オズモール 女性・OLのための情報サイト


  1. オズモールTOP >
  2. オトナ女子のおしゃべり掲示板 >
  3. お金の話だけど、お金だけじゃないです

クチコミ掲示板

知りたい&教えたいクチコミ・悩み相談


  • すべて
  • フリートーク
  • LOVE&H
  • ビューティ
  • グルメ
  • おでかけ
  • キャリア
  • エンタメ
  • ウエディング

フリートーク|投稿記事

お金の話だけど、お金だけじゃないです

羽衣ジャスミン[ID:0011264]
2015/06/10(水) 13:43

長文です。
私は、24歳の時、夫と知り合い、27才デキ婚でした。
夫は、勉強も仕事もできて、いい会社に就職しました。
お酒もギャンブルも女遊びもしないし、家事も分担してくれるいい人です。
とても幸せな結婚でした。
子供が出来たとき、私はちょうど飲食店を経営しながら、大学の受験中でした。
1998年息子が生まれたあと、私は念願の大学に受かり、ウィークデーは知り合いの保姆さんの家に預けるつもりでした。
でも、夫のお母さんは、孫がかわいそうだから、私が面倒してあげるよ、と言ってくれましたので、お母さんに頼ることにしました。
献身的に、私の息子を育ててくれましたけど、子供のことで再婚の旦那さんと揉めたりして、夫婦の仲が悪くなり、離婚に至りました。
二人の唯一の財産は、家でした。お母さんはその家が欲しいと言いましたので、
離婚に責任を感じたのと、長年子供を育ててくれた感謝意で、私と夫が、査定額の半分を相手に出して、家の権利はお母さんにしてあげました。
2001年、私たち自分でマンションを購入し、お母さんと息子を私たちのマンションに住ませ、
実家を賃貸に出して、家賃はもちろん全額お母さんに渡してますし、毎月5万円のお小遣いも上げました。
2007年、私たちまたまションを買い、三人で自分の新しいマンションに引越し、お母さんはそのまま私たちの古いマンションにいました。
もちろん、家に関しての費用(ローン、管理費、光熱費、有線、電話代、インターネット)全て私たちが負担していました。
お母さんは家賃と年金の他に、ずっと私たちから毎月5万円のお小遣いをもらっていました。
2011年、私が体を壊し、入院しました。原因はストレスでした。
夫と話し合いの結果は、長年やってる店を畳んで、しばらく静養することになりました。
その時から、家の収入は夫の給料だけになりました。毎月、貯金を崩して生活してました。
ある日、息子がおばあちゃんの家に行った帰り、機嫌悪そうに、私にこう言いました。
「あなた達は、もう少しお婆ちゃんになんとかしてあげられないかな?お金が困ってて大変なんだよ」と

  続きです

羽衣ジャスミン[ID:0011264]
2015/06/10(水) 13:53

ハ?さすが私の堪忍袋の緒も切れました。
こんなに収入が減っていても、半分お金を出して買った実家の家賃を1銭も貰わず、
自分のマンションに住ませて、全ての費用を負担した以上、毎月5万円のお小遣いを一文とも減らさずに渡してるのに、
孫に何を言ってるの?本来は、お父さんとお母さんのおかげでおばあちゃんがこんな生活できてるから、
あなたも大人になったらちゃんと親孝行をするんだよと言うべきじゃないですか?
恩知らずの人ですね。我侭させた私にも責任があるわと思いました。
夫にその話しをしたら、お母さんはこんな人じゃない、きっと息子が聞き間違ったとお母さんを庇うばかりです。
私はお母さんが自分の家に帰ってもらい、自分たちの古いマンションを賃貸に出して、家賃収入で今の生活に賄うことを提案した。
夫はわかったと言いながら、一年過ぎてもお母さんに何も話せず、何も変わらないままでした。
我慢できず、ある日、お母さんにちゃんと話しました。
「息子から生活が大変だと聞きましたけど、どうしました?大丈夫ですか?
お母さんは贅沢する人じゃないし、実家の家賃、年金、と私たちあげるお金があって、困ることはどういうことですか」と聞きました。
そしたら、お母さんは「私だって生活だけじゃなく、貯金が欲しいよ。死んだら、全部あなたたちのものよ」と言いました。
「お母さんが亡くなった時の財産のことをこれっぽちも考えてないし、
それより、今現在収入が激減、息子が中学校からずっと私立だから、お金がかかるので、今の方が苦しいですよ」と私が言いました。
『そう言われても、この家にはもう慣れたから出たくない。この年(70歳)環境変わると、体に支障が出るよ』と言われました。
それから、お母さんが自分に息子に大変大変だと言いながら、私ともすごく仲悪くなりました。
去年、やっと私の半分強引で、夫が嫌ながら家を売り出して、実家をフリーリフォームして、私たちのマンションからお母さんを出て行ってもらいました。
もちろん、仲がもっと悪くなり、今夫の間とも溝ができました。私は親孝行できない女という結末でした。
私の言うことですから、きっと感情的になってる部分がありますけど、言ってることは全て事実です。
悪いことをした自覚がありません。でも、幸せな家庭はもうどこかに消えてしまった。私がいけなかったのですか?

スタッフへ連絡




PR

TOP