長寿祝い(還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/百寿)年齢・由来は?喜ばれるプレゼントやお祝いのヒント

長寿祝い(還暦/古希/喜寿/傘寿/米寿/卒寿/白寿/百寿)年齢・由来は?喜ばれるプレゼントやお祝いのヒント

両親や祖父母、恩師の還暦や古希などの長寿祝い。大切な人の大切な節目は、特別な思い出を残しませんか? 日頃の感謝や、第二の人生の後押し、長生きしてほしいという気持ちを込めて、長寿祝いをきっかけに想いを伝えよう。大好きなお酒やお花などの定番プレゼントに加えて、旅行や食事など最高の思い出になる体験を編集部がナビゲート。長寿祝いのマナーや常識、タブーも併せてチェック!

更新日:2022/03/29

長寿祝いとは?還暦、古希、喜寿、傘寿、米寿などの由来と歴史

長寿のお祝いといえば、難しい言葉が並ぶのを見たことがある人も多いのでは? 何歳のお祝いがどのように呼ばれているのか、どういう由来があるのか、など知らないことも多いはず。身近に該当する家族がいたら、早速お祝いの準備をしよう。

還暦/61歳(満60歳)

61歳(満60歳)を祝う「還暦(かんれき)」。60年をかけて生まれた年の干支に還ることに由来。

長寿祝の色は赤。おなじみの赤いちゃんちゃんこには、魔除けや、もう一度“赤ちゃん”として生まれ、新たなスタートを切るという意味があるそう。

古希(古稀)/70歳

70歳を祝う「古希(こき)」の由来といわれているのが、中国の詩人、杜甫の漢詩に登場する「人生七十古来稀なり」という一節。もともとは「古稀」と書かれ、かつては70歳まで元気に過ごせることが稀だったことから、古希のお祝いをするようになったといわれている。

古希祝いの色である紫は、古くから魔除けや、心や体を癒す効果があると考えられてきた。

喜寿/77歳

77歳を祝う「喜寿(きじゅ)」。還暦や古希など多くの長寿祝いは中国がルーツといわれているけれど、喜寿は日本発祥のお祝いで、「喜」という漢字を草書体で書くと「七十七」と読めることが由来だそう。

喜寿祝いの色である紫は、古くから魔除けや、心や体を癒す効果があると考えられている。

傘寿/80歳

80歳をお祝いする「傘寿(さんじゅ)」は、漢数字で八十と縦書きにすると「傘」の略字に似ていることからその名が付いたそう。「八十寿(やそじゅ)」とも呼ばれている。

傘寿祝いの色は、高貴な色として使われてきた「黄色」や「金茶色」。また、古希や喜寿の色でもある「紫」を選ぶことも。

米寿/88歳

88歳を祝う「米寿(べいじゅ)」は、「米」という漢字を分解すると「八十八」になることが由来。

米寿祝いの色は、高貴な色として使われてきた「黄色」や「金茶色」。特に黄色には、秋に実る稲穂のイメージもあることから、選ばれることが多いそう。

卒寿/90歳

卒寿は90歳のお祝いのこと。卒の字の略字「卆」が九十と読めることに由来し、別名「卒の祝い」ともいわれる。

卒寿の色は「紫」や「白」。古希や喜寿の色でもある紫は昔から高位な色とされ、白は、純粋で無垢・神聖な色とされる。

白寿/99歳

白寿は99歳のお祝いのこと。日本発祥のお祝いで、「百」の字から「一」を引くと「白」になることに由来し、別名「白字の祝い」とも。

その名の通り、白寿の色は「白」。純粋で無垢、神聖な色とされている。

百寿、紀寿/100歳

「百寿(ひゃくじゅ・ももじゅ)」は100歳のお祝いのこと。一世紀を表す「紀寿(きじゅ)」ともいわれる。

百寿の色も、卒寿や白寿と同じく「白」。最近では「ももじゅ」という読みから「桃色」を選ばれることも。

その他にも108歳「茶寿(茶寿)」や、111歳「皇寿(こうじゅ)」、120歳「大還暦」など、寿命が延びるにつれてお祝いも新たに増えている。

お話をお伺いしたのは、マナーコンサルタントの西出ひろ子さん

マナーの専門家として、個人や企業のマナー研修、マナーコンサルティングに携わるほか、マナー関連の本を数多く手がけるなど多方面で活躍。単なる礼儀作法としてのマナーではなく、常に相手の立場に立ち、目の前にいる相手と心を通わせるマナーのあり方を美道家としても提唱している。

Instagram
Twitter

みんなは長寿祝いどうしてる?読者アンケート

長寿祝い、みんなはどうしてる? 贈り物やお祝い方法、気になる予算などを、オズモール読者1000人以上にアンケート調査。リアルなコメントとあわせて参考にしてみては。(2022年2月 オズモール調べ、n=1132)

長寿祝い、なにをして祝った?

食事会でお祝いをしている人が圧倒的に多い結果に。「ちょっと高級なホテルで懐石料理を食べた(らんさん)」「父の還暦祝いに親戚で集まりカニを食べに行った!ちゃんちゃんこのレンタルや写真撮影もしてくださりいい思い出になりました(Mineさん)」など、特別感あるレストランやお祝いの演出をしているという声が多く寄せられた。食事会の際にプレゼントを一緒に贈っているという声も。

「父の還暦祝いならびに退職慰労で3世代旅行(miaさん)」など、まだまだ元気な世代なら一緒に旅行をして思い出を残している人も多いよう。

2022年2月 オズモール調べ、n=1132

食事会、予算は1人いくら?

いちばん多かったのは「5001~6000円」。ホテルや高級レストランのランチで、お祝いムードたっぷりな食事会をしている人が多いよう。

「デザートプレートにメッセージを書いてもらって、写真も撮ってもらった(芋っこ娘さん)」「家族全員で個室でゆっくり食事をした(mikkieさん)」など、周囲を気にすることなく団らんを楽しんだり、写真撮影をして思い出に残したりして、大切な人の節目をお祝いしていた。

2022年2月 オズモール調べ、n=1132

贈り物をした人は、なにをプレゼントした?

どんなお祝いでもやっぱりお花は定番。生花を長期間楽しめるブリザードフラワーを贈っている人も多いみたい。

そのほか、洋服やアクセサリーなどの日常的に使えるものや、うなぎやお肉などの高級食材を贈るという人も多かった。「60歳のお祝いでは赤いちゃんちゃんこをプレゼントしました(アメリアさん)」と年齢に合わせた贈り物をしたという声も。

2022年2月 オズモール調べ、n=1132

贈り物、予算はいくら?

5001~15000円を予算にしている人が過半数以上を占めた。「習い事の先生に、生徒でお金を出しあって、先生の好きなシャンパンをプレゼントした(ガトさん)」のように、仲間内や兄弟姉妹の連名で贈り物をする人も多いよう。一緒にお祝いをする人がいる場合は、事前に相談してプランを立てよう。

「好みが合わないのでモノを買って送ることはしません(はちみつゼリーさん)」のように趣味趣向がわからない場合は、ギフト券・商品券や現金を贈るという人もいた。

2022年2月 オズモール調べ、n=1132

大切な人の節目、特別な思い出に。長寿祝いTips

プレゼントを贈って長寿をお祝い

プレゼントを贈って長寿をお祝い

お宮参りや七五三、成人式などと違って決まった儀式やルールがない長寿祝い。基本的には、家族や親せきなど、親しい間柄の人がお祝いすることが多いよう。

プレゼントやご祝儀を贈る際は、長寿祝いのテーマカラーを取り入れるほか、水引やラッピングのリボンなどに取り入れるのもおすすめ。相手の趣味趣向に合わせたアイテムや、普段は買えないような高級食材など、さまざまな贈り物が考えられるけれど、どんなものを贈るにしても「心がこもっている」ことが重要。相手が喜ぶ笑顔を思い浮かべながらプレゼントを選ぼう。

長寿祝いにおすすめのプレゼント

coming soon

食事会で長寿をお祝い

行き届いたおもてなしで迎えてくれるホテルレストランや、旬の食材をふんだんに取り入れた料理をお箸で楽しむ和食レストランなど、長寿祝いにおすすめのレストランが集合。周りを気にせず親族だけの時間が過ごせる個室や、高層階から夜景を望む席など、いつもよりも特別感が演出できるレストランなら思い出にも残るはず。

編集部おすすめ!長寿祝い専用プラン

ちゃんちゃんこ貸出付きやケーキ・花束付き、お祝いの色に合わせたボトルワイン付きなど、還暦祝いを華やかに盛り上げる長寿祝い専用レストランプランがおすすめ。家族そろってのお祝いにぴったりな個室もしくは半個室をリザーブするから、小さなお子様連れでも安心。

旅行をして長寿をお祝い

旅行が好きな相手なら、温泉旅行で癒しの時間をプレゼント。その土地ならではの食材がいただける宿、景色が美しい宿など、相手の好みに合わせてチョイスしよう。両親にプレゼントをしたり、三世代で一緒に宿泊をしたり、希望を聞きながら計画してみて。

編集部おすすめプラン

露天風呂付き客室やオーシャンビューのお部屋、無料送迎付きプランなど、長寿祝いにぴったりな温泉宿をリザーブ。

“特別な体験”で長寿をお祝い

エンタメ好きの人には、歌舞伎やミュージカル、クラシックコンサートなど、東京で楽しめる“本物”のエンターテイメントをプレゼントしてみては? OZの「東京体験・エンタメ予約」では、人気公演のチケットを特別リザーブ。ちょっぴりお得に貴重な体験ができるので、大切な人と過ごすひとときにもぴったり。

実のお母さんなど、特に近しい間柄の人におすすめしたいのはホテルスパ。ボディやフェイシャルをくまなくケアして癒しのひとときを。プールや温泉付きプランや、ランチ・アフタヌーンティー付きプランも用意されているから、贅沢気分を1日味わえる。

長寿祝いにおすすめの“特別な体験”

プール利用付きや食事付きも。贅沢ホテルスパ

歌舞伎やミュージカルほか。エンタメ体験

メッセージを贈って還暦をお祝いする

遠方などなかなか会えない場所にいる相手には、直筆メッセージを贈るだけでも想いが伝わるもの。手紙は書き慣れていないという人は、例文を参考にしたり、簡単な文面でも大丈夫。お気に入りの便箋やカードを選んで、素直な気持ちを綴ろう。

  • LINEで送る
※記事は2022年3月29日(火)時点の情報です。内容については、予告なく変更になる可能性があります

TOP