ヒットアニメの制作過程が体験できる!六本木で「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」開催

PIXARのひみつ展 @六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー PC

「PIXARのひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXARとの協力により開発したものです。※イメージ (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.

『トイ・ストーリー』や『ファインディング・ニモ』など、数々のヒット作で知られるピクサー・アニメーション・スタジオ。その作品制作の裏側に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」が、2019年4月13日(土)から9月16日(月・祝)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューで開催される。大好きなアニメーションの制作工程を体験できるチャンスだけに、ファンは必見!

更新日:2019/03/25

PIXARのひみつ展@東京シティビュー モデリング
(C)Michael Malyszko

北米で150万人以上を魅了した人気展がアジア初上陸!

この展覧会は、2015年のボストンサイエンスミュージアムでの初開催後に、アメリカとカナダの8会場で150万人以上を動員した人気展で、今回がアジア初上陸。会場では、アニメーション制作のカギとなる8つの工程を通して、アニメーション作品を支える科学について学ぶことができる。

最初の工程はキャラクターの形をつくる「モデリング」の工程。こちらはアーティストが描いたスケッチを基本に、スカルプターがキャラクターの特徴がよく分かる粘土模型を制作。それを、デジタル・モデラーがバーチャル3Dモデルにするもので、点と点をつないだ形のキャラクターのデジタルワイヤーフレームが現れる。

PIXARのひみつ展@東京シティビュー リギング
(C)Michael Malyszko

動きをつけたり物語の舞台を整えたりと、制作の流れを体験

次の工程は3Dモデルのキャラクターの動きを作る「リギング」。モデリングによって作られたキャラクターをリアルに動かすため、仮想の骨や関節、筋肉などを作って、モデルを動かすための仕組み(リグ)を設計する。ここでは、リグの数や場所、曲がる角度などを、体のパーツが自然に動くように設定。この工程によって、キャラクターたちは生き生きと個性的に活動できるというわけ。

体の動かし方が決まったら、次は髪や服などの外見を決める「サーフェイス」の工程。どんな素材でできているのか、新品か古びているかなど、実際にコンピュータープログラムを操作しながら表現の違いを見ることができる。

さらに、バーチャルの世界観を構築する「セット&カメラ」の作業では、カメラアーティストがシーンの構成やカメラアングルなどを決めて撮影。ここで一気に、物語の舞台が整う。

PIXARのひみつ展@東京シティビュー ライティング
(C)Nicolaus Czamecki

キャラクターに命が吹き込まれ、自然界を再現する技術も

「アニメーション」の工程では、アニメーターがキャラクターに演技をつけて感情を表現させる。キャラクターに命が吹き込まれて動き出すと、シーンに躍動感が生まれ、物語が進んでゆく。

次にシミュレーションプログラマーによって行われるのが、キャラクターの髪の毛や衣服を現実の世界のように動かすためのプログラムをする「シミュレーション」の工程。自然現象の物理的な法則を再現して、違和感を感じさせない自然な流れを作り出す。

こうしてみると、何気なく鑑賞しているアニメーションにも、プロによるさまざまなデジタルの技術が駆使されていることが分かって面白い。

PIXARのひみつ展@東京シティビュー ライティング
(C)Michael Malyszko

アニメーション映画が完成するまでの全工程を体感できる

全体の動きや流れができると、照明デザイナーが昼や夜などの明かりを調節する「ライティング」へ。照明の効果で強弱をつけてストーリーの感情を引き出し、観客の視線を導くことで、情感あふれるシーンを作り上げる。

最後の工程は、映画館などで楽しめる状態に仕上げる「レンダリング」と呼ばれる工程。ここまでの工程で完成したバーチャル上での3Dシーンを、最終的な2Dイメージ画像に変換してアニメーション作品に作りあげる。

展示を見ながら、実際に作業工程も体験できるので、アニメーション制作の一連の流れがしっかり理解できるはず。また、各エリアでキャラクターとの記念撮影もできるので、楽しみながら鑑賞できるのも嬉しい。

誰もがきっとお気に入りの作品があるPIXARアニメーション。その世界を体感すれば、もっと違った角度で楽しめるかも。

PIXARのひみつ展@東京シティビュー ポスター画像

イベントDATA

イベント名
PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス
開催場所
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
会期
2019/4/13(土)~9/16(月・祝)
開館時間
10:00~22:00(最終入場 21:30)
観覧料
一般1800円、高校生・大学生1200円、4歳~中学生600円、シニア(65歳以上)1500円
「PIXARのひみつ展」はボストンサイエンスミュージアムがPIXARとの協力により開発したものです。 (C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved. Used Under Authorization.
ホームページ
「PIXARのひみつ展 いのちを生みだすサイエンス」特設サイト
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52階)

会場DATA

スポット名
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
電話番号
0364066652 0364066652 (受付時間10:00~20:00)
住所
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー52階 Map
交通アクセス
東京メトロ日比谷線「六本木駅」1C出口よりコンコースにて直結・徒歩3分、都営地下鉄大江戸線「六本木駅」3出口より徒歩6分・「麻布十番駅」7出口より徒歩9分、東京メトロ南北線「麻布十番駅」4出口より徒歩12分、千代田線「乃木坂駅」5出口より徒歩10分
ホームページ
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー

アート、ミュージカル、クラシック・・・特別な1日を約束する“東京体験”をチェック

舞台、ミュージカル、歌舞伎、クラシック、アート・・・さまざまなエンターテインメントがあふれている東京。でも、なかなか経験する機会がない人も多いのでは? オズモールの東京体験では、観劇や鑑賞のレストラン付きプラン、お土産付きの観劇チケットなど “いい1日”が過ごせる、とっておきのプランをラインナップ。ぜひチェックしてみて。

美術展ニュース

今しか見られない、おすすめの美術展をご案内。見どころをわかりやすく紹介します。

NAOKO YOSHIDA (はちどり)

  • LINEで送る