ユニークな切り口で日本画の魅力を紹介。日本の季節や自然を美術と和菓子で堪能できる、恵比寿「山種美術館」

山種美術館 外観

日本初の日本画専門美術館として開館した山種美術館。近代・現代の日本画を中心としたコレクションは、創立者・山崎種二が横山大観ら日本画家たちと直接交流をしながら収集したものが核になっている。ショップでは所蔵品をモチーフにした和のセンスあふれるオリジナルグッズが揃い、カフェでは老舗菓匠・菊家謹製の展覧会出品作をモチーフにしたオリジナルの和菓子も楽しめる。まさに、日本画の世界を堪能できる美術館と言えそう。

更新日:2018/08/07

山種美術館 内観

「Kawaii」など独自のテーマで日本画を身近に感じる展示も

山種美術館は、1966年(昭和41年)に日本橋兜町で開館。所蔵品は近代・現代の日本画が中心で、山種証券(現SMBC日興証券)の創業者・山﨑種二氏が、横山大観や上村松園ら当時活躍していた画家たちと直接交流しながら集めたコレクションが核となっている。

恵比寿に移転した現在は、所蔵品を中心に季節やテーマに合わせた企画展・特別展を開催していて、過去には「Kawaii」や「Happy」をテーマとした展覧会などユニークなものもあり、新しい切り口で日本画の魅力を発信している。

所蔵品は近代・現代日本画を中心に、古筆、近世絵画、浮世絵、洋画なども含む約1800点。竹内栖鳳《班猫》など6点の重要文化財や、国内外屈指の速水御舟コレクション120 点で知られる。

「日本画は敷居が高いという印象の方が多いかもしれないのですが、実際に観てみると、日本の自然や人々の暮らしを描いた作品や四季折々の草花の美しさなどが心に響いてきます」と山﨑妙子館長。日本に住む私たちだからこそ、心に響く絵との出会いもあるはず。

山種美術館ミュージアムショップ

洗練されたデザインのグッズで「もうひとつの美術館」を楽しむ

ミュージアムショップでは「もうひとつの美術館」として、日本画をもっと身近に感じられるようなオリジナルグッズを製作、販売。グッズには、描かれる四季折々の情景や、はんなりとした絵具の色合い、和紙や絹の風合いといった、日本画ならではの持ち味が存分に活かされている。展覧会ごとの新作グッズでは、例えば上村松園の展覧会の際には、京都の刺繍ブランドとのコラボレーションの刺繍入りのハンカチを作るなど、つねに日本の伝統文化も意識しているとか。

仮
オリジナルグッズ「紙袋」1000円 左/速水御舟《炎舞》 右/速水御舟《翠苔緑芝》

通年販売されている、所蔵品をモチーフにしたアイテムでは、奥村土牛が描いた桜の名作《醍醐》の「クリアファイル」(A4・350円)や、速水御舟の作品をプリントした紙袋(1000円)など、「和」のセンスを楽しめる小物が揃う。

山種美術館「Cafe椿」
「Cafe椿」

カフェの人気メニューは老舗菓匠特製のかわいい和菓子

1階のカフェ「Cafe椿」は、所蔵する速水御舟の《名樹散椿》(重要文化財)にちなんだ名前で、「椿」のロゴ文字も御舟自身の字を使っている。駒沢通りのいちょう並木を窓ガラス越しに眺められる明るい空間の中で、イタリア・カッシーナ・イクスシー社のモダンなインテリアが落ち着いた雰囲気を作っている。スイーツやドリンクに加えて、素材や季節感にこだわった「にゅう麺」(850円)ほか、「美肌梅にゅう麺」(1000円)や「ヘルシーにゅう麺」(1200円)など女性にうれしい軽食のラインナップも揃う。

「お茶セット」(1000円)
「お茶セット」1000円 ※和菓子は、川端龍子《鳴門》をモチーフにした「白波」 ※和菓子は展覧会ごとに変更

人気メニューは、青山の老舗菓匠「菊家」に特注して、毎回展覧会の出品作をモチーフにしたオリジナルの和菓子。1個510円の和菓子は2個からテイクアウトもできるけれど、カフェでいただくならドリンクとのセットがおすすめ。

「お茶セット」(1000円)や「お抹茶セット」(1100円)でおいしい和菓子を味わいながら、鑑賞後の余韻を楽しみつつ、四季の彩りなど日本の伝統的な美意識にも触れてみて。

山種美術館近くのおすすめレストラン

PHOTO:Longrain

山種美術館のおでかけ前後に素敵なレストランで食事はいかが? 編集部が実際に足を運んで女性目線で厳選した、ハズさないレストランをご紹介します。

【東京・恵比寿】山種美術館

スポット名
山種美術館
電話番号
0357778600 0357778600 (ハローダイヤル)
住所
東京都渋谷区広尾3-12-36 Map
交通アクセス
JR「恵比寿駅」西口・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」2番出口より徒歩10分
開館時間
10:00~17:00(入館は閉館の30分前まで)
※特別展の開館時間は変更の場合あり
休館日
月(祝日は開館、翌日火曜は休館)、展示替え期間、年末年始
ホームページ
山種美術館の詳細はこちら

【特集】touch ART,feel ART!心ときめくアートの世界

アートは今、日本各地の自然や文化とつながって、それぞれの町を面白くしています。今回は圧倒的なアート体験を特集する最新号オズマガジン(8月10日発売)と連動して、楽しいアート特集をお届け。デート利用はもちろん、子連れにもおすすめな美術館や、アートなグルメなど、要チェックのアート情報を多数紹介。今週末行ける、東京近郊の美術展カタログも必見!

山種美術館のニュース

WRITING/NAOKO YOSHIDA(はちどり)

  • LINEで送る