原美術館でリー・キット「僕らはもっと繊細だった。」開催。香港出身の注目作家が日本の美術館では初の個展

リー・キット展@原美術館 図版1

(C) Lee Kit, courtesy the artist and ShugoArts

2013年に国際美術展覧会・ヴェネチアビエンナーレで注目を集めた、香港出身アーティストのリー・キット(李傑)。現代のアジアのアートシーンをリードする彼の、日本の美術館では初となる個展が、北品川の原美術館で開催される。空間を絵画のように仕上げるインスタレーションは、原美術館のために作られた新作。この場所でリー自身が何を感じて、どんな“絵画”を描くのか。表現された空間の中で、実際に体感してみたい。

更新日:2018/09/10

リー・キット展@原美術館 図版2
(C) Lee Kit, courtesy the artist and ShugoArts

展覧会の場所に寄り添う作品は原美術館ならではの空間に

2018年9月16日(日)から12月24日(月・祝)まで、原美術館ではリー・キット「僕らはもっと繊細だった。」という名の展覧会を開催。

絵画やドローイング、プロジェクターの光や映像、さらには家具や日用品なども配して、展示空間全体をまるで淡い色調の絵画のように仕上げたインスタレーションに力を入れているリーは、欧米やアジア各地で作品発表を続けている。

作品は、特定の場所のために制作される「サイト・スペシフィック」と呼ばれる方法で、展覧会を開催する場所の空気や感情に寄り添って創り上げられるのが大きな特徴のひとつ。元は個人の邸宅だったのが、第二次世界大戦後にGHQから返還された歴史を持つ原美術館で新たに作られるインスタレーションは、この場所でしかあり得ない、どこにもない空間を見せてくれるはず。

リー・キット展@原美術館 図版3
個展「Not untitled」(シュウゴアーツ、2017年)より「Only the wind」 (C) Lee Kit, courtesy ShugoArts (参考図版)

偶然の発見から誕生した、印象的なプロジェクターの表現

リーの作品には、プロジェクターを使った表現が多いけれど、そのきっかけはささいな偶然のできごとだったそう。

ある日、1人で作品を制作していると、夕刻になって部屋の中が暗くなり始めたという。電気をつけに行くのも面倒だなと思っていたら、たまたまプロジェクターにスイッチが入っていることに気付く。絵をよく見てみたかったので、プロジェクターの前に持っていき、少し離してみるとピクセル(画素)が見えてきた。それを見て、「自分は写実的な表現はできるけれど、ピクセルのようにものの姿を捉えることはできない。これはすごい!」と感動したのだとか。

すぐにカメラを持ってきて、プロジェクターに写し出されている絵画を写真に撮り、またその写真をプロジェクターで映し出したのが始まり。それが進化してプロジェクターを使った作品展示になったというから、アートのきっかけはどこに転がっているか分からない。

リー・キット展@原美術館 図版4
個展「Hold your breath, dance slowly」(The WalkerArt Center、2016年)より展示風景 (C) Lee Kit, courtesy the artistand ShugoArts (参考図版)

絵画が語りかける空間へ。カフェではイメージケーキも

プロジェクターを使った作品は、雰囲気を作ることができるし、スポットライトで作品を照らし出すのとは違う効果があるとリーは語る。

「例えば、絵画の中に歩いて入り込んでいくことはできない。でも、プロジェクションで映し出された絵画では、前を歩けばその中に入ったり、出たりすることができる。それが私にとって大切なことだったんだ」

さらに、絵画というのはストーリーを語るためにあり、ペインティング・絵画とプロジェクションを組み合わせることでストーリーを語れると言う。実際に展示空間の中に身を置いたら、どんなストーリーが語られるのかと思うと、ちょっとワクワクしてくる。

また、美術館に併設された「カフェ ダール」では、展覧会のイメージを取り入れたイメージケーキ(755円)も販売されるので、自分の感じたストーリーと合わせて楽しむのもおすすめ。想像の翼を広げて、美術館の空間と注目の現代アートを満喫して。

リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」 ポスター

イベントDATA

イベント名
リー・キット「僕らはもっと繊細だった。」
開催場所
原美術館
会期
2018/9/16(日)~12/24(月・祝)
開館時間
11:00~17:00 
※祝日を除く水曜は 20:00まで
※入館は閉館時刻の 30 分前まで)
休館日
月曜(祝日にあたる 9/17・24、10/8、12/24は開館)、9/18(火)・25(火)、10/9(火)
入館料
一般 1100 円、大高生 700 円、小中生 500 円
※原美術館メンバーは無料
※学期中の土曜は小中高生の入館無料
※20 名以上の団体は一人 100 円引
ホームページ
原美術館 HP
原美術館 外観

原美術館

電話番号
0334450651 0334450651
住所
東京都品川区北品川4-7-25 Map
交通アクセス
JR「品川駅」高輪口より徒歩15分、タクシー5分、都営バス「反 96」系統「御殿山」停留所下車 徒歩3分、京急線「北品川駅」より徒歩8分

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

美術展ニュース

今しか見られない、おすすめの美術展をご案内。見どころをわかりやすく紹介します。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る