ウェディング用語・神前式<オズウェディング>



ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



ウエディング用語大辞典A to Z
準備&下見編 婚約&結納編 挙式&ウェディングスタイル編
披露宴&パーティー演出編 ファッション&ビューティー編
ウエディングまわりには、聞きなれない言葉がいっぱい。準備からお金まわり、ファッションまで困ったときにさっと確認できる、用語集をご用意
チャペル式(教会式) 神前式 海外挙式 その他の挙式&パーティースタイル
挙式&ウエディングスタイル編 A to Z
先祖の神々の前で結婚を報告する挙式スタイル。三三九度の盃を交わし、玉串を捧げて結婚を誓う。歴史は意外に新しく、大正天皇成婚の際に初めて行われた。参列は基本的に両親と親族のみだが、ホテル・式場内の神社では全員が参列できる場合も多い。
Q 三献の儀・三三九度
神前式の儀式のひとつ。まず、巫女が注いだ御神酒の杯を新郎が受け、同じ杯で新婦が受ける(一献)、次に新婦が受け、同じ杯で新郎が受ける(二献)、再び新郎が受け、同じ杯を新婦が受ける(三献)。両手で受け、3口で飲み干すのが習わし。
Q 親族杯の儀(しんぞくさかずきのぎ)
両家の家族が親族となった誓いの杯を交わす、神前式の儀式。巫女が両家の上座から御神酒を注いで回るので、祭主の合図で起立して3口でいただく。
Q 誓詞(せいし)
神前式の、三献の儀の後に新郎新婦が読み上げる、連名で綴った誓いの言葉。主に新郎が読み、新婦は自分の名前の部分を読む。
Q 玉串(たまぐし)
榊の枝に紙垂(しで)という紙を取り付けたもの。儀式の玉串奉奠(ほうてん)は、巫女から玉串を両手で受け取り、軽く一礼した後に玉串案に捧げて二拝、二拍手、一拝の作法で拝礼する。
Q 初穂料・挙式料
神社で挙式する際に納めるお金を初穂料という。ホテル・式場内神社の場合は挙式料といい、神主や巫女への謝礼、誓詞などが含まれて5万〜15万円程度。神社の場合はそれより少し高額に。
PAGE TOP
チャペル式(教会式) 神前式 海外挙式 その他の挙式&パーティースタイル


 

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 結婚準備マニュアル >
  4. ウェディング用語・神前式<オズウェディング>
シェアする twitter|facebook|mixi