MARK IS みなとみらいの魅力再発見

みなとみらい駅直結、美しく整備されたグランモール公園や横浜美術館を目の前にした立地にあるのが「MARK IS(マークイズ)みなとみらい」。ライフエンターテインメントモールをコンセプトに、日常使いできるショップやレストランのほか、好感度なライフスタイル雑貨店や動物とふれあえる屋内型パーク施設まで揃う。デイリーにもおでかけにも最適な施設の魅力を、MARK IS みなとみらいで働く方々に教えていただきました。

更新日:2018/05/14

スタッフに聞きました!MARK IS みなとみらいの知られざる魅力

【TIPS01】横浜最大級の約190店舗がゆったり配された憩いスポット

オズモール「MARK IS みなとみらい」人気ポイント_竹中涼子未さん
竹中涼子さん/運営本部運営2部 サブリーダー

みなとみらい駅に直結し、横浜最大級の約190店舗を展開する充実のライフエンターテインメントモール「MARK IS みなとみらい」。印象的なのはゆったり広々とした贅沢なフロアレイアウトで、エントランスや通路はもちろん、各店舗の面積も広く取られているためベビーカーでも快適に回れる。また休日のお出かけに人気の非日常感あふれるみなとみらいにありながら“日常に寄り添う”をテーマに掲げているのも大きな特徴。

「例えば快適な着心地や扱いやすい素材、ずっと大切にしたくなるようなこだわりのデザインなど、心地いい毎日を送るために役立つモノを一つひとつ丁寧にセレクトしていくことで、ほかの施設にはないラインナップを目指しています」と教えてくれたのは主に1Fフロアを担当する、MARK IS みなとみらい運営本部サブリーダーの竹中涼子さん。2013年6月のオープンから今年で5周年の節目を迎えることもあり、多くの人に愛される好感度の高いアイテムをより充実させていくそうなのでぜひ注目を。また食料品売り場やクリニックなども備え、近隣住民や周辺ワーカーの毎日の暮らしもしっかりサポート。

「モンベルやTHE NORTH FACE、コロンビア、アークテリクスといった人気のスポーツ&アウトドアブランドが一堂に会しているのも他施設ではなかなかないと思います。B2階のスポーツオーソリティにはシャワー完備のランニングステーションがあるので、みなとみらいランを楽しむのもおすすめですよ。またメンズ・レディスのフロアわけをしていないので一緒に買い物ができ、デートや家族とのお出かけにもぴったりだと思います」。

竹中さんのおすすめSPOT

竹中さんのおすすめスポット

竹中さんがリフレッシュの場として教えてくれたのは、5階にある屋上庭園「みんなの庭」。商業施設内としては日本最大級規模の屋上菜園で、1年を通して50種以上の野菜やハーブなどの畑がウッドデッキの小道沿いに広がっている。みなとみらいらしい風景や高い空を望みながらベンチでまったり休憩できるほか、湘南ゴールドなどの果樹の収穫や野菜の植付け体験などのイベントも開催。

「各フロアに用意された無料のシーティングスペースも穴場ですよ。どなたでも自由に休憩していただけるので、散策やショッピングの合間に利用してください」。かわいいインテリアが配されていたり、緑や美術館が望めたり、居心地のよさにこだわった贅沢な憩い空間があちこちに点在。お気に入りの場所をぜひ探してみて。

【TIPS02】大人がワクワクするショップ「RHC Ron Herman」で心地良い時間を

オズモール「MARK IS みなとみらい」人気ポイント_福本奈津子さん
福本奈津子さん/RHC ローンハーマン ウェア セクションマネージャー

ファッションやライフスタイルアイテムに特化した1階フロアのけやき通り側に構えるのが、カリフォルニア発の「RHC Ron Herman」。「Ron Herman」初のコンセプトストアとして2013年6月にオープン。「ファッションをはじめ、雑貨やインテリア家具などカルチャーやアートのエッセンスを取り入れた、生活をより豊かにするアイテムを揃えています」と語るのは、RHC ローンハーマン ウェア セクションマネージャーの福本奈津子さん。

ゆとりあるフロアには、カリフォルニアを中心に世界中から集められたインポートものやオリジナルブランドなど、カラフルで個性豊かなアイテムがラインナップ。「洋服は、着心地の良いデイリーユースから、週末のおしゃれを楽しめるリゾートスタイルまで展開しています。トレンドアイテムはもちろん、ビンテージや古着などもセレクトされているので、ひと味違ったミックススタイルもトライできますよ」。

プチギフトに喜ばれるのがアロマや石鹸、食器、タオルなどの生活雑貨。特に、雑貨セクションのRHCブランドのタオル類648円~やマグカップ1296円~などは、オリジナリティがあり、カラーバリエーションが豊富。商品選びに悩んだら、フレンドリーなスタッフに気軽に相談してみよう。

「横浜がお気に入り」と言う創業者、ロン・ハーマンがこだわった店内は、開放感にあふれ、サーフボードや自転車などのディスプレイが遊び心をくすぐる。「セクションごとにアイテムの見せ方を工夫したり、アイテムの入れ替えや限定ポップアップストアを充実させて、来るたびに気分がワクワクできるように工夫しています」。

福本さんが注目してほしいキッズコーナー

中野さんが注目してほしいキッズコーナー

小さな子ども連れのファミリーが安心して過ごせるスペースを完備されているのも、子連れママには嬉しいポイント。自由に使えるスケッチブックやクレヨンでお絵描きをしたり、積み木で遊んだり・・・まるで自宅に居るような空間を演出。

「親子で過ごせるゆとりあるスペースなので、ママがショッピングを楽しむ間、パパとお子さんが仲良く遊んでいる光景は微笑ましいですね。お子さんが飽きずに過ごせるよう、設置したTVではアニメもオンエアしています」。

また、奥のスペースにある「RHCカフェ」は、ソファ席やキッズチェアもあるので子連れママにも好評。「お子さんが喜ぶキッズプレートも用意しています。女性には、特製ドレッシングが自慢のボリューム満点『ローストチキンのメキシカンコブサラダ』1400円がおすすめです。みなとみらい店限定のビューティデトックスドリンク1000円と合わせてヘルシーランチを心ゆくまで堪能してください」。

【TIPS03】約50種の動物と出会える「オービィ横浜」で童心に帰って楽しもう

オズモール「MARK IS みなとみらい」人気ポイント_竹中涼子未さん
井手佐知子さん/セガホールディングス 事業推進部オービィ横浜

5階に上がると出現するのは、屋内でありながら動物とふれあえるパーク「オービィ横浜」。「2018年4月のリニューアルで、“動物たちとのふれあい”と“迫力映像”を一度に体験できる空間へとグレードアップしました。探求・癒し・仲良しをテーマに、約50種類もの動物に出会うことができます」と語るのは、施設を運営・開発するセガの事業推進部・井手佐知子さん。

動物たちの温もりを肌で感じることができるのは、「アニマルガーデン」「キャットパラダイス」「アニマルスタジオ」の3つのエキシビション。ジャングル風の「アニマルガーデン」には、カピバラ、アルマジロ、グリーンイグアナ、タランチュラ、ミーアキャット、カーペットニシキヘビなど約20種の動物たちがお出迎え。「アニマルスタジオ」では、ハリネズミ、インコ、ヒョウモントカゲモドキなど、手のひらサイズの動物たちと写真を撮るのに最適。「実際にふれてみたり、動物たちの生態や表情、息づかいを感じることができるのが魅力です」。

そのほかにも、日本最大級のスクリーンで、野生の動物たちのドキュメンタリーを満喫できるのが「シアター23.4」。「立体音響で体感する映像は、臨場感が抜群です。ペンギンマックスやミーアキャットなど各20分、2本の上映を行っています」。

営業時間は、月~木曜は9時から21時、金~日曜・祝・祝前日が9時から22時と、利用しやすいロングタイム(最終入館はともに1時間前)。入館料は、大人800円(フリーパス付きは2200円)、小学生300円(フリーパス付きは1500円)、4歳~未就学児は入館料無料(フリーパス1200円)、3歳以下は無料で、当日再入館が可能なのも嬉しいポイント。いろいろ楽しむなら、各エキシビションが利用できる入館料+フリーパスのパスポートを購入するのがおすすめ。

井手さんおすすめ!癒しの体感コーナー

井手さんおすすめの体感コーナー

約12種類の猫と楽しい時間が過ごせる「キャットパラダイス」は、井手さんもおすすめする人気コーナー。「人懐っこい子猫たちが、愛らしい表情で癒してくれます。ロシアンブルー、ベンガル、ロングヘアスコティッシュフォールドなど、ちょっと珍しい品種もいて、時間を忘れて楽しめますよ」。こちらのエキシビションは各20分制で、間に10分休憩があり、休日は混み合うので午前または平日の利用がよさそう。

もうひとつのお楽しみは、フォトコーナーがあちこちに設置されていること。自分の姿がヒョウなどになったり角が生えたり、不思議な写真が撮れる「アニマルセルフィー」や、グリーンバックで撮影すると、大自然や動物たちと合成写真が出来上がる「エクストリームフォトスポット」など。各所で撮影した写真は、「フォトダイアリー」でチェックして購入することも可能。「恐竜ハンターキャンプ」など、期間限定のイベント連動ブースもチェックしてみて。

Reservation

OZ限定プランが24時間WEB予約OK!
MARK IS みなとみらいのOZ厳選レストラン

Data & Access

MARK IS みなとみらい_オズモール

■住所
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-5-1
■営業時間
ショッピング&4Fフードコート 月~木曜10:00~20:00、金~日曜・祝・祝前日~21:00
カフェ&レストラン 11:00~23:00
5Fオービィ横浜 月~木曜9:00~21:00、金~日曜・祝・祝前日~22:00(最終入館は1時間前まで)
※一部店舗や特定日は営業時間が異なる場合があります
■定休日
不定休
■アクセス
横浜高速鉄道みなとみらい線「みなとみらい駅」直結、JR・横浜市営地下鉄「桜木町駅」から動く歩道を利用し徒歩8分
■駐車場
MARK IS みなとみらい駐車場 B1〜B3
営業時間:8:45~23:00
駐車料金:30分毎270円
収容台数:900台
※土日祝、特定日(4/29~5/5、8/13~8/15、12/29~1/3)、イベント開催日を除く
※MARK IS みなとみらい、ランドマークプラザ、クイーンズタワーA ショップ&レストラン利用で、最大3時間まで無料サービスあり
(お買い上げ・お食事2500円以上で1時間無料、5000円以上で2時間無料、6000円以上で3時間無料)
(5Fオービィ横浜は他の店舗との合算不可、最大3時間までのサービス)

雨でも濡れずに行けるアクセス!

MARK IS みなとみらいは「みなとみらい駅」直結。横浜駅寄り改札口からは3番出口方面に進むと正面に入口がある。元町・中華街駅寄りの改札口からは右側に「マークイズ連絡口」の表示がすぐあるので分かりやすい(※9~10時は連絡口より5Fのオービィ横浜への入館は不可)。

お子様連れに嬉しい設備をチェック!

【注目スポット】キッズルーム おやこの森:3F
プレイゾーン・キッズトイレ・授乳室・オムツ替え用ベビーベッド・給湯設備・電子レンジ・自動販売機
【その他】
・赤ちゃん休憩室(授乳室、ベビーベッド、給湯設備、自動販売機):B2F、3F、4F
・ベビーカーの貸し出し:1Fインフォメーションセンター(無料)
・コインリターン式ベビーカーの貸し出し:B4F・B2F・B1F・1F(無料)
・オムツ交換シート:各フロア
・キッズトイレ:3Fほか
・お子様用イスを用意したフードコート:4F
・コインロッカー・冷蔵ロッカー:B1F、B4F

WRITING/EMIKO OKAZAKI、NAOMI TERAKAWA PHOTO/MIHARU KIMURA、AYUMI OSAKI

MARK IS(マークイズ)みなとみらいは、三菱地所グループが展開する商業施設。2013年6月にグランモール公園をはさんだ横浜美術館を目の前、みなとみらい駅直結という立地にオープン。食料品売り場や100円ショップDASIO、ユニクロなどデイリーに使えるお店がある一方で、好感度なアパレル&ライフスタイル雑貨のショップも充実しており、近隣界隈に住むファミリーからショッピングやランチ、ディナーを楽しむカップルにも人気です。

TOP