OZ×レストランで実現。宝石箱のようなケーキ&スイーツBOXで記念日をお祝い

OZ×レストランで実現。宝石箱のようなケーキで記念日をお祝い

写真:BREEZE OF TOKYO(東京都・東京/フレンチ)

大切な人の記念日や誕生日には、思い出になるような特別な演出をしたいもの。そんなときにぴったりな宝石箱のようなケーキ&スイーツBOXを、OZとレストランで作りました。このコラボレーションで出来上がったケーキ&スイーツBOXは、OZでしか予約できないので必見! この“宝石箱”で、主役のこれまでで一番の笑顔を見られるような時間を過ごしましょう!

更新日:2020/09/25

“宝石箱”コラボケーキ&スイーツBOXを選ぶ理由

宝石箱ケーキ&スイーツBOXが楽しめるお店

宝石箱ケーキ&スイーツBOXを作ってくれたのは2つのレストラン。シェフがオズモールの読者のことだけを思い浮かべ、たくさんの願いと思いを込めて作ってくれたものなのでじっくりご覧あれ。どちらを選んでも、ジュエリーのような食後のサプライズに感動してくれること確実!

OZ×Fish Bank TOKYO

箱の中には気持ちを込めたメッセージと
輝くようなスイーツがずらり!

ボックス型のメッセージプレートが得意なフレンチレストラン「Fish Bank TOKYO」が、今回はOZとのコラボレーションのために豪華な箱をご用意!
このスイーツBOXは、レストランが誇るオマール海老や和牛など、豪華フルコースの後に登場する。そこで考えられたのがスイーツのボリューム感。食後に合わせて小菓子にメッセージを添えてくれている。

気になる中身は、たっぷり30文字程度まで入るメッセージプレートと、季節のマカロンやチョコレートなどの品々。フルーツも盛り込まれており、蓋を開けた瞬間のフレッシュで華やかな香りに嬉しくなってしまう。
また、コーヒーや紅茶の種類も多いのでお楽しみに。

恋人やパートナーとの記念日はもちろん、女子力の高いスイーツだから友達の誕生日にも。

この宝石箱スイーツのポイント

・ジュエリーのように散りばめられたスイーツの数々
・文章でもOK。気持ちが伝わるメッセージプレート

この宝石箱スイーツを楽しめるプラン

牛フィレ、オマール海老などコース料理もOZ限定
東京タワー夜景に見とれるレストラン

【OZmallコラボ】宝石箱デザートで特別な1日に!乾杯シャンパンカクテル×黒毛和牛・フォアグラロッシ―ニやオマール海老を堪能
13500円(税・サ込)

コース内容:アミューズ/前菜/スープ/フィッシュ/メイン/デザート/ジュエリーボックスのプティフール/コーヒー・紅茶
特典:季節のフルーツを組み合わせたシャンパンカクテル 1人1杯付き

OZ×BREEZE OF TOKYO

フルーツやマカロンでおめかし
誰からも愛されるルビーのようなケーキ

毎年の人気ランキング常連店「BREEZE OF TOKYO」からは、オズモール読者にぴったりなケーキがお目見え。
ケーキのベースはフランボワーズのムースとホワイトチョコのムース。その上にフランボワーズのジュレを敷き詰めれば、きらびやかで乙女チックなイメージに。飾りのマカロンやフルーツも赤で統一感があり、かわいらしさの中に見える大人っぽさが特徴だ。

また、注目はケーキの上に飾られた飴細工と金箔。このレストランはガラス張りで背景に夜景を望めるので、夜空にキラリと光る星のような演出になってとってもおしゃれ!

テーブルに運ばれてくるときはホールで登場し、実際にいただくときには切り分けて季節のジェラートが添えられて再登場するという細やかな心配りも嬉しい。

この宝石箱スイーツのポイント

・まるでルビー。真っ赤なフランボワーズのジュレ
・夜景に映えるように計算された金箔

この宝石箱スイーツを楽しめるプラン

丸ビル最上階のシンプルモダンな空間で
最新のフレンチ5皿を堪能する記念日を

【OZmallコラボ★記念日ディナー】パティシエ特製の宝石箱ケーキで特別な1日に!最上階の窓際確約&Wメインのフルコース全5皿
12500円(税・サ込)

コース内容:本日の前菜/フォワグラの一皿/肉料理(TOKYO COW BOY厳選和牛)/OZmallコラボ宝石箱ケーキ/コーヒー又は紅茶
特典:メッセージ入りアニバーサリープレートをサービス

記念日特集

恋人と、家族と、友達と。記念日を過ごしたいレストランをご紹介

恋人と、家族と、友達と。記念日を過ごしたいレストランをご紹介

編集部が実際に足を運んで厳選したレストランを、おすすめの条件ごとにピックアップ。記念日のサプライズで予約したい高級レストランや、付き合って1周年記念、パートナーの昇進祝いなどに選びたいちょっと贅沢なお店など、女性目線で選び抜かれたレストランからイメージにぴったりの一軒を探そう。

PHOTO/KAZUHITO MIURA

  • LINEで送る

TOP