エンタメ空間を最大限に楽しみつつ、好感度を高めるデートを!|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. エンタメ空間を最大限に楽しみつつ、好感度を高めるデートを!|ニュース
女の処方箋

【コラム】 恋愛

エンタメ空間を最大限に楽しみつつ、好感度を高めるデートを!

2015年4月3日(金)時計アイコン00:00コメント 059

エンタメ空間を最大限に楽しみつつ、好感度を高めるデートを!

水族館や動物園、レジャーランドなども春の企画が目白押し! お目当ての彼とのデートでもそんな“アミューズメントスポット”を楽しみたいけど、人出が多そうなスポットだけに“ふたりで食事”とはまた違った気配りが必要になってきそう。そんなデートの場合、どうふるまえばいいのか、コラムニストの石原壮一郎さんに聞いてみた。

「アミューズメントスポットは、家族連れや中高生のグループなどいろいろな人でにぎわう場所。でも、せっかくのデートですから、あまり周囲は気にせずふたりの世界に浸ることに集中しましょう」(同)

動物園や水族館の場合、土ぼこりが舞ったり水飛沫が飛んでくるなど、必ずしも清潔な場所ばかりではないことも。そこでせっかくオシャレしてきたのに・・・と神経質にならず、おおらかな気持ちで楽しむ態度も、好感度を上げるポイント。

「場所によっては着ぐるみのショーなど、幅広い年齢層が楽しめるように子供向けの演出を行っていることもあるでしょう。しかし、あえてそのような場所へ来ているのですから大人ぶって冷めた態度をとらず、最大限に楽しむことが大切です」(同)

さらに芸術系やスポーツ関連など、場所によっては彼だけの趣味に付き合っているというケースも。それでも、“付き合わされている”と考えず、興味を持ってみよう。100%の関心が持てなくても、その後の食事シーンなどを盛り上げるためのネタにはなるはず。

「アミューズメントスポットは、ある意味“ネタの宝庫”ともいえる場所。例えば“触れて楽しむ体験コーナー”や“展示物との撮影スポット”などのコーナーがあったら、積極的に参加をしてみましょう」(同)

とにかく、“ここにふたりで来られたことが嬉しい”という気持ちを共有できれば、デートとしては合格点。彼から「また一緒に来たいね」という言葉を引き出せるよう、気持ちも体調もベストコンディションで挑んで!

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP