夏真っ盛り!女子400人に聞いた、痩せたい部位ランキングTOP5|ニュース

  1. オズモールTOP >
  2. OZネタ ラインナップ >
  3. 夏真っ盛り!女子400人に聞いた、痩せたい部位ランキングTOP5|ニュース
OZニュース

【ビューティ】 トレンドトピックス

夏真っ盛り!女子400人に聞いた、痩せたい部位ランキングTOP5

2015年7月30日(木)時計アイコン10:00コメント 131

夏真っ盛り!女子400人に聞いた、痩せたい部位ランキングTOP5

本格的な夏が到来する直前の今年6月、女性約400人を対象にアンケートを行ったところ、なんと9割の人が「夏までに痩せたい」と回答。「今のままで不満なし」と自分のスタイルに満足している人は、ごく少数派のよう。では、みんなが痩せたい部位と、まず痩せるべき部位とは・・・?

【1位】お腹/71%

※オズモール調べ(2015年6月、女性411人対象)

「全身痩せたい!」という人も多かったけど、改めて集計してみるといちばん痩せたい部位は「お腹」という結果に。「薄着になるとお腹が目立ってしまいます。旅行のときに堂々と写真に写りたい(26歳)」「水着を着たいけど、ビキニにお腹が乗っかりそう(35歳)」など、この夏のバカンスに照準を合わせてお腹痩せしたいという切実な声が多数。せっかく海やプールに出かけるのに、ポッコリお腹が気になって水着姿になれないなんて悲しい! そのほか「冬の間に体重が増えてしまった(31歳)」など、去年の今頃と比べてお腹を中心に体型がかなり変わってしまい、焦っている人が多かったのも印象的。

【2位】太もも/53%

「お腹」に次ぐ痩せたい部位は「太もも」。こちらもお腹と同様に、特に夏になると気になる部位。「セルライトがひどくて生脚になれない!(34歳)」「太ももの筋力が落ちてきて、筋肉が脂肪に変わってきたのを実感しています(36歳)」「ショートパンツやミニスカートを履きこなしたい(32歳)」という声に代表されるように、ムチムチの太ももでは夏らしいファッションが楽しめないのが現実のよう。太ももの脂肪は1度ついてしまうとなかなか落としにくく、放置しているとセルライトが出現してますます痩せにくい状態に。セルフケアで結果が出しづらいという悩ましい部位と言えそう。

【3位】二の腕/49%

「肌の露出が多くなる季節に、いちばん気になるのが二の腕(33歳)」「半袖やノースリープを着ることが増えるから(32歳)」「昔より腕に肉が付いたと思います(30歳)」「タプタプしているとカッコ悪い(38歳)」「二の腕のたるみがひどい(28歳)」など、半数近くの人が気にしている「二の腕」。体重は増えていなかったり、全体的にはほっそりしているのに、二の腕だけがたくましいなんていうケースもあるみたい。プニプニとした触り心地の二の腕はよくても、振袖のようにタプタプしていたりムッチリしているのは、年齢以上に老けた印象を与えることもあるので注意が必要かも。

【4位】腰周り/47%

年齢とともに腰周りの贅肉が気になるのは、女性ならではの悩み。アンケートでも「腰周りのラインが変化して、昔の洋服が入らなくなった(30歳)」「去年買ったばかりのスカートがもう入らない!(33歳)」「持っている洋服が入らなくなってしまった(24歳)」「服のサイズが合わなくなった(31歳)」「腰周りを細くして、体型を気にせずに好きな洋服を選べるようになりたい(33歳)」という声が多く、腰周りの変化により着たい洋服が着られないというジレンマに陥っている様子が伺える。また、出産後体型が元に戻らないという人も多く、元に戻しにくい部位として腰周りを挙げている人が目立った。

【5位】脚全体/46%

「腰周り」と僅差の票を集めたのが「脚全体」。ボディの悩みが下半身に集中しているのがよくわかる結果に。「夏は脚の露出が多くなり、冬のようにタイツなどでごまかせないから(37歳)」「キュッと引き締まった脚を堂々と露出したいです(31歳)」「脚が太いとみっともない印象を与えるので脚痩せしたい(36歳)」「ここ数年で体重が増えて、脚のラインが変わった(30歳)」など、太ももだけでなくひざから下も含めた脚全体を気にしている人が多数。また余分な脂肪だけでなく、立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ姿勢を続けることによる脚のむくみも、ラインの変化につながるので気を付けたいところ。


薄着になるこの季節、「とにかく気になる部分を細くしたい」という気持ちがランキングとなって現れる結果に。どこから痩せたらいいのか優先順位がつけにくいけれど、まずいちばんわかりやすい“フェイスライン”を引き締めることが、見た目体重を下げるポイント。体重は落ちていなくても、あごから耳もとまでのラインがキュッと引き締まれば、「痩せた?」と聞かれることも多くなるはず。小顔フェイシャルや美容鍼などでリフトアップをめざせば、印象を変えられる近道に。

そして、顔の次に痩せるべきは、露出する機会が増える“二の腕”と“足首”。ランキングからもわかる通り、お腹や太ももをつい優先したくなるけれど、ごまかせない部分が細いと、全体的に痩せたように感じられるのでおすすめ。部位集中のエステや自宅でできるセルフケアなど、今からでも間に合う方法を取り入れて、自信を持って夏を楽しもう。

そのほかの「OZネタ」を見る

PR

ページTOP

TOP