時代や民族を超えた「生活の中の美」がテーマ。六本木・東京ミッドタウン内の「サントリー美術館」

サントリー美術館 外観

(c)木奥恵三 ※画像の無断転載禁止

六本木の東京ミッドタウン内にあるサントリー美術館は、時代や民族などを越えた「生活の中の美」が基本テーマ。日本美術を中心に、日常的に使う道具や調度品など暮らしの中にある美しさを見つめ続けてきた。東京ミッドタウンのガレリア3階にあるので、六本木散策やショッピングと一緒に美術鑑賞を楽しめる。JAPANモダンなアイテムが揃う併設ショップを訪れたら、美しい暮らしのヒントが見つかるかも。

更新日:2018/08/07

サントリー美術館 「玄鳥庵」
「玄鳥庵」(c)木奥恵三 

創設時の茶室がくつろぎ空間に。所蔵品は国宝を含む約3000件

サントリー美術館は1961年(昭和36年)に東京・丸の内で開館し、美術館設立と同時に収集活動をスタート。1975年には赤坂見附に移転し、2007年に六本木・東京ミッドタウンへ。現在の美術館の設計は建築家・隈研吾氏。創設時のものを移築した茶室「玄鳥庵」は、隈研吾氏のデザインを加えたモダンな装いになっていて、点茶席の指定日には静かな空間の中でお抹茶と季節の和菓子がいただける。

開館当初から「生活の中の美」を基本テーマとして企画展示や作品の収集を行っているのが特徴のひとつ。テーマのもとに集められた所蔵品は絵画、陶磁、漆工、染織など日本の古美術から東西のガラスまで、約3000件におよぶ。中には、国宝1件、重要文化財15件、重要美術品21件などもあり、質の高い「用の美」を備えた名品が揃う。常設展示はないけれど、さまざまな企画の中で紹介される収蔵品のコレクションは見逃せない。

サントリー美術館 ミュージアムショップ
ショップ
「色鍋島小皿」1枚1800円

まさにJAPANモダン!洗練されたアイテムが揃うショップ

所蔵品をモチーフにしたオリジナル商品に加え、生活に彩りをそえる季節感のある商品や、現代的な感覚をプラスした日本の伝統工芸品などを扱うミュージアムショップ。所蔵品の「鍋島」をモチーフに作られたオリジナルの「色鍋島小皿」(1枚1800円)は、松や椿など名品の絵付けの一部がデザインされていて、食卓に彩りを添えてくれる。ほかにもステーショナリーや雑貨など、洗練された「JAPANモダン」のアイテムが揃っているので、外国の友人へのお土産にも喜ばれそう。図録をはじめとする企画展に関連する書籍もあり、六本木ショッピングの途中で立ち寄れるのも嬉しい。

カフェ「ふやき御汁弁当」
サントリー美術館 カフェ「ふやき御汁弁当」1836円(11:30〜 数量限定)

カフェでは伝統食のお麩を現代的にアレンジしたメニューを

カフェのメニューは、150年の伝統を誇る金沢の老舗「加賀麩 不室屋(ふむろや)」がプロデュース。伝統の製法、味、技を伝承してきたお麸を、現代的にアレンジした軽食や甘味が楽しめる。色とりどりのお麩が美しい「ふやき御汁弁当」(1836円、11:30〜 数量限定)や「麩あんみつ」(864円・お飲み物とのセット 1350円)などの定番メニューのほか、美術館の企画展に合わせた限定スイーツも人気。最近では低カロリー・高たんぱくなヘルシー食材としても注目されているお麩を、バラエティ豊かに味わえるのも魅力。

サントリー美術館近くのおすすめレストラン

PHOTO:THE MOON

サントリー美術館のおでかけ前後に素敵なレストランで食事はいかが? 編集部が実際に足を運んで女性目線で厳選した、ハズさないレストランをご紹介します。

【東京・六本木】サントリー美術館

スポット名
サントリー美術館
電話番号
0334798600 0334798600 (ハローダイヤル)
住所
東京都港区赤坂9-7-4 東京ミッドタウン ガレリア3F Map
交通アクセス
都営地下鉄大江戸線「六本木駅」出口8より直結、東京メトロ日比谷線「六本木駅」より地下通路にて直結、千代田線「乃木坂駅」出口3より徒歩3分
開館時間
10:00〜18:00(金・土~20:00)※最終入館は閉館の30分前
休館日
火、展示替期間、年末年始
ホームページ
サントリー美術館の詳細はこちら

【特集】touch ART,feel ART!心ときめくアートの世界

アートは今、日本各地の自然や文化とつながって、それぞれの町を面白くしています。今回は圧倒的なアート体験を特集する最新号オズマガジン(8月10日発売)と連動して、楽しいアート特集をお届け。デート利用はもちろん、子連れにもおすすめな美術館や、アートなグルメなど、要チェックのアート情報を多数紹介。今週末行ける、東京近郊の美術展カタログも必見!

WRITING/NAOKO YOSHIDA(はちどり)

  • LINEで送る