六本木・森美術館「カタストロフと美術のちから展」アートを通して社会とつながる作品を紹介

カタストロフと美術の力@森美術館 オノ・ヨーコ 《色を加えるペインティング(難民船)》  PC

2018年10月6日(土)から2019年1月.20日(日)まで、六本木の森美術館では、六本木ヒルズ・森美術館15周年を記念して「カタストロフと美術のちから展」を開催中。「カタストロフ」とは、震災やテロなどの大惨事のことで、これらの悲劇をテーマにしたアート作品が集められている。展覧会では、負のパワーを未来への希望に変える「美術のちから」に注目。 アートだからできること、その可能性を観に行こう。

更新日:2018/12/10

カタストロフと美術の力@森美術館 ジリアン・ウェアリング
ジリアン・ウェアリング 《自分の人生つかみきれない!》(左)《絶望的》(右)「誰かがあなたに言わせたがっていることじゃなくて、あなたが彼らに言わせてみたいことのサイン」シリーズより 1992–1993年 Cプリント、アルミニウム板 44.5 x 29.7 cm Courtesy: Maureen Paley, London

客観的な記録とは違うアーティストの「もうひとつの事実」

大震災やテロなど、世界各地で絶えず発生するカタストロフ。多くのアーティストがこうした悲劇に出会うたびに、そのことを考え後の世に語り継ぐために作品を制作している。それは、マスメディアの客観性を重んじる記録とは異なる、もうひとつの事実を私たちに提示する。

今回の展覧会では、現代美術の世界で世界的に活躍するスター作家から、注目の若手作家、日本初公開の作家まで、40組の作品を展示。カタストロフから再起しようと想像力を駆使するアーティストたちの試みに、注目したい。

「セクションⅠ」では、「美術が惨事をどのように描くのか」に焦点を当てる。ここでは、作家たちが惨事をどのように記録・再現し、どんな形で他者と共有しようとしているのかについて考える。

カタストロフと美術の力@森美術館 池田 学 《誕生》
池田 学 《誕生》 2013-2016年 ペン、アクリル・インク、透明水彩、紙、板にマウント 300×400cm 所蔵:佐賀県立美術館 デジタルアーカイブ:凸版印刷株式会社 Courtesy: Mizuma Art Gallery, Tokyo / Singapore
*11月28日から展示

カタストロフから再起しようとする「美術のちから」を紹介

「セクションⅡ」は、破壊から創造を生み出す「美術のちから」を紹介する。カタストロフは私たちを絶望に追い込むけれど、一方で、そこから再起しようとする力は想像力を刺激し、創造の契機となることもまた事実。

アーティストの豊かなイマジネーションによって制作された、再生、復興、よりよい社会が表現された作品は、私たちの想像力も刺激してくれるはず。例えば池田学氏の《誕生》は、東日本大震災をきっかけに制作された作品。絵の中に込められた、未来へのメッセージを共有しよう。

カタストロフと美術の力@森美術館 オノ・ヨーコ《色を加えるペインティング(難民船)》
ジョン・レノン&オノ・ヨーコ《戦争は終わる》1969 / 2018年 展示風景:「カタストロフと美術のちから展」森美術館(東京)2018年 撮影:木奥惠三 画像提供:森美術館

ジョンとヨーコの思いをつないで世界平和を祈る屋外展示も

また、屋外展示の《戦争は終わる》は、ミュージアムコーンの周辺と六本木ヒルズ内の各所に展示されるビルボード作品。

これは、ベトナム戦争が激化していた1969年に、オノ・ヨーコとジョン・レノンが「WAR IS OVER “IF YOU WANT IT” Merry Christmas from John and Yoko」と描かれたビルボードを、ニューヨークをはじめ世界11都市で掲示し、その後も世界各地で行われているプロジェクトのひとつ。

カタストロフと美術の力@森美術館 トートバッグ
左/オノ・ヨーコ《戦争は終わる》Tシャツ 2808円 右/MODECO「Fireman」トートバッグ 1万6200円 ※商品によってデザインが異なる。

実用性とセンスあふれるオリジナルグッズも「ちから」に

ミュージアムショップでは、ロゴがデザインされた「ツールボックス」(3456円)や「軍手」(540円)など、実用性とセンスにあふれるオリジナルグッズを販売する。

中には、メッセージ入りの「Tシャツ」(2808円)や、実際に使っていた消防服を再利用したデザインの、1点もののMODECO「Fireman」トートバッグ(1万6200円)も。消防服は、火災現場や被災現場で染み付いたすす汚れやダメージまでもデザインとしてそのまま利用しているので、消防士の活躍の軌跡に思いを馳せるのもいいかも。

美術を通して、社会とつながり、変革をもたらす「美術のちから」。アートの可能性を信じたアーティストたちの多彩な表現の中から、明日への希望を感じ取ろう。

カタストロフと美術の力@森美術館 ポスター画像

イベントDATA

イベント名
六本木ヒルズ・森美術館15周年記念展 「カタストロフと美術のちから展」
開催場所
森美術館
会期
2018/10/6(土)~ 2019/1/20(日)
開館時間
10:00~22:00(最終入館 21:30)
※火曜のみ17:00まで(最終入館 16:30)
※ただし2018/12/25(火)、2019/1/1(火・祝)は22:00まで(最終入館 21:30)
観覧料
一般  1800円、学生(高校・大学生)1200円、子供(4歳~中学生)600円、シニア(65歳以上)1500円
ホームページ
カタストロフと美術のちから展

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

美術展ニュース

今しか見られない、おすすめの美術展をご案内。見どころをわかりやすく紹介します。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る