【BBQレシピ】火力をうまく調整すれば、肉汁がしたたるジューシーなラム肉に!「ラム肉のハーブグリル」

【BBQレシピ】火力をうまく調整すれば、肉汁がしたたるジューシーなラム肉に!「ラム肉のハーブグリル」

骨付きのラムチョップは、手に持って食べやすい形もBBQにぴったり。ハーブをたっぷり使うことで、ラムのクセもマイルドになる。最初に強火で両面をこんがりと焼いたら、火力が弱いスペースに肉を移動させ、遠火でじっくりと火を通せば、とってもジューシーな仕上がりに!

更新日:2019/04/02

<材料>

・ラムチョップ 6本
・塩 少々
・黒コショウ 少々
・ローズマリー(生) 2本
・タイム(生) 2本
・オリーブオイル 大さじ6
・おろしニンニク(チューブタイプ) 大さじ1

手順1

手順1

ラムチョップの表面に塩、黒コショウを振る

手順2

手順2

・ジップロックに、ローズマリーとタイムを手でちぎって入れたあと、オリーブオイル、おろしニンニクも加え、手で軽くもんで混ぜる
・ラムチョップが浸るように入れ、ジップを閉じて30分以上漬け込む

手順3

手順3

網にのせて強火で両面をこんがりと焼く。焼き色が付いたら弱火ゾーンに移動させ、焦げないように様子をみながらじっくりと火を通す。焼き上がりの目安は、肉が少し縮み、骨との間にわずかに隙間ができるくらい

ポイント

ラムチョップは、家で漬け込んでくるのも時短になっておすすめ。焼き始めは炎が上がるが、やがて火は落ち着くので慌てずに。漬け込む際に使ったハーブを炭に放り込むと、その煙で肉に香りを付けることができる。

完成!
完成!

たけだバーベキュー直伝 簡単&おしゃれな「フルコースBBQ」レシピ

お待ちかねのバーベキューシーズン到来! バーベキューをこよなく愛する日本で唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューさんがすすめるのは、前菜からデザートまで5皿からなるフルコースのBBQ。誰でも気軽に真似できて、簡単&おしゃれなレシピをご紹介。

【前菜】トルティーヤチップスのワカモレディップ
【肉】ラム肉のハーブグリル
【野菜】彩り野菜のバーニャカウダー風ホイル包み
【麺】イタリアントマト焼きそば
【デザート】バラエティ焼きマシュマロ

たけだバーベキューさんの簡単なのにおしゃれな“フルコースBBQ”レポwithオズモール編集部

お待ちかねのバーベキューシーズン到来! バーベキューをこよなく愛する日本で唯一のBBQ芸人・たけだバーベキューさんがすすめるのは、“フルコースのBBQ”。誰でも気軽に真似できる、選りすぐりのアイデア。今回は、たけださんがオズモール編集部員2人に、フルコースBBQのレシピとともにBBQの極意を特別に伝授してもらいました。

今回取材にご協力いただいた方_たけだバーベキューさん

今回取材にご協力いただいた方_たけだバーベキューさん

1986年、兵庫県生まれ。お笑い芸人を経て、2012年より「たけだバーベキュー」として活動開始。カナダアルバータ州BBQ大使にも任命されている。“普段のBBQにひと工夫”をテーマに、手軽でおいしくおしゃれなBBQを提案。『すごいバーベキューのはじめかた』(ヨシモトブックス)など、著書・監修書多数。近著に、4月14日発売の『超豪快バーベキューアイディアレシピ』(池田書店)がある。

【特集】おしゃれ&手ぶらバーベキューで大人の休日

今年もアウトドアシーズンが到来。爽やかな日差しのもと、新緑を眺めつつ、おしゃれなバーベキューを楽しんで。特集では、フードスタイリスト直伝の“ちょい足し”で手ぶらバーベキューをフォトジェニックにする技をはじめ、“BBQの達人”の極意やレシピをご紹介。バーベキューの便利グッズほか、手ぶらバーベキュー場を中心に女性目線でセレクトした都内や東京近郊のBBQスポットリストも必見です。

PHOTO/MASA STYLING/KOZUE MUSHA WRITING/AYA ITO

  • LINEで送る