六本木のサントリー美術館で「扇の国、日本」展。日本生まれの最も身近な美術品・扇の世界を楽しんで

扇の国、日本  PC

日本生まれで、宗教の儀式や生活用品として日本人に最も身近な美術品だった「扇」。そんな扇にスポットを当てた展覧会「扇の国、日本」展が、2018年11月28日(水)から2019年1月20日(日)まで、六本木のサントリー美術館で開催される。和歌や絵が施され、ギフトやコミュニケーション・ツールとしても活用された扇の、多面的な世界を楽しんで。

更新日:2018/12/17

扇の国、日本  重要文化財 彩絵檜扇
重要文化財 彩絵檜扇 一握 平安時代 12世紀 島根・佐太神社 (島根県立古代出雲歴史博物館寄託)【展示期間:11/28~12/24】

昔から世界を魅了してきた扇。神仏と人を結ぶ呪力にも注目

1878年(明治11年)にフランス・パリで開催された万国博覧会では、幅広い時代と流派を網羅した100本の「扇」が出品されたそう。展覧会では序章で、このときのパリ万博に出品された扇を見ることができる。かつて万博に訪れた人々がそうであったように、世界を魅了した「扇の国、日本」への扉を開く。

日本の扇は大別すると、薄い板を綴じ重ねた「檜扇(ひおうぎ)」と、竹骨に紙や絹を張った「紙扇」の2種類がある。涼をとるためだけでなく、儀礼や祭祀の場でも使われ、平安時代の半ばには貴族の装束の一部としても発達。そこで、第1章では「扇の呪力」と題して、神仏と人を結ぶ呪術の道具としての扇を紹介する。

扇の国、日本 扇屋軒先図+扇面画帖
左/扇屋軒先図 二曲一隻 江戸時代 17世紀 大阪市立美術館 (田万コレクション)【全期間展示】 右/扇面画帖 一帖 室町~桃山時代 15~16世紀 奈良国立博物館 (撮影:森村欣司) 【全期間展示】(ただし場面替あり)

運命を司る扇や、コミュニケーション媒体としての扇も紹介

第2章の「流れゆく扇」では、水面に扇を投じて眺める「扇流し」のような配置で描かれた屛風や襖絵をラインナップ。

扇が水の流れに沿って漂い変化する様子に、昔の人は趣を感じ、無常観を見い出したのかもしれない。そこには、鎌倉時代の仏教説話集《長谷寺験記》にある「流れつく扇から愛する人の居場所を知り、再会する」というエピソードのように、扇には恋愛や運命を司るというイメージも託されていたそう。

また、第3章「扇の流通」は、10世紀頃には中国などに特産品としてもたらされていた扇が、国内外で流通したことに着目。輸出品としてはもちろん、季節の贈答品などコミュニケーションをつなぐアイテムとして人々の手に渡っていった扇を展示する。

扇の国、日本 見立那須与一 屋島の合戦+東扇 三代目大谷広右衛門
左/見立那須与一 屋島の合戦 鈴木春信 一枚 江戸時代 明和3~4年(1766~67)頃 個人蔵【展示期間:12/26~1/20】 右/東扇 三代目大谷広右衛門 勝川春章 一枚 江戸時代 安永(1772~81)後期~天明(1781~89)初期 千葉市美術館【展示期間:12/19~1/20】

物語を描いた扇、ファッション・アイテムとして人気の扇絵

第4章「扇と文芸」では、イメージを共有するツールとして、物語性を持った扇の役割を見てゆく。例えば長いストーリーも、扇に名場面のダイジェストを描いたり、それを屛風や画帖にコラージュすることで、全貌を味わえたという。

さらに、第5章は「花ひらく扇」と題し、あらゆる流派によって描かれた江戸時代のバラエティ豊かな扇絵を集める。江戸時代は、将軍や大名の御用絵師である狩野派も、宮廷絵師の土佐派も、庶民の支持を得ていた絵師も、さまざまな流派が競って扇絵を描いたとか。この時代に、身近で最先端のファッションアイテムとして花ひらいた扇絵は、当時の女性にも人気だったはず。

扇の国、日本 梅樹扇模様帷子+織部扇面形蓋物
織部扇面形蓋物 一合 桃山時代 17世紀 梅澤記念館【全期間展示】

工芸も染織も。モチーフとして広がりを見せる扇のデザイン

終章「ひろがる扇」は、さらなる発展を遂げた扇の世界を紹介する。扇は、開くと末広がりになる形から、繁栄を意味する縁起ものとして愛好されてきた歴史がある。

そこから、絵を描くフレームにとどまらず、絵画のジャンルを超えて工芸や染織の世界でも広がりを見せてきた。いろいろな姿のモチーフとして、大胆なデザインが生み出され、人々の生活も彩られる。ここでは、近世を中心に、自由な造形で展開される「扇」デザインの作品を見てゆく。

奈良時代には使われていたという、日本生まれの「扇」。その歴史や広がりを知ることで、身近な美術品としての新しい価値を感じられる展覧会になりそう。

梅扇ふやき最中とお抹茶
カフェ 展覧会限定メニュー「梅扇ふやき最中とお抹茶」1026円

カフェには老舗の加賀麩を使った展覧会限定メニューも登場

展覧会の開催期間中は、慶応元年創業「加賀麩 不室屋」がプロデュースする美術館のカフェに、限定メニューも登場。不室屋は150年の伝統を誇る金沢の老舗で、カフェでは「麸」を現代的にアレンジした軽食や甘味が楽しめる。

展覧会限定メニュー「梅扇ふやき最中とお抹茶」(1026円)は、不室屋で人気の「宝の麩」のふやきを使い、柚子あんの「扇最中」、つぶあんの「梅最中」をそれぞれに仕立てたスペシャルな和菓子セット。お抹茶と一緒に、展覧会の後のひとときを楽しんで。

扇の国、日本 ポスター画像

イベントDATA

イベント名
「扇の国、日本」展
開催場所
サントリー美術館
会期
2018/11/28(水)~2019/1/20(日)
開館時間
10:00~18:00(金・土は10:00~20:00)
※2018/12/23(日・祝)、2019/1/13(日)は20:00まで開館、2018/12/29(土)は18:00まで開館
※いずれも入館は閉館の30分前まで
休館日
火曜
※2019/1/15(火)は18:00まで開館
※2018/12/30(日)~2019/1/1(火・祝)は年末年始のため休館
入館料
一般1300円、大学・高校生1000円、中学生以下無料
割引
◇100円割引
・ウェブサイト限定割引券提示
・スマートフォンサイトの割引券画面提示
・あとろ割:国立新美術館、森美術館の企画展チケット提示
※割引適用は1種類まで(他の割引との併用不可)
※会期中、展示替えあり
ホームページ
「扇の国、日本」展

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

美術展ニュース

今しか見られない、おすすめの美術展をご案内。見どころをわかりやすく紹介します。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る