【水族館】横浜中華街の中で貴重なアルビノのオオグソクムシに出会える。クスっと笑える「ヨコハマおもしろ/赤ちゃん水族館」

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_おすすめ_水族館特集

横浜中華街のビルの中にある「ヨコハマおもしろ水族館」。館内は中国南の島の小学校をモチーフにしていて、学校の中の体育館倉庫や音楽室などに魚や生き物たちが展示されている。水槽には魚について学べるクイズがあり、楽しみながら学べる仕掛けも。奥には「赤ちゃん水族館」があり、こちらは幼稚園がモチーフ。なかなか見ることができない魚の卵や赤ちゃんを観察できる。グルメだけじゃない中華街の楽しみ方を体験してみては

更新日:2018/07/03

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_おすすめ_水族館ニュース

夏休みの自由研究にもぴったり。家族でもカップルでも楽しめる夏休み限定の特別企画は7月14日からスタート

夏は水族館も限定イベントがたくさん。「ヨコハマおもしろ水族館」でも、ここならではのプログラムが期間限定で開催される。ピラニア(写真)やデンキナマズなど危険生物を館内各所に展示し、観察できる「海の危険生物を学ぼう」や、7月21日(土)からの「ヨコハマおもしろ水族館」を舞台にした謎解きスタディ「謎めく学校水族館」voi.1~あやつられた海洋毒(オーシャンポイズン)~、飼育員の仕事を学べる体験型キッズプログラム「おもしろ!!飼育体験」(500円・小学生以上対象)と、自由研究に最適な家族で体験したいイベントがいっぱい。

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_おすすめ_水族館情報1

「笑える!学べる!楽しめる!」がテーマの「ヨコハマおもしろ水族館」でお魚クイズにチャレンジ

小学校をモチーフにした水族館は、校門を入ると下駄箱水槽がお目見え。靴や足にちなんだ名前や動きに特徴のある生物が集まっている。造り物のたこ焼きとマダコが入った「たこ焼き水槽」など、思わず納得のギャグ水槽や、魚界の“美男子”たちを集めた「イケメン水槽」、寿司ネタでおなじみの魚が泳ぐ「寿司屋水槽」など、思わず笑ってしまうような展示が楽しめる。

各所にあるお魚クイズにチャレンジしながら、カップルで、ファミリーで和気あいあいと遊びながら見学するのも楽しい。

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_おすすめ_水族館情報2

幼稚園の中にあるのは海や川の生き物たちの赤ちゃんや卵。小さくて懸命に動く姿がかわいい

普段、なかなか見ることができない卵や、小さくてかわいい魚の赤ちゃんがいっぱい。中央に位置する滑り台やジャングルジムも実は水槽。中にはいろいろな魚たちが泳いでいる。また、「養殖!赤ちゃんゾーン」ではいつも食卓にのぼる身近な魚の赤ちゃんを展示。

爬虫類や両生類を見ることができる「魚以外!赤ちゃんゾーン」は少し高い位置に水槽があり、のぼり棒を使って上の水槽がのぞける仕組みになっているのもおもしろい。

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_おすすめ_水族館情報3

日本で初めて発見された白いオオグソクムシを展示。関連グッズはお土産にぴったり

館内には、「ヨコハマおもしろ水族館」の名誉館長長谷川久志氏と、深海プロジェクトディレクター長谷川一孝氏が発見した白いオオグソクムシ「しろまる」が展示されている。白いオオグソクムシは、通常グレーがかった色のオオグソクムシのアルビノ(色素を持たない生物)で、日本で初めて発見された貴重な生き物。それにちなんで、ショップでは他では購入できない白いオオグソクムシのグッズを販売。「しろまる」特大6500円や「しろまる」ムニュマムM680円など(写真左2点)、ここでしか買えないレアものなので来館記念になりそう。

中華街と言えばグルメが鉄板だけど、たまには家族やカップルで水族館を楽しむ中華街歩きをしてみては。

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_おすすめ_水族館情報4
(左上)アオウミガメの赤ちゃん/(右上)実験ゾーン1(フウセンウオ)/(左下)養殖!赤ちゃんゾーン /(右下)合唱水槽
ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館_水族館データ

ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館

スポット名
ヨコハマおもしろ水族館/赤ちゃん水族館
電話番号
0452223211 0452223211
住所
〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3F(横浜中華街大通り沿い) Map
営業時間
平日10:00~18:00(最終入場17:30)
土日祝10:00~20:00(最終入場19:30)
※春休み・GW・夏休み・冬休み期間は~20:00
定休日
年中無休
交通アクセス
JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」中華街口より徒歩5分
東急東横線・みなとみらい線「元町・中華街駅」2番出口より徒歩8分
料金
大人(中学生以上) 1400円、小人(4歳以上) 700円、65歳以上1000円
3歳以下無料
バリアフリー情報
授乳室あり(子ども用トイレを利用可)、おむつ換え用ベッドあり、貸し出し用ベビーカーなし、貸し出し用車椅子なし、多目的トイレあり(ビル1F)
展示されている生き物
オオグソクムシ、ヤドカリ、クリオネ、タツノオトシゴの仲間、チンアナゴ、メダカ、アオウミガメ、オニダルマオコゼなど
ホームページ
http://www.omoshirosuizokukan.com/

【特集】東京近郊の水族館・アクアリウム

水族館特集

優雅に泳ぐ魚たち、ペンギンやアザラシのキュートな表情、ゆらゆら漂う幻想的なクラゲ、イルカやアシカの心踊るショー・パフォーマンス。非日常気分を楽しめる東京近郊の水族館・アクアリウムをご紹介。デートや家族、ひとりで、癒しのお出かけを楽しんで

WRITING/AYAKO OKABE PHOTO/AYUMI OOSAKI

  • LINEで送る