東京国立博物館で特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」鎌倉彫刻の名品がずらり!

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東京国立博物館 大報恩寺 外観+釈迦如来坐像

左/大報恩寺 外観 右/① 重要文化財 釈迦如来坐像 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

京都の大報恩寺は、鎌倉彫刻の宝庫。2020年には開創800年を迎えることを記念して、2018年10月2日(火)から12月9日(日)まで、上野の東京国立博物館で特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」を開催する。快慶、定慶、行快といった慶派の仏師のなかでもスーパースターの名品が揃う上に、重要文化財の特別公開や寺外初公開の秘仏など、みどころも十分。この秋、鎌倉時代のみほとけに会いに行こう。

更新日:2018/10/01

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東京国立博物館 如意輪観音菩薩坐像+阿那律立像
左/重要文化財「如意輪観音菩薩坐像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵 右/重要文化財「阿那律立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

縁結びにもご利益のあるお寺から“みほとけ”が集結

鎌倉時代の1220年に開創された大報恩寺は、2020年に開創800年を迎える古刹。京都では秘仏であるご本尊の「釈迦如来坐像」が貴族から庶民まで広く信仰を集めたことと、近くに京都を南北に縦断する千本通りがあることから、「千本釈迦堂」の名前で親しまれている。

本堂は、室町時代の応仁の乱(1467年)をはじめとする多くの戦火を免れて、洛中(京都市内)では最古の木造建造物として国宝に指定されているという。

境内中央にある大きな枝垂桜も有名だけど、「おかめ」発祥の地としても知られていて、お参りすると「縁結び」や「夫婦円満」、「子授け」にご利益があるとか。そんなお寺にある鎌倉時代の名品が出揃うのだから、もしかしたら京都に行くよりご利益がありそう。

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東京国立博物館 「釈迦如来坐像」と「十大弟子立像」
左/重要文化財「優婆離立像(十大弟子立像のうち)」快慶作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵 右/重要文化財 釈迦如来坐像 行快作 鎌倉時代・13世紀 京都・大報恩寺蔵

鎌倉時代を再現?本尊の秘仏と弟子の像を特別に同じ空間で展示

見どころのひとつは、大報恩寺のご本尊で年に数回しか公開されない秘仏「釈迦如来坐像」(重要文化財)と、快慶晩年の名品「十大弟子立像」(重要文化財)が10体揃って、お寺以外で初めて公開となること。

「釈迦如来坐像」は、快慶の弟子である行快が残した貴重な仏像の一つ。さらに「十大弟子立像」は、現在は別の場所に安置されているものの、造られた当初は本堂にあって、本尊を囲むように安置されていたという。

そこで、今回の展示では、当初に本堂で安置された状況を考えながら、特別に同じ空間で展示する。鎌倉時代の人々が拝んだ秘仏と名品の像を、この形で見ることができるのはこの展覧会ならでは。

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東京国立博物館 六観音菩薩像2体
左/重要文化財「聖観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵 右/重要文化財「千手観音菩薩立像(六観音菩薩像のうち)」肥後定慶作 鎌倉時代・貞応3年(1224)京都・大報恩寺蔵

史上初!会期後半は光背を外した観音様の背中を間近で堪能

運慶の弟子・肥後定慶作「六観音菩薩像」は、重要文化財に指定されている唯一の六観音像。観音様の足元の台座も背面に広がる光背も、像が造られた当初のものを残していて、隅々まで精緻に彫られている。

展覧会では「六観音菩薩像」を360度ぐるりと見ることができるだけでなく、10月2日(火)から10月28日(日)までの会期前半は光背をつけた本来の姿、10月30日(火)から12月9日(日)までの会期後半には光背を取り外した姿と、2つのスタイルを楽しめる。

光背を外した、観音様の美しい背中のラインを間近に見られるのは、なかなかできない体験。それぞれに会期の前半と後半で、違う表情や魅力を堪能できるのも嬉しい。

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ@東京国立博物館「六観音とめぐる蓮弁パスケース」
「六観音とめぐる蓮弁パスケース」1728円 左から、天上道ホワイト(如意輪観音菩薩)、人間道イエロー(准低観音菩薩)、修羅道ブルー(十一面観音菩薩)、畜生道ビリジアン(馬頭観音菩薩)、餓鬼道レッド(千手観音菩薩)、地獄道グレー(聖観音菩薩)

みほとけにちなむ展覧会グッズも。古の京都に思いを馳せて

今回は、展覧会グッズも「みほとけ」にちなんだ、ちょっとありがたい雰囲気のものが揃う。例えば「蓮弁パスケース」(1728円)は、大報恩寺にいらっしゃる六観音(聖観音、千手観音、馬頭観音、十一面観音、准胝観音、如意輪観音)の立つ蓮台の花弁をイメージしているそう。

仏教では、すべての生きものが生前の行動によって「六道」という六つの世界のどれかに生まれ変わるといい、それぞれの世界に六観音がいらっしゃるとか。その六道と六観音をイメージした6色のパスケースがあるので、好きなカラーとみほとけにあわせて選んでみて。

また、釈迦十大弟子の特徴的な「徳」をイメージした「徳目ピアス・イヤリング」(2268円)も販売。耳元で、「よく話を聞く」「決まりごとを守る」などの徳が揺れるのも、知的なおしゃれかも。

快慶や定慶などスター仏師の名品が揃う特別展で、鎌倉時代の京都に思いを馳せて。

京都 大報恩寺快慶・定慶のみほとけ   ポスター

イベントDATA

イベント名
特別展 京都 大報恩寺快慶・定慶のみほとけ
開催場所
東京国立博物館 平成館特別第3・4室
会期
2018/10/2(火)~12/9(日)
開館時間
9:30~17:00
※金・土曜日、10/31(水)、11/1(木)は21:00まで
※入館は開館の30分前まで
休館日
月曜日
※ただし10/8(月・祝)は開館、10/9(火)は休館
観覧料(前売)
一般1400円(1200円)、大学生1000円(800円)、高校生800円(600円)
ホームページ
特別展 京都 大報恩寺快慶・定慶のみほとけ 公式サイト
東京国立博物館 外観

東京国立博物館

電話番号
0357778600 0357778600 ハローダイヤル
住所
東京都台東区上野公園13-9 Map
交通アクセス
JR「上野駅」公園口・「鶯谷駅」南口より徒歩10分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」、東京メトロ千代田線「根津駅」、京成電鉄「京成上野駅」より徒歩15分

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

美術展ニュース

今しか見られない、おすすめの美術展をご案内。見どころをわかりやすく紹介します。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る