映画化された謎解きに夢中! 初心者にもおすすめのミステリー本3冊をプロがセレクト|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 映画化された謎解きに夢中! 初心者にもおすすめのミステリー本3冊をプロがセレクト|ニュース
OZニュース

【おでかけ】 おでかけランキング

映画化された謎解きに夢中! 初心者にもおすすめのミステリー本3冊をプロがセレクト

2015年1月10日(土)時計アイコン22:00コメント 065

映画化された謎解きに夢中! 初心者にもおすすめのミステリー本3冊をプロがセレクト

映画『万能鑑定士Q-モナ・リザの瞳』『完全なる首長竜の日』など、人気小説を映像化した作品が話題になった昨年。映像はもとよりストーリーの展開や巧妙なトリックがおもしろいと、原作本にも注目が集まっている。そこで今回は、映画化・ドラマ化されたミステリー小説のなかでも、とくに原作がおもしろい3冊をピックアップ!

教えてもらったのは、和書約100万冊・洋書約12万冊の在庫数を持つ日本最大級の総合書店「丸善 丸の内本店」のブックアドバイザー・横山さん、石川さん、大熊さん。「映画やドラマを観てから原作小説を読むと、より読みやすい」とのことだから、ミステリー初心者なら両方をチェックしてみて。

謎解きとともに知性を磨けるミステリー小説

天然だけど才女。瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る万能鑑定士・凛田莉子が、難解事件を持ち前の鑑定眼で解決していく「Qシリーズ」の第9弾。

「綾瀬はるかさんと松坂桃李さん主演で映画化された作品です。人気シリーズなのですが、1冊ごとに解決するので、どこから読んでも楽しめますよ。映画化されたのは、モナ・リザの謎を描いた第9巻。映画化後、売り上げを伸ばした本です。謎解きを楽しめるだけでなく、モナ・リザをモチーフにしているので、美術に興味を持つ方もいらっしゃるのはないでしょうか? 知識や興味の幅が広げることができる作品です」

『万能鑑定士Qの事件簿IX』松岡圭祐著/角川書店/555円

『このミス』大賞を受賞した、サスペンスフルなミステリー

主人公であるマンガ家の女性が、自殺未遂で意識不明になっている弟と、植物状態の人間と対話できる機械を通じて試みる。しかし弟は自殺した理由を明かそうとしない。ある日、謎の女性が弟と接触する。それから現実世界が歪み始めてしまい・・・。『このミステリーがすごい!』で大賞を受賞した著者のデビュー作。

「佐藤健さんと綾瀬はるかさん主演で、名匠黒沢清監督によって映画化されたサスペンス・ミステリーです。夢現の混沌としたミステリアスな世界観の中で驚くべき真実が明らかになっていくというサスペンス要素もある。最後まで引き込まれるように読んでしまうと思いますよ」

『完全なる首長竜の日』乾 緑郎著/宝島社/607円

金田一耕助が活躍する、推理小説の金字塔

横溝正史の長編推理小説で、『金田一耕助シリーズ』の1つ。私立探偵・金田一耕助が、名士の遺産相続にまつわる殺人事件の謎を解く。映像化されることが多い作品で、市川崑が監督・脚本を手がけた1976年公開の映画は、“日本映画の金字塔”と称されるほど。そんな有名な作品の原作。

「ゴムマスクを被ったスケキヨの奇妙さや、池で逆さになった奇抜な殺害シーンなど、映像でうまく描写されている作品だと思います。テレビドラマや映画を観たことがあっても小説を読んだことがない人も多いのでは? 映像、小説ともに楽しめる、まさにメディアミックスの先駆け的な作品だと思います」

『犬神家の人々』横溝正史著/角川書店/720円

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP