。
Q 家族書・親族書(かぞくしょ・しんぞくしょ)
家族書は同居している家族の名前や年齢、続き柄などを記した書類。親族書は亡くなった人を除いた三親等内の親族の名前、年齢、続き柄などを記した書類。結納時に両家で交換するが、最近は親族書を省略する場合も。
Q 口上(こうじょう)
結納の席で、仲人や両家の代表が手順に沿って述べる決まり文句。「幾久しく」などの独特の言い回しさえ把握すれば、丸暗記などの必要はない。地方によってしきたりが異なる場合もあるので、不明点は式場などへ確認を。
Q 婚約記念品
結納金の一部として、また結納の答礼としての贈り物。最近は、結納は行わず、女性には婚約指輪、男性へは時計など、婚約記念品を交換するだけのカップルも増えている。
Q 桜湯
桜の塩漬けを浮かべた飲み物。「茶々をいれる」「お茶をにごす」などの言葉への連想から、お祝いごとの席ではお茶の代わりに出される。昆布茶でもよい。
Q 仲人(使者・媒酌人)
かつては、お見合いでは「世話人」、結納では「使者」、挙式・披露宴では「媒酌人」として両家の間を取り持つ役。最近は挙式・披露宴当日のまとめ役として、媒酌人だけの「頼まれ仲人」が増えた。
Q 結納・略式結納
日本古来の婚約の儀式。大正天皇の成婚で一般にも浸透した。使者(仲人)が両家を往復して行うのが正式だが、今では仲人を立てずホテルや式場で行うなど、顔合わせの意味が大きくなっている。
Q 結納返し・半返し
結納金の半額を男性側に包んで返す習慣。ちなみに半額返ってくるのがわかっていても、結納金は全額包む。最近では時計などの品物で返す場合があるなど、地方によって異なるので両家間で確認を。
Q 結納飾り
 
結納の際、結婚相手に、するめ、昆布などの保存食や麻糸などの貴重品を贈ったのが始まり。その後、慶事の縁起物として結納に欠かせない品物になった。関東では9品目、略式の7品目、5品目。正式な品目の数は地域で異なる。
※イラストは◎=5品目、○=7品目の場合
友白髪(ともしらが)◎○ 末広(すえひろ)◎○
「友志良賀」「共白髪」とも書く。末永く添い遂げられるようにという願いを込め白髪に見立てた麻を贈る
「寿恵広」いう書き方も。純白の扇子を意味し、無垢なことなどを示す。必ず2本をひと組として贈る
金包(きんぽう、かねづつみ)◎○ 子生婦(こんぶ)○
「金封」「金宝包」と書くこともある。結納金、結納返しなどの現金を包む
昆布のこと。子宝に恵まれることを意味する、子孫繁栄を願った縁起物
目録(もくろく)◎○ 家内喜多留(やなぎだる)
「茂久録」とも書く。結納飾りの内容を記したもので、畳み方、書き方は地方で異なるので両家で確認を
「柳樽」と書くことも。柳の樽に入れた日本酒のことで、家内に喜びが多いことを願う
勝男節(かつおぶし) 寿留女(するめ)○
「勝男武士」「松魚節」と書くこともある。たくましい男性の象徴で背節と腹節をひと組にして贈る
するめいかの干物。幸せな家庭を作る女性を意味する
熨斗(のし)◎○
「長熨斗」「納幣熨斗」ともいう。かつては不老長寿の象徴である、あわびを伸したものを使っていた
Q 結納金
結納品のひとつで、婚約の印として男性側から女性側に贈られるお金。今ではその一部を指輪など婚約記念品に充てることも。
Q 両家食事会
最近は結納を行わないカップルも増えた。そこで、挙式・披露宴前の顔合わせ的な意味をこめて、両家で会食を行うことも多い。ホテル・式場には食事会用のパッケージプランがある場合も。
PAGE TOP


 

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 結婚準備マニュアル >
  4. ウェディング用語・婚約&結納<オズウェディング>
シェアする twitter|facebook|mixi