お肉好きも大満足のBBQレシピ5選!おすすめのお肉食材を使った、簡単おしゃれな絶品レシピ【プロが教えるバーベキューレシピ】

お肉好きも大満足のBBQレシピ5選!おすすめのお肉食材を使った、簡単おしゃれな絶品レシピ【プロが教えるバーベキューレシピ】

爽やかな空の下で楽しみたいバーベキュー。 バーベキューの食材といえば、外せないのがお肉! 今回は、初心者でも失敗しない、お肉食材を使った簡単でおしゃれな人気BBQレシピを伝授。フードコーディネーターが教える牛肉の「チーズインステーキロール」や柔らかジューシーな鶏肉の「グリーンヨーグルトチキン」、BBQ芸人直伝の「ラム肉のハーブグリル」も。おすすめの部位やレシピ、味付け、焼き加減などプロの技を一挙ご紹介。

更新日:2021/06/11

クリエイターズユニット「CAMMOC」の三宅さんに教わる“肉ジェニックBBQ”レシピ

【チーズインステーキロール】切ればとろ~り中からチーズがとろけるステーキロール

スライスチーズとバジルを牛肉で巻き、タコひもで固定して焼くチーズインステーキロール。切ればとろ~り中からチーズがとろけるステーキロールは、見た目もかわいくて、お肉をおいしくておしゃれに楽しむ"肉ジェニック"BBQの主役にぴったり!

材料&レシピ

<材料 4人分>
・牛肉(ステーキ用)500g
・スライスチーズ 4枚
・バジル 6枚~(お好みで)
・塩・ブラックペッパー 各適量
・お好みのステーキソース 適量
・タコひも 適量

<レシピ>
【自宅での仕込み】
1.牛肉をミートハンマーでたたき、筋を切りながら薄く広げる。ミートハンマーがない場合は、ビール瓶や、包丁の背などで代用してもOK。
2.牛肉の表面に塩、ブラックペッパーを振り、スライスチーズ、バジルを並べる。スライスチーズとバジルは、なるべく中心に置き、両サイドを少しだけ開ける。
3.肉を手前からくるくると丁寧に巻いていき、タコひもで縛って固定する。タコひもはしっかり巻いて固定し、焼くときに中の具材が出てこないようにする。
【当日】
4.肉を常温に戻し、炭火の中火ゾーンで表面に焼き色がつくまで転がしながら焼く。さらに弱火ゾーンに移動させて蓋をして10分ほど焼く。
5.タコひもを外し、食べやすい大きさに切り分けお皿に移したら完成!

【燻製和牛ステーキ】ハンディスモーカーで手軽な燻製肉が楽しめる

シンプルに焼いたステーキはそのまま食べてもいいけれど、スモーカーに入れて放置しておくだけで燻製の風味がぐっと香ってさらにおいしくなる。ハンディサイズのスモーカーを使えば燻製料理も手軽にできちゃう。ぜひ“即席燻製”を試してみて。

材料&レシピ

<材料 4人分>
和牛(ステーキ用) 200g
塩、ブラックペッパー 各適量
燻製チップ ひとつまみ

<レシピ>
1.和牛を常温に戻し、全体にまんべんなく、塩、ブラックペッパーをまぶす。中まで火が通るのに時間がかかるため、どんなお肉でも必ず、常温に戻してから焼くこと。これによって、外側が焦げてしまうということを避けられる。
2.炭火の弱火ゾーンで、全体に焼き色がつき、お好みの焼き加減になるまでじっくり焼く。
3.お皿に移してスモーカーをセットし、蓋をして煙が逃げないように密閉する。
4.蓋をしたまま10分ほど置いて完成。容器はファスナー付きポリ袋でも代用できる。

【グリーンヨーグルトチキン】自宅で漬け込んだら、当日は焼くだけ

前日の夜にお肉を仕込めば、当日は焼くだけなのでカンタン! 普通に焼いたチキンより断然柔らかく、ハーブ、生姜、ガーリック、ヨーグルトで漬け込んでいるので味がしっかりしみ込んでおいしい。

材料&レシピ

<材料 4人分>
・鶏モモ肉 400g
[漬けダレ]
・ヨーグルト 大さじ4
・お好みのハーブ 30g(パクチー・バジル・ミントなど)
・すりおろし生姜 小さじ1
・すりおろしニンニク 小さじ1
・青唐辛子1本
・塩 大さじ1/2
・ブラックペッパー 適量
・オリーブオイル 大さじ1
・レモン汁 大さじ1

<レシピ>
【自宅での仕込み】
1.網の上で焼くので、一口大よりも少し大きめにカットする(5センチ程度)
2.漬けダレの材料をすべてフードプロセッサーにかけて混ぜ合わせる。フードプロセッサーがない場合は、材料を細かく刻んで混ぜてもOK。
3.ファスナー付きポリ袋に大きめにカットした鶏モモ肉を入れ、まんべんなく漬けダレを揉み込んで冷凍庫へ。当日は冷凍のまま他の食材と一緒にクーラーボックスへ入れておくと、保冷剤代わりにも。
【当日】
4.肉を自然解凍し、常温に戻したらBBQグリルの中火で表面に焼き色がつくまで焼き、火を弱めて蓋を閉め、蒸し焼きにする。
5.焼きあがったら、お皿に盛り付けて完成!

夫婦BBQユニット「うすい会」が提案する簡単バーベキューレシピ

【鶏肉のハーブ&スパイスグリル】家で下味をつけておけば、当日は焼くだけで簡単!

とっても手軽に作れて、ハーブやスパイスの香りが食欲をそそるメニュー。うすい会のふたりが愛用するのは、ハーブや香辛料、調味料がブレンドされた「Seasoning Lab」のミックススパイス。この日は「レモングラスミックス」をチョイス。

材料&レシピ

<材料 5~6人分>
・鶏もも肉 800g
・ミックススパイス 大さじ1

<レシピ>
【下準備】
・鶏もも肉はやや大きめの食べやすい大きさに切り、ミックススパイスを加えて手で軽く混ぜる
・ジッパー付きの袋に入れて味をなじませておく
※ポイント:鶏もも肉は、当日出掛ける前に下味をつけてもいいが、前日の夜から仕込んで冷蔵庫に入れておくと、より味がなじんでおいしくなる
【当日】
1.鶏もも肉を網の上に並べる
2.トングでひっくり返しながら、火が通るまでよく焼く

BBQ芸人・たけだバーベキュー直伝!簡単&おしゃれなバーベキューレシピ

【ラム肉のハーブグリル】火力をうまく調整すれば、肉汁がしたたるジューシーなラム肉に!

骨付きのラムチョップは、手に持って食べやすい形もBBQにぴったり。ハーブをたっぷり使うことで、ラムのクセもマイルドになる。最初に強火で両面をこんがりと焼いたら、火力が弱いスペースに肉を移動させ、遠火でじっくりと火を通せば、とってもジューシーな仕上がりに!

材料&レシピ

<材料>
・ラムチョップ 6本
・塩 少々
・黒コショウ 少々
・ローズマリー(生) 2本
・タイム(生) 2本
・オリーブオイル 大さじ6
・おろしニンニク(チューブタイプ) 大さじ1

<レシピ>
1.ラムチョップの表面に塩、黒コショウを振る
2-1.ジップロックに、ローズマリーとタイムを手でちぎって入れたあと、オリーブオイル、おろしニンニクも加え、手で軽くもんで混ぜる
2-2.ラムチョップが浸るように入れ、ジップを閉じて30分以上漬け込む
3.網にのせて強火で両面をこんがりと焼く。焼き色が付いたら弱火ゾーンに移動させ、焦げないように様子をみながらじっくりと火を通す。焼き上がりの目安は、肉が少し縮み、骨との間にわずかに隙間ができるくらい
※ポイント::ラムチョップは、家で漬け込んでくるのも時短になっておすすめ。焼き始めは炎が上がるが、やがて火は落ち着くので慌てずに。漬け込む際に使ったハーブを炭に放り込むと、その煙で肉に香りを付けることができる。

こちらもチェック!おすすめ食材を使った、簡単おしゃれな絶品BBQレシピ

BBQにおすすめの野菜レシピ5選!おすすめの野菜を使った、簡単おしゃれな絶品BBQレシピ

お肉をよりおいしく食べるためにも欠かせない食材といえば野菜! 今回は、初心者でも失敗しない、野菜をたっぷり使った簡単でおしゃれな人気BBQレシピを伝授。プロが教えるいろんな野菜をおいしくたっぷり食べられる万能メニュー、BBQ芸人直伝の「彩り野菜のバーニャカウダー風ホイル包み」も。おすすめの野菜やレシピ、味付け、下準備などプロの技を一挙ご紹介。

市販おやつや缶詰でできるBBQレシピ4選!おすすめ食材を使った、簡単おしゃれな絶品レシピ

バーベキューを盛りあげるのに欠かせないのは、おやつやおつまみ! 今回は、初心者でも失敗しない、市販のお菓子や缶詰などを使った簡単でおしゃれな人気BBQレシピを伝授。プロが教えるホームパイを使った「イチゴとチェリーのミニパイ」や定番マシュマロを使った「バラエティ焼きマシュマロ」、フードコーディネーター直伝の「コンビーフレシピ」も。プロの技を一挙ご紹介。

【予約OK】おしゃれな手ぶらバーべキュースポット2021

【予約OK】おしゃれな手ぶらバーべキュースポット2021

今年もアウトドアシーズンが到来。お出かけできるようになったら、密を避けながら爽やかな日差しのもと、開放的な屋外でバーベキューを楽しんで。特集では、新たにコロナ禍でのBBQ注意事項や人気のBBQスポットランキング、手ぶらで気軽に楽しめる施設や写真映えするおしゃれなスポットなど、女性目線でセレクトした都内や東京近郊のスポットやその楽しみ方をご紹介。

  • LINEで送る