デザイン好きのための素敵な秘密基地。デザインの魅力にふれる六本木「21_21 DESIGN SIGHT」

21_21 DESIGN SIGHT 外観

Photo: Masaya Yoshimura

東京ミッドタウン内にある21_21 DESIGN SIGHTは、生活を楽しく豊かに彩る「デザイン」に注目した施設。「日常」をテーマにした企画展やデザイナーのトークイベントなど、さまざまなプログラムを開催している。ガーデンの中に現れた巨大な三角形の屋根がユニークな建物は、地上1階地下1階の半地下のような空間。秘密基地の中に入っていくような、ワクワク感も楽しい。

更新日:2018/08/07

21_21 DESIGN SIGHT 内観
Photo: Masaya Yoshimura

デザイナーの感性をいかした展覧会やプログラムが特色

2007年3月、東京ミッドタウンの開業とともに緑豊かな「ミッドタウン・ガーデン」内のデザイン施設として誕生した21_21 DESIGN SIGHT。変わった名前の由来は、英語で視力を意味する「20/20 Sight」のさらに先を見るということから。デザインを通じてさまざまなできごとやものごとについて考え、世界に向けて発信や提案を行う場として、展覧会を中心に、トークショーやワークショップなど多角的なプログラムを開催している。

内容については、衣服の三宅一生、グラフィックの佐藤 卓、プロダクトの深澤直人という各分野を代表する3人と、川上典李子のディレクターズが常に検討を重ねている。さらに、開催される展覧会のディレクターの多くをデザイナーが務めているので、すべての展示にデザインという視点が加わることも特徴のひとつ。

デザインの楽しさに触れ、新鮮な驚きに満ちた体験ができるプログラムで、あらためてデザインの魅力を発見しよう。

21_21 DESIGN SIGHTオリジナルグッズ
21_21 DESIGN SIGHTオリジナルグッズ(Photo: Keizo Kioku)

ショップには「デザインの視点」を持ち帰れるアイテムが

「21_21 DESIGN SIGHT SHOP」では、「デザインの視点」を持ち帰ることができるようなアイテムが並ぶ。開館10周年を機に誕生したオリジナルグッズや、展覧会にまつわる書籍・アイテムなども販売。建築家・安藤忠雄が設計した特徴的な建物を自分で組み立てられる「21_21ミニチュア建築模型」(3024円)や、コンクリートの壁の写真がプリントされた「21_21トートバッグ」(2916円)、館内のサインや建物ロゴをデザインした「21_21グラフィックプレート」(756円)など、センスあふれるグッズも多い。ショップスペースには無料で入場できるので、東京ミッドタウンへ出かけたらぜひ立ち寄って。

21_21 DESIGN SIGHT近くのおすすめレストラン

PHOTO:THE MOON

21_21 DESIGN SIGHTのおでかけ前後に素敵なレストランで食事はいかが? 編集部が実際に足を運んで女性目線で厳選した、ハズさないレストランをご紹介します。

【東京・六本木】21_21 DESIGN SIGHT

スポット名
21_21 DESIGN SIGHT
電話番号
0334752121 0334752121
住所
東京都港区赤坂9-7-6 東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン内 Map
交通アクセス
都営大江戸線・東京メトロ日比谷線「六本木」駅ミッドタウンガーデン直結出口より徒歩5分、東京メトロ千代田線「乃木坂駅」3出口より徒歩5分
開館時間
10:00~19:00
※最終入館は閉館の30分前
休館日
火、年末年始、展示替え期間
ホームページ
21_21 DESIGN SIGHTの詳細はこちら

【特集】touch ART,feel ART!心ときめくアートの世界

アートは今、日本各地の自然や文化とつながって、それぞれの町を面白くしています。今回は圧倒的なアート体験を特集する最新号オズマガジン(8月10日発売)と連動して、楽しいアート特集をお届け。デート利用はもちろん、子連れにもおすすめな美術館や、アートなグルメなど、要チェックのアート情報を多数紹介。今週末行ける、東京近郊の美術展カタログも必見!

WRITING/NAOKO YOSHIDA(はちどり)

  • LINEで送る