ブライダルフェア体験レポート ~コンラッド東京~

結婚が決まったらまず行っておきたいのが“ブライダルフェア”。なんとなく楽しそうだけれど、初めてのことづくしでちょっと不安、なんて思う花嫁も多いはず。そこで、式場探し真っ最中の新婚の私、編集担当Kが実際に結婚式場へ足を運び、ブライダルフェアを体験した様子をレポートします!

更新日:2017/06/20

  • LINEで送る

大人のこだわりがかなう“テーラーメイドウェディング”に迫る

もうすぐ30歳になる私。まだまだ結婚が遠かった20代前半の頃とは感性もシフトしてきて、ワイワイ楽しいウェディングよりも上質でこだわりのあるウェディングに憧れを持つように。
そこで東京女子が憧れてやまない、ラグジュアリーなブランドホテルにしぼって会場を探していると、「コンラッド東京」のページで“テーラーメイドウェディング”という気になるワードが。百聞は一見にしかず!ということで、週末のブライダルフェアに参加してきました。

上質感と親しみやすさが共存する、アーティスティックな空間

ゆりかもめ線「汐留駅」で下車して徒歩1分。ホテル館内に入ってすぐのロビーで目に飛び込んできたのは、なんとも斬新な真っ赤なオブジェ。強く引き込まれる漆の赤色は、これから始まる非日常のひとときを予感させてくれます。

さすがの高級ホテルらしい雰囲気に緊張気味の面持ちで、ブライダルサロンへ。受付を済ませたら、さっそくプランナーの才津さんにアテンドしていただき、館内の見学へと向かいます。

ロビー写真

漆を使った真っ赤なオブジェは田中信行氏作「Purification I」。このほか23名のアーティストによる作品が館内の随所に

28階ロビー写真

宿泊ルームやレストランのある棟の28階ロビー。飾られている篠田桃紅氏の墨絵はホテルの“心臓”を思わせる

チャイナブルー写真

中国料理「CHINA BLUE(チャイナブルー)」は抜群の開放感と高さ8mのワインセラーが特徴的。披露宴後の2次会も可能

ラウンジやレストランなど、館内をひと通り見学していてふと気づいたのは、モダンな上質感のなかに感じる親しみやすい雰囲気。「ホテル名は創業者コンラッド・ヒルトンのファーストネームを冠しています。ほかのヒルトンブランド以上に、みなさまに親しんでいただきたいとの思いを込めて」と、才津さんがその理由を教えてくれました。なるほど、スタッフの方々やホテルの雰囲気からはそんな想いが伝わってきていたみたいです。

式当日のイメージ高まる。チャペルでのポージングレッスン&フラワーシャワー体験

続いてはチャペルへと移動。チャペル前の空間では、実際に式当日にも行われるというピアノの生演奏の音色が響き渡っていました。

チャペル前ロビー写真

チャペルへと続く扉は二重になっており、非日常感をより高まらせる。この日のフェアでは提携11店舗それぞれの最新衣裳も展示

チャペル内観

純白の大理石があしらわれた神聖なチャペル。12mのバージンロードの先には自然光が差し込む祭壇が

ここでは、パリコレでモデルとして活躍された経験のある鷹松香奈子さんのポージングレッスンを聴講。美しく見える姿勢や腕の組み方、ブーケの持ち方だけでなく、男性にも役に立つエスコートの仕方など、本番までに覚えておきたいワンポイントアドバイスを学びます。ドレス&タキシードを着こなすためには立ち居振る舞いがとても大切なんだな、と改めて感じました。

ポージングレッスン

花嫁を美しく見せるにはエスコートする男性のポージングも重要。成約者向けに有料個別レッスンも行っている

レッスンの後はロビーへ出て、階段でのフラワーシャワー体験。羽を織り交ぜた花びらがゆっくりと舞う様子はとても幻想的で、花嫁もゲストも忘れられないシーンのひとつになりそうです。

階段

間接照明のやわらかな光に包まれるフォトジェニックな階段。フェアの最後にはここで記念撮影をしてもらえる

演出、料理、コーディネート。すべてを体感できるデモンストレーション

その後はボールルーム「風波」に移動し、まずは披露宴さながらの演出を体験。大空間に映えるスタイリッシュなライティングと迫力のスクリーン映像は圧巻!

風波

天井高7.2mの大空間は最大272名まで収容可能。たくさんのゲストを招いてもゆったりと過ごしてもらえる

浜離宮

もうひとつの披露宴会場「浜離宮」。併設されたガーデンテラスを利用したウエルカムパーティなどもかなう

さて、次は婚礼料理のテイスティングタイム。
このまま披露宴会場でいただくのかと思いきや、「ご案内します」と才津さんに連れてこられたのは、なんと会場裏のキッチン! そこでは料理長による説明とともに、目の前で仕上げられる料理をその場で試食します。直接シェフの方々とお話ししながらいただけるので、料理にこだわりを持つカップルでも安心ですね。

キッチン写真

会場のすぐ裏にキッチンがあるからこそ、できたての料理をゲストに味わってもらえる

前菜写真

前菜の「メロンパール缶 カニとアボカドのサラダ」はブリオッシュと一緒に

前菜とメインの2品をいただいたところで披露宴会場へ戻り、今度はパティシエによる実演。ウェディングケーキの説明などを伺いながら、液体窒素で仕上げた作りたてのアイスクリームが添えられた、デザートプレートの試食を楽しみました。

ケーキ写真

カラークリームやシュガーペーストを使用し、オリジナルデザインのケーキを作ってもらえる

そして「ユー花園」フローリストによるテーブルコーディネート&装花のデモンストレーション。クロスとチェアカバーの色合せからメニューやナプキンの置き方、それにマッチしたお花と花器の提案をトータルでアドバイスしてくれます。

テーブルコーディネート

クロスやお花をひとつひとつ選びながら、好みのコーディネートを完成させていく

“テーラーメイドウェディング”で実現する2人らしい結婚式

最後はプランナーさんにかなえたい結婚式のイメージなどを相談したり、どんな演出ができるかなどのアドバイスをもらったりします。帰り際には、先ほどフラワーシャワーをした階段で記念撮影をし、“コンラッド・ベア”のマスコットをお土産にいただいて、フェアは終了です。

ひとつひとつをじっくり相談しながら作りあげる“テーラーメイドウェディング”なら、演出や料理、会場コーディネートなど納得のいくまで自分好みに仕上げられそう。世界にひとつの上質なおもてなしをかなえたいなら、まずは「コンラッド東京」のフェアに参加してみては。

コンラッド東京

スタイリッシュ&ラグジュアリーな空間で、プライベート感あふれる1日を過ごせるのが魅力。シェフと相談して作り上げるオリジナルメニュー、空間をダイナミックに彩るフラワーコーディネート、きめ細かいサービスで、贅沢なおもてなしがかなう。会場セッティング、料理、演出など、2人の希望を形にして。

<お知らせ>
7月17日(月・祝)には月に一度の体験型フェアを開催。オズモールから予約をしたカップルには、人気のバスアメニティー「シャンハイ・タン」&コンラッド東京ベアorダックセットのプレゼントも。

関連キーワード

TOP