【水族館】今年開館50周年。三浦半島の西南端に位置する「京急油壺マリンパーク」

京急油壺マリンパーク_おすすめ_水族館特集

三浦半島の西南端にある水族館「京急油壺マリンパーク」。三浦半島の自然がつまった「みうら自然館」や三崎まぐろが味わえる「三崎マグロのレストランLog Terrace」など、この地ならではの施設もある。大型のサメなどを展示する「魚の国」や、イルカやアシカのショーを行う全天候対応型の屋内大海洋劇場「ファンタジアム」など、見どころがいろいろ。ペンギンたちが暮らすペンギン島やカワウソたちなど、かわいい動物にも親しめる

更新日:2018/07/03

京急油壺マリンパーク_おすすめ_水族館ニュース

開館50周年行事を開催中。懐かしくて新鮮な「京急油壺マリンパーク」50年の歩みを噛みしめたい

2018年4月に50周年を迎えた「京急油壺マリンパーク」。それを記念して、開館50周年特別展「相模の海から」を開催中。「京急油壺マリンパーク」の50年の歴史とともに歩んできた相模湾にスポットを当て、そこに生息する多様な生物やマリンパークとの関わりを紹介。浦賀水道から駿河湾の限られた海域でしか確認されていない珍しい「コブモロトゲエビ」の全国初の一般公開など、50年の歴史をもつ「京急油壺マリンパーク」ならではの展示が楽しめる

京急油壺マリンパーク_おすすめ_水族館情報1

「京急油壺マリンパーク」の人気者、カワウソやペンギンたちを間近で観察できる

毎日行われるパフォーマンスは、かわいい動物たちの姿を体感できるチャンス。50周年記念公演のいるか・あしかパフォーマンスをはじめ、イルカ、アシカ、キタイワトビペンギン、コツメカワウソたちのお食事タイムは、思わず笑ってしまう愛らしい様子が見られる人気プログラム。

750トンの水量をもち、建物をぐるっと一周する回遊水槽でも魚の餌付けガイドが行われ、飼育員の裏話も楽しめる。先着20名限定で行われる「カワウソのお魚あげて指タッチ!」(予約制/1000円)では、指先でカワウソの手に触れることができ、そのぷにぷにを自分の指で感じられる。

京急油壺マリンパーク_おすすめ_水族館情報2

いるか・あしかパフォーマンスも50周年仕様に。レトロな雰囲気で楽しむかわいい動物と水族館の歴史

人気のいるか・あしかパフォーマンスも開館50周年記念公演「ボクらの50年ものがたり」と題し、「ファンタジアム」のキャラクターが開館当時から現在までを紹介。イルカやアシカたちが次々とパフォーマンスを繰り広げる。

レトロな雰囲気の中、屋内劇場ならではのミュージカルのようなパフォーマンスは動物たちの愛らしさが感じられ、懐かしい気持ちになれる。

京急油壺マリンパーク_おすすめ_水族館情報3

三崎といえば、やっぱりまぐろ。水族館内のレストランでまぐろグルメを堪能

水族館の展示やパフォーマンスを楽しんだ後は、三崎まぐろが味わえる「三崎マグロのレストランLog Terrace」でランチはいかが。人気No.1の鮪づくし丼(1550円・写真)をはじめ、ご当地グルメの「三崎まぐろラーメン」(850円)、また、30年以上前からある手作りの「シーフードカレー」(900円)など、海鮮をはじめどれにしようか迷うほどメニューが豊富。

楽しいパフォーマンスとおいしい食事が楽しめる「京急油壺マリンパーク」で、のんびり時間を過ごしてみては。

京急油壺マリンパーク_おすすめ_水族館情報4
(左上)ペンギン島/(右上)かわうその森/(左下)あしか島/(右下)いるか・あしかパフォーマンス
京急油壺マリンパーク_水族館データ

京急油壺マリンパーク

スポット名
京急油壺マリンパーク
電話番号
0468800152 0468800152 (ご予約・お問い合わせ)
住所
〒238-0225 神奈川県三浦市三崎町小網代1082 Map
営業時間
9:00~17:00
※時季により変動あり
定休日
1月第2月曜日の翌日から4日間
交通アクセス
京急久里浜線「三崎口駅」より1番のりば「京急油壺マリンパーク」行きバスに乗車、終点「京急油壺マリンパーク」下車すぐ
※時期により変動あり
料金
大人(高校生以上)1700円、中学生1300円、小学生850円、幼児(3歳以上)450円、ペット(要手続き)500円
※2歳以下無料
バリアフリー情報
授乳室あり、おむつ換え用ベッドあり、貸し出し用ベビーカーあり、貸し出し用車椅子あり、多目的トイレあり(2カ所)
展示されている生き物
カリフォルニアアシカ、シロワニ、キタイワトビペンギン、バンドウイルカ、メダカ、バルチックチョウザメ、ネコザメ、オオメジロザメ、ノコギリエイ、コツメカワウソなど
ホームページ
http://www.aburatsubo.co.jp/

【特集】東京近郊の水族館・アクアリウム

水族館特集

優雅に泳ぐ魚たち、ペンギンやアザラシのキュートな表情、ゆらゆら漂う幻想的なクラゲ、イルカやアシカの心踊るショー・パフォーマンス。非日常気分を楽しめる東京近郊の水族館・アクアリウムをご紹介。デートや家族、ひとりで、癒しのお出かけを楽しんで

WRITING/AYAKO OKABE PHOTO/AYUMI OOSAKI

  • LINEで送る