増田セバスチャンが表現する、ポップでハッピーな「モネの小宇宙」に魅せられて

夏真っ盛りの今日この頃ですが、お盆を過ぎたら暑さも和らぎ、秋の足音が近づいてきますね。秋といえば「アート(芸術)」。連日大行列の美術展や、写真を撮ったり展示品に触ったりできる企画展など、最近広がりを見せつつあるアートの世界。今回は現代アート初心者の編集Cが、箱根にある「ポーラ美術館」で開催中の「増田セバスチャン×クロード・モネ POINT RHYRHM WORLD 2018」を鑑賞しに行ってきました。

更新日:2018/08/09

モネの「睡蓮の池」が現代に蘇る!増田セバスチャンによる立体点描画

原宿ポップカルチャーのパイオニア的存在である増田セバスチャンさんが創り上げたのは、19世紀後半に描かれた、画家クロード・モネの「睡蓮の庭」にインスピレーションを受け、オリジナルの立体点描という手法で世界観を再構築した大型のインスタレーション「モネの小宇宙」。

ベースとなるレイヤーを100枚以上に分け、その上に世界中のマーケットで増田さんが集めた約2トン(!)もの多彩なマテリアル(素材)を貼り付けることで、作品が形作られています。作品に近づいてよく見てみると、カラフルなリボンや毛糸、レースのような繊細な花、そしてフィギュアの洋服と思われるものまで、本当に膨大な種類の素材が使われているのが見てとれます。

細かく分けられたレイヤーと、素材の質感や表情を活かした表現方法が作品に立体感を出しているので、展示室に入った瞬間に、モネの世界に実際に足を踏み入れたかのような感覚を体験することができるはずです。

撮影ポイントはここ!作品の見どころをチェック

実は昨年の夏にも「POLA MUSEUM ANNEX」でも公開されたこちらの作品。今年は、もっとモネの世界に入り込んで楽しんでほしいという考えから、プロジェクションマッピングで音と光の演出をプラス。時間によって音や光が変化したり、近づくと光が変化する仕掛けも入れていて、絵画『睡蓮の池』でも表現されている水のゆらめきや光のきらめきを体感することができるそう。

こちらの展示室は、写真撮影もOK。できるだけ壁ぎわに寄って、真正面から一歩右のあたりが作品全体を写すことができていいですよ。もし周りに人が少なかったら、しゃがんで低い位置から撮影すると、橋の下にある池も入って◎です。
展示室内は暗めなので、スマートフォンにビビットモードが搭載されていたら使ってみるといいですよ。

絵の具は使わずに、すでにある素材の色をミックスすることで、今までにない新しい色を表現しているという増田さん。ぜひ作品の近くに寄って、それぞれの素材が持つ色にも注目してみて。

Photo:Ken Kato

「モネの小宇宙」がスイーツに。併設のカフェでひとやすみ

「ポーラ美術館」にはカフェやレストランも併設されていて、作品を鑑賞した後にひとやすみすることもできます。開催される企画展に合わせて期間限定メニューも登場するので、より深く作品の世界に浸れるのがいいですね。

今回は、地下1階にあるカフェ「チューン」で、前述の「モネの小宇宙」をイメージしたスイーツをいただいてきました。
色とりどりの多彩な素材をミックスして表現された作品同様に、ぷるんとしたゼリーやみずみずしいフルーツ、しゅわしゅわのメレンゲ菓子など、いろいろな味わいと食感が楽しめる、カラフルで見た目にも美しいひと皿です。

濃厚なバニラアイスが添えられていて、お皿の底に敷き詰められたさっぱりとした味わいのゼリーとの相性抜群。そのままでももちろんおいしいですが、わたしは溶けたアイスをソースのようにしてゼリーに絡めていただくのがお気に入りでした。みなさんもぜひ試してくださいね。

カフェ「TUNE(チューン)」

モネの小宇宙:単品1080円、コーヒーor紅茶付き1440円

増田セバスチャン×クロード・モネ POINT-RHYTHM WORLD 2018

スポット名
ポーラ美術館
電話番号
0460842111 0460842111
住所
神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285 Map
営業時間
9:00~17:00(最終入館 16:30)
定休日
会期中無休
交通アクセス
【車】東名御殿場ICより乙女峠経由、仙石原・小塚山まで約20分
【電車・バス】箱根登山線小田原駅から箱根湯本駅で乗り換え、強羅駅で下車。観光施設めぐりバスにて13分、ポーラ美術館で下車後すぐ
会期
~2018年12月2日(日)
入場料
大人 1800円、シニア割引(65歳以上)1600円、大学生・高校生 1300円、中学生・小学生(土無料) 700円
主催
公益財団法人 ポーラ美術振興財団「ポーラ美術館」
企画
ソニー・デジタルエンタテインメント/スピーディ
協力
Lovelies Lab.Studio
公式サイト
ポーラ美術館

東京近郊で開催!心ときめくアートの世界へ

2018年都内&東京近郊のアートイベント情報をOZmallが厳選してご紹介。今週末行ける美術館・美術展情報や、1泊2日で行けるアートをめぐる旅、デートや子連れでも楽しめるおすすめアートスポット・イベントなども。一人や彼、女友達、家族一緒にアートな1日を過ごそう。

WRITING/CHIHIRO SUZUKI(OZmall)

  • LINEで送る