ウェディング用語・和装<オズウェディング>



ウェディング

大人なふたりの上質ウェディング



ウエディング用語大辞典A to Z
準備&下見編 婚約&結納編 挙式&ウェディングスタイル編
披露宴&パーティー演出編 ファッション&ビューティー編
ウエディングまわりには、聞きなれない言葉がいっぱい。準備からお金まわり、ファッションまで困ったときにさっと確認できる、用語集をご用意
ドレス 和装 メンズ リング ブーケ メイク・その他
ファッション&ビューティ編 A to Z
Q 顔剃り・うぶ毛剃り
挙式・披露宴当日に化粧がのりやすいように、顔のうぶ毛を剃ってもらうこと。和装の場合(洋装でも背中の開いたドレスを着るときは)、背中のうぶ毛も剃ってもらう。一般的に当日の1週間〜3日前までにとされているが、肌が弱い人はテストを兼ねて事前に試してみるのが無難。
Q 角隠し・綿帽子
角隠しは文金高島田の髪を帯のように覆う白い布。「角を隠して夫に仕える」意味を持ち、白無垢、色打掛けの両方でOK。綿帽子は白無垢のときに文金高島田の上からかぶる袋状の帽子のこと。「婚礼が終わるまで花婿以外の人に顔をみせない」意味を持つ。
Q 種類
Q 和装小物
和装には合わせる小物が決まっている。レンタル料は意外に高額な場合もあるので、事前に確認しておきたい。
懐剣(かいけん) 抱帯(かかえおび)
打掛けを着る際に帯に挿す短剣で、白い懐剣袋に入っている。懐剣を帯に差し、組ひもを胸にたらす。打掛けが武家の花嫁衣裳であったことの名残り。
打掛けを着たときに、裾をからめあげるために帯の下のほうに結ぶ、細い帯のこと。
紙ばさみ(紙入れ)・はこせこ 笄(こうがい)
打掛けの胸もとに挿す刺繍と房の付いた飾り。もともとはおしろいや紅筆、鼻紙などを入れるために使われた
髪に挿す飾り。素材はさまざまで、挙式時にはべっこう、色打掛けではさんごなど高価な素材を用いる
末広(すえひろ)
打掛けを着たとき、手に持つ扇子。「末広がりに幸せになるように」という意味がある。右手で持ち、左手は軽く添えるように持つ。
PAGE TOP
ドレス 和装 メンズ リング ブーケ メイク・その他


 

PR

  1. オズモールTOP >
  2. ウェディング・婚トレTOP >
  3. 結婚準備マニュアル >
  4. ウェディング用語・和装<オズウェディング>
シェアする twitter|facebook|mixi