【東京国立博物館】ミュージアムショップのアートなグッズ

【東京国立博物館】ミュージアムショップのアートなグッズ

東京国立博物館(トーハク)のミュージアムショップは、広々としたスペースに豊富なアイテムがそろい、1日中いてもあきないほど。所蔵品をモチーフにした雑貨や伝統工芸とコラボレーションしたアイテムなど約2000種類が揃うほか、美術や考古学、歴史に関する図書も充実。文房具や雑貨など、日常使いできるグッズもあり、ついつい手が伸びてしまうはず。

更新日:2018/08/21

東京国立博物館ミュージアムショップのスタッフおすすめ“日本美術を身に着ける”アートグッズ3選

名画から飛び出してきた精巧なブローチ
左から、「ピンブローチ 猫の涼み」4860円、「ピンブローチ 猫遊び」4104円、「ピンブローチ 金魚」4860円

名画から飛び出してきた精巧なブローチ

歌川国芳の浮世絵の一部をピンブローチにしたこちらは、身に着けてもかわいいけれど、元の絵が描かれた箱に入れて飾っておいてもステキ。キャラクターが立体的に、そして精巧に作られており、浮世絵そのものとは違った角度から楽しめそう。
「歌川国芳の猫や金魚をモチーフにしたグッズは常に人気です。ほかに扇子やトートバッグなども揃っているので、お好みのものを探してみてください」と、店長の齊藤智恵子さん。

「茶地枝垂桜飛鳥模様厚板唐織 コイン入れ」4276円
「茶地枝垂桜飛鳥模様厚板唐織 コイン入れ」4276円

伝統芸能の繊細な衣装がコロンとしたがま口に

「伝統工芸とコラボしたグッズもオリジナルで作っています。こちらのコイン入れは、所蔵品の能装束『茶地枝垂桜飛鳥模様厚板唐織』を元にデザインしたものです」と齊藤さん。
老舗の職人が織り上げた生地は、凛としながらも華やか。このがま口のコイン入れのほかに、名刺入れや札入れ、ネクタイなども用意。使っている生地の部分によってそれぞれ表情が異なるので、吟味して選びたい。

指輪 はにわ踊る人々、古代ジュエリー ペンダント はにわ踊る人々
左から、「指輪 はにわ踊る人々」 9720円 、「古代ジュエリー ペンダント はにわ踊る人々」11880円

よく見ると“はにわ!?”なアクセサリー

多彩なグッズが揃うこちらのショップでは、肌身離さず持っていられるアクセサリーも豊富。
「当館で所蔵している『埴輪 踊る人々』のモチーフは特に人気。アクセサリーは女性に限らず男性からも好評で、プレゼントに選ぶ方もいらっしゃいますよ」(齊藤さん)。
金メッキを古代風に仕上げているそうで、出土品のような古めかしさが感じられるのもポイント。

編集部が見つけたひとめぼれアイテム

無印良品、旅アイテム
左から、「はにわクリップ」432円、「おすわりはにわ」540円、「マスキングテープ埴輪 カラー」270円「マスキングテープ埴輪 茶」388円
※カップ麺の模型は商品に含まれません

オフィスでもはにわと過ごせるグッズ

はにわグッズはまだまだ! 思わずクスリと笑ってしまうようなユニークなアイテムがショップ内にズラリ。はにわのシルエットをかたどったクリップやマスキングテープは、オフィスなどでも話題になりそう。マスコットの「おすわりはにわ」は、カップ麺を作っている間、ふたが開かないように乗せておける優れもの。

ほかにも、美術品をデザインしたパッケージに東京の老舗の菓子を詰めたコラボ品は、東京土産としても人気。また、日本の作品が多いため“和”を感じるグッズも多く、海外への土産にもぴったりなものが見つかりそう。多彩なアイテムからお気に入りを見つければ、美術や考古学が身近に感じられるはず。

東京国立博物館ミュージアムショップ

電話番号
0338220088 0338220088
住所
東京都台東区上野公園13-9 東京国立博物館内
営業時間
9:30~17:00、金・土曜~21:00
定休日
月曜(祝日の場合は翌日平日に休館)
交通アクセス
JR上野駅公園口から徒歩約10分
ホームページ
東京国立博物館ミュージアムショップ

東京近郊で開催!心ときめくアートの世界へ

東京近郊で開催!心ときめくアートの世界へ

2018年都内&東京近郊のアートイベント情報をOZmallが厳選してご紹介。今週末行ける美術館・美術展情報や、1泊2日で行けるアートをめぐる旅、デートや子連れでも楽しめるおすすめアートスポット・イベントなども。一人や彼、女友達、家族一緒にアートな1日を過ごそう。

PHOTO/TAKASHI KATO TEXT/MARIA KAWASHIMA

  • LINEで送る