旅先の本屋さんがおすすめする1冊は? BOOK MARUTE(香川県高松市)|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 旅先の本屋さんがおすすめする1冊は? BOOK MARUTE(香川県高松市)|ニュース
編集部レポート

【おでかけ】

旅先の本屋さんがおすすめする1冊は? BOOK MARUTE(香川県高松市)

2016年7月16日(土)時計アイコン17:00コメント 136

旅先の本屋さんがおすすめする1冊は? BOOK MARUTE(香川県高松市)

知らない町に迷い込むのと、本屋さんで心を遊ばせるのは、どこか似ている気がする。そして、旅先で出会った本の一節はなぜか、いつも以上に心に残ったりもする――。全国の町の味わい深い本屋さんが、旅のお供におすすめの1冊を教えてくれる、リレー連載。静岡県浜松市のBOOKS AND PRINTSさんがご紹介くださったのは、高松のこちらです

香川県高松市。海辺の古い倉庫街
北浜アリーの中に「BOOK MARUTE」はあります

蔵書数約2000冊を誇る「BOOK MARUTE」。ギャラリーも併設し、2週間ごとにさまざまな写真家の展覧会を開催

 昭和初期に建てられた古い倉庫群をリノベーションした「北浜アリー」は、瀬戸内海に面した高松を代表する観光スポットのひとつ。今回紹介する「BOOK MARUTE」は、この味のある倉庫街の中に、2013年にオープンしたお店。こぢんまりとしているけれど、コーヒーや紅茶が飲めるカフェスペースもある。
「毎日、海に沈む夕陽やフェリーが見えるんですよ。それだけでも贅沢な感じがして」と教えてくれたのはスタッフの佐藤友理さんは東北生まれ。旅行で訪れた高松の魅力に惚れ込んで移住を決めたという。

うどんだけじゃない、香川の魅力を伝える
香川県民にも読んでほしい一冊

「ぼくの香川案内」の帯に書かれた「香川はおおらか」の文字には佐藤さんも納得

佐藤さんがおすすめしてくれた「ぼくの香川案内」は、編集者の岡本仁さんが香川の街を紹介するガイドブック。街のいたる所にあるうどん屋さんはもちろん、猪熊弦一郎やイサムノグチなど、世界的な建築家による建築物が当たり前のように佇んでいる光景など、この街で暮らす人の“いつもの風景”が独自の視点で切り取られている。
実は、この本を書くために香川県を訪れた岡本さんの案内人となったのは、MARUTEのオーナーである小笠原哲也さんなんだとか。
「本当にオーナーが関わったからおすすめしているわけではないんですが…(笑)。観光客の方はもちろん、香川県民の方も、改めて自分が暮らしている街に誇りを持てる本だと思います」と佐藤さんは胸を張る。

(お気に入りの一節)
『自分の暮らしている場所を愛して止まない人たちと出会うと、その場所の魅力は何倍にも輝いて見えるようになる。ぼくが繰り返して訪れる土地には必ずそういう人たちが居るし、その愛して止まない様子がいろいろな形であちこちに点在している。もちろん、こちらが勝手にそれを感知しているだけで、当の本人たちにとっては普通の普段の暮らしでしかないかもしれない』
――ぼくの香川案内より

「へぇ、香川ってこんなところだったんだ」
帰る頃には香川愛が深まっているはず

カフェ「半空(なかぞら)」。MARUTEから商店街を散歩しながら15分/レトロかわいい列車「ことでん」

国内外の様々な写真集に加えて、香川の歴史が綴られた古い本、香川を拠点に活躍する建築家やアーティストに関連する本、佐藤さんと同じように他県から香川に移住した人の著書――MARUTEには、香川にまつわる本も数多く並んでいる。ページをめくるたびにこの街のことをもっと知りたくなり、もっと好きになっていく本ばかり。
「高松って、海があって、小豆島や直島など島がたくさんあって、アートに触れる機会もたくさんあって。この街やこのお店をきっかけに、香川の豊かさに触れてもらえたら嬉しいです」
2016年3月には、MARUTEから歩いて10分ほどの場所に「ゲストハウスまどか」がオープン。こちらも古い建物で、かつてはお遍路さんが利用する旅館だったのだとか。この場所を拠点に、高松や瀬戸内の島めぐりをするのも楽しそう。

そのほかの「OZネタ」を見る

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

マリーズ 2018/05/07 21:30:44
2週間ごとに写真展覧会とか、その土地ならではですね。
真紀 2018/01/04 23:07:51
香川県、ちょっと行く事は無いかなぁ、でも行きたくなる雰囲気ですね。
oz2297 2016/07/16 23:09:24
面白い連載ですね。 出張で香川に行ったことがありますが、飛行機の時間の関係でゆっくりできず残念でした…今度はプライベートで行きたいです。 全然関係ありませんが、うどん発祥の地は香川じゃなくて博多なんですね!(福岡市HPより)
mamoneko 2016/07/17 15:37:24
旅して、地元のお店に入るの大好き。面白いものや、マスターとおしゃべりしてあそこがいいよって教えてくれたりするんですよ。本屋さんには寄ったことないけど、次回はどこかで本屋さんにも立ち寄ってみようと思います。
すーめめ 2016/07/16 21:55:15
高松は意外と都会ですごく素敵な街だと思います!いままで10回以上高松に遊びに行っていますが、うどんも海産物も骨付鳥も美味しいし♡
しおん 2016/07/16 20:48:10
そういえば、旅先で本屋に寄ったことはないかもしれません。こういった雰囲気の場所なら、カフェに寄る感覚で足を運びたくなりそうですね!
songon 2016/07/16 22:04:53
高松空港でレンタカーを借りて、うどん屋さん巡りをした時に北浜アリーへも行きました。とてもおしゃれで、驚きました!
さや 2016/07/16 19:10:24
すごい雰囲気のあるお店ですねp(^-^)q 小豆島いったことありますが、のんびりできてとってもよかったです☆
yon 2016/07/18 18:15:01
四国に行ったことありませんが、本屋さんにいけるくらいのゆとりのあるたびがしてみたいなと思います( ^ω^ )
くろねこ 2016/07/19 08:28:46
本一つで今後の趣味や旅行先が変わることもありますよね!香川行ったことないのでとても興味があります。
いーや 2016/07/16 23:04:59
香川県出身です~!是非皆様に行ってもらいたいです!おうどん、サイコーに美味しいですよ!
ゆなち 2016/07/17 10:52:06
旅先の古本屋に行くのが好きです!古本屋さんってその土地のカラーがわかる気がします
めぐこ 2016/07/17 00:02:10
香川昨年行きましたが、食べ物は美味しいし景色もきれいだしすごく好きになりました!
ぼん 2016/07/19 08:18:36
おもしろい本があるんですね。馴染みのなかった香川についてよく知れるかな(笑)
くぅ 2016/07/17 00:24:24
旅先でわざわざ本屋に行くなんてことはないけれど、のーんびり旅行にはいいかも!
ゆり 2016/07/17 00:11:29
香川はお仕事で行くけど、高松は行かないんですよねー。ゆっくりめぐってみたい!
KMR 2016/07/17 02:33:34
田舎が香川なんですが結構知らないことが多かったです。久しぶりに行きたい
うすざぶろう 2016/07/18 23:18:16
旅先の本屋ってのがまた良いですね。そのとちとの出会いがありますぬ
うよさん 2016/07/17 10:08:44
ブックマルテステキですね。一日何もない日を作って本を詠みたいです
のりちん 2016/07/16 20:06:23
こういう本屋さんが近くにあったらなー。毎日でも通ってしまうのに。

このページにコメントする

>>体験コメントとは

PR

ページTOP

TOP