3月18日は「世界睡眠デー」。リラクサロンで心と体をほぐす体験を

3月18日は「世界睡眠デー」。リラクサロンで心と体をほぐす体験を

3月18日は「世界睡眠デー(World Sleep Day)」として世界的に制定されていることは知っている? 十分な睡眠時間をとっているはずなのに翌朝疲れが取れない、なかなか寝付けない、朝方起きてしまい眠れなくなるetc.その悩みは現代人ならではの自覚のない“緊張”が原因かも。今回は、そんな“緊張”をほぐすのにぴったりな編集部おすすめリラクプラン4選をご紹介

更新日:2019/03/14

質によって人生が変わる!?人生の1/3の時間を費やす“睡眠”

睡眠

“3月18日”は、「世界睡眠デー(World Sleep Day)」として世界的に制定。日本では3月18日を「春の睡眠の日」、9月3日を「秋の睡眠の日」、そしてその前後1週間を「睡眠健康週間」と呼んでいて睡眠を意識するイベントなども至るところで行われている。さまざまなシーンで注目を集め、良質な睡眠が日中のパフォーマンスに影響することは周知の事実。それによって人生が変わるといっても過言ではないかも!?

良質な睡眠をとりたいなら、パソコンやスマートフォンの画面のブルーライトは、コーヒー2杯分と同じ刺激があると言われているから、寝る前は利用を控えて。光や香り、自分に合った寝具など、睡眠時の環境を整えておくことも大切。また、忙しい人ほどリラックスモードに切り替える時間がなく、緊張した状態で眠りについてしまうことで、頭が休まらずに眠りが浅くなることも。特に女性は、家事と仕事の両立で忙しい人が多く、世界的に見ても日本人の女性は睡眠時間が短いと言われている。「それって私のことかも」と思う人も多いのでは?

取材協力:Q's for-rest有楽町マルイ 店長 奥田由紀子

編集部おすすめプラン4選

ピンと張りつめた心をゆったりと解き放つなら、リラクサロンにおまかせを。ツボが多く集まる頭皮を揉みほぐすと、深いリラクゼーション効果を得ることができ、眠りにつきやすくなるのだそう。日頃から、セルフケアを行う習慣ももちろんだけれど、年2回の「睡眠の日」ばかりは、プロに身を委ねてみよう。心も体も癒されれば、自宅でも深い眠りが味わえるはず

快眠セラピスト・三橋美穂監修のドライヘッドスパ専門サロン

髪を濡らさないドライヘッドスパ専門サロンで、“眠りの森”に迷い込んだような体験を。デコルテ→肩→首→耳→こめかみ→頭→顔→後頭部の順に、絶妙な圧を加えてほぐしながら反射区を刺激。短時間でもリフレッシュでき、ほとんどの人が熟睡してしまうという専門店ならではの神業を味わって。

◆Q's for-rest 有楽町マルイ(有楽町)
【OZ限定】短時間でもすっきりリフレッシュ 髪を濡らさないヘッドケア
60分 5800円(通常7560円) 23%OFF

頭皮と肌の両面からアプローチして健やかな美に導くエステサロン

頭皮と肌の両方からアプローチして、リラクゼーション効果を。目の上をホットパッドで温めたら、目の周りをしっかりほぐして首・肩・デコルテをツボ押し。タオルの上から行う心地よい指圧で、思わず眠ってしまうような手技を体感して。

◆頭皮と肌の専門店 希翠 ~きっすい~(三軒茶屋)
【OZ限定】心地よい圧で眠りを促す ドライヘッドケア+首・肩・デコルテケア+ホットアイケア
60分 5800円

オリジナル漢方アロマでアプローチする、ヘッドスパ専門サロン

漢方成分を配合したオリジナルアロマを使う、ヘッドスパ専門店。ストレス社会に生きる現代人の心身の不調へアプローチし、ツボを刺激しながら頭皮のこりをしっかりとほぐす。施術後には体調に合わせた薬膳茶を飲みながら、日々の生活に役立つアドバイスシートも参考にしよう。

◆自由が丘 Holistic Salon VELETA(自由が丘)
【OZ限定】目の疲れや不眠などをリセット 漢方ヘッドスパ+オーガニックトリートメント シャンプー付き
60分 5800円(通常7560円) 23%OFF

「エステシモ」の公認スパニストによる施術をフラットシートで堪能

デスクワーク疲れや緊張で、なかなか寝付けない人へ。力強いタッチの揉みほぐしで頭皮のこりや目の疲れを集中ケア。首~デコルテ周りのリンパもしっかり流して、上半身の緊張を緩めていくから、体が軽くなるのを実感できそう。仕上げのトリートメント付きで、リフレッシュして眠りについて。

◆hair&spa egerie prime(恵比寿)
頑固な頭皮・首・肩こりも一掃 egerieベーシックヘッドスパ+デコルテトリートメント
110分 10960円(通常13700円) 20%OFF

ヘルスケア特集

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

WRITING/KAORI AOKI(OZmall)

TOP