モダンな昭和の洋館がまるごと現代美術館に。トイレや浴室もアートに変わった品川「原美術館」

原美術館 外観

1979年に東京初の現代美術専門館として開館した原美術館は、ヨーロッパモダニズム様式の建築が美しい。1938年に実業家の私邸として建てられた洋館をいかして、広い中庭をはじめサンルームやトイレ、浴室といった生活空間が、展覧会やコレクションの展示スペースに使われているのが特徴。入館者限定のミュージアムショップやカフェも併設されているので、美術鑑賞とセットで楽しみたい。

更新日:2018/08/07

原美術館 内観

私邸をまるごと美術館に。人気アーティストの秘密の部屋も

1979年(昭和54年)に東京で初めての現代美術専門館として品川に開館した原美術館。1950年代以降の巨匠から現在第一線で活躍する作家まで、国内外の優れた現代美術作品を幅広く収集している。

1938年(昭和13年)に実業家・原那造の私邸として建てられた、モダンでおしゃれな建築を活かしたコレクション展示が特徴的。邸内の常設展示作品や、庭園を彩る野外立体作品など、生活の中にアートが息づいているような感覚が楽しめる。

年間3~4回の展覧会のほかに、講演会やパフォーマンスなどのイベントを通して国内外の現代美術を紹介。コレクションは、日本、欧米、アジア、中南米諸国の現代美術作品1000点以上にのぼり、その内容は絵画、彫刻、写真、ビデオ、インスタレーションなど多彩。

原美術館 奈良美智の部屋
奈良美智「My Drawing Room」2004年8月~ 制作協力:graf

邸内には、世界的に活躍するアーティスト・奈良美智の作品が常設されている「秘密の部屋」もあり、作家のアトリエをのぞくようなワクワク感も。

「邸宅としての趣を残した白いタイル張りの優美な洋館は、朝食のためのサンルームなど当時の暮らしを想わせる姿を今に残しています。かつてのトイレや浴室、現像室を利用したユニークな常設作品や、作品が点在する庭を臨むカフェ、ショップもあわせてお楽しみいただけます」と館長の原氏。現代美術とともに、センスあふれる昭和モダンな建物の魅力を満喫して。

原美術館 ミュージアムショップ
ザ・ミュージアムショップ

生活にアートを取り入れる美術家とのコラボグッズも販売

ザ・ミュージアムショップでは展覧会に関連した書籍、カタログ、ポスター、原美術館オリジナルグッズはもちろん、「現代美術」をキーワードにした新鮮な感覚のアイテムや、デザイン・用途に優れた小物などを扱っている。例えば、収蔵作家とコラボした「加藤泉 × HARA MUSEUM  オリジナル フローティングペン」(900円)は、ペンを傾けるとペンのボディの絵が変化する驚きの仕掛けが。ほかにも、展覧会のテーマと連動したものなど、アートのエッセンスを生活に取り入れて楽しめるようにセレクトされている。アートを感じられるグッズで、気持ちが豊かになりそう。

原美術館 カフェダール
カフェ ダール
「小瀬村真美:幻画~ 像(イメージ)の表皮」展(2018年9月2日まで)のイメージケーキ

展覧会をイメージしたケーキや水曜のシャンパンメニューも

中庭に面したカフェ ダールでは、緑ゆたかな庭に展示された立体作品を眺めながら、新鮮な食材を使った季節感あふれるメニューをいただける。おすすめは、開催中の展覧会にあわせたユニークな「イメージケーキ」(755円)。アートを鑑賞した後に、作品をイメージできるケーキを味わうのも楽しい。

祝日を除く水曜の夜(18時以降)にはシャンパンのハーフボトル1本とカクテル各1杯、オードヴル盛り合わせがセットになった特別メニュー「シャンパンイヴニング」(2名用10260円)もあり、美術館デートにも使えそう。

また、フルボトルのハウスワイン1本にハーブ入りのフランクフルトソーセージやサラダなどがセットになった、週末限定の「ガーデンバスケット」(2名用、4750円)といったプランもあるので、こちらも要チェック。

原美術館近くのおすすめレストラン

原美術館のおでかけ前後に素敵なレストランで食事はいかが? 編集部が実際に足を運んで女性目線で厳選した、ハズさないレストランをご紹介します。

【東京・北品川】原美術館

スポット名
原美術館
電話番号
0334450651 0334450651
住所
東京都品川区北品川4-7-25 Map
交通アクセス
京急「北品川駅」より徒歩8分、JR・京急「品川駅」高輪口より徒歩15分、JR・京急「品川駅」より都営バス「反96」系統「五反田駅」行き「御殿山」下車徒歩3分
開館時間
11:00~17:00、祝日を除く水~20:00 ※最終入館は閉館30分前
休館日
月(祝日の場合は開館、翌日休館)、展示替え期間、年末年始
ホームページ
原美術館の詳細はこちら

【特集】touch ART,feel ART!心ときめくアートの世界

アートは今、日本各地の自然や文化とつながって、それぞれの町を面白くしています。今回は圧倒的なアート体験を特集する最新号オズマガジン(8月10日発売)と連動して、楽しいアート特集をお届け。デート利用はもちろん、子連れにもおすすめな美術館や、アートなグルメなど、要チェックのアート情報を多数紹介。今週末行ける、東京近郊の美術展カタログも必見!

WRITING/NAOKO YOSHIDA(はちどり)

  • LINEで送る